挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
振り返って笑った君が、繋いだ手を離すまで。 作者:汐利
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/5

二章


「……お前なあ」
 君はまた泣いていた。
「馬鹿だろ、段階踏めよ」
 君の涙は見たくなかった。
「普通クッキーとかそういうもんから始めるんだよ」
「普通なんて知らないよ」
 俺が駆け付けたことで少し気力を取り戻した君が言う。午後十一時、君の家のオーブンの前で、膨らまなかったシューと塩辛いクリームの前で君は泣いていた。俺は君の手を握っていた。
「泣くなって。ちゃんと練習すれば、誰にだってできるようになるんだから」
「本当?」
「本当本当」
 俺が君の手を引くと、君はすんなり立ち上がった。
「――だから順番に片付けも覚えていこうな」
「……はあい」
 君は苦笑いして、キッチンを見渡した。毀れた粉もの。放置された卵の殻。硬くなったシュー生地の素。こういうものは、生地を焼いている間に片付けるものである。
「柳はきっと、片付けまでできる女の子が好きだから」
 そう言うと、ぐうの音も出ないといった風に肩を竦め、君は手を離した。
 あ、と思った。
 いや、どうという訳ではないのだけれど。手を離さなければ洗い物はできない。
 それなのに感じてしまった違和感は、それから君の家に上がる度、君のお菓子作りを手伝う度、そして君が上達する度に大きくなっていくタイプのものだった。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ