挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

振り返って笑った君が、繋いだ手を離すまで。

作者:汐利
いただいたタイトルに即して書きました。
タイトルをなぞるだけのお話です。

「カクヨム」さんにも掲載させていただいています(@shiori2B)
序章
2017/01/11 20:21
一章
2017/01/11 20:29
二章
2017/01/11 20:30
三章
2017/01/11 20:32
終章
2017/01/11 20:39
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

片道15分の恋人

 高校に入学したばかりの「僕」は、行きの電車に乗っていた別の高校に通う「彼女」に一目惚れをする。しかし、名前すら分からない「彼女」と1日の中で一緒にいることがで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全67部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/01 15:35
記憶喪失の君と、君だけを忘れてしまった僕

ある日大学の講義から帰ると、僕の住んでいるアパートの前に可愛い女の子が倒れていた。 どうやら頭を打ったらしく、自分の名前以外の記憶を失ってしまったらしい。 //

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全50部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/06 21:06
彼女はボクのアイドル

ごく普通の男子高校生と、スーパーアイドルの少女との、甘酸っぱくて、ちょっとほろ苦いおはなし。ごく普通の男子高校生はある日、偶然にも、巷を賑わすスーパーアイドルの//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全10部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/10/24 06:02
↑ページトップへ