挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

【詩】ブログを閉鎖したあなたへ

作者:菜宮 雪
ブログを閉鎖したあなた
今 なにをしていますか
食事は 喉を通るようになりましたか

私は あなたのことは なにもわかりません
あなたの 年齢
あなたの 住んでいる場所
あなたの ほんとうの名前
そして 性別すらも
なにも なにも 知りません 
知っているのは パソコンの中の名前だけ
それは かわいらしい 女性を連想する名前
だから あなたは女性なのだと 私は思っています

あなたのブログ閉鎖の表明に 心が痛みました

「不快にさせて申し訳ございません」
「配慮が足りませんでした」
「閉鎖を決めました」

文面に染み出した見えない涙
さびしい さびしい
ほんとうは 閉鎖などしたくないって
かなしい かなしい
ブログを見るのが もう怖いって
そんなことは どこにも書いてないけれど
私は そんなふうに読めました

私は あなたのブログをたまに訪れていただけの
無言の閲覧者ですから 
なにがあったのかは 私にはわかりません

今は開かなくなった あなたのブログのアドレス
もういらないから 消しましょう
でも 心の記憶は 消しません
あなたという存在の記憶までは 消しません
この世界のどこかに
あなたはいるはずですから

今夜も寒そうですね
暖房の下でも 手の甲が冷たくなってきます
あたたかい部屋の中で
あなたの心まで温めてくれる人は 傍にいますか
夜ちゃんと 眠れていますか
私は あなたに なにかを与えることはできません
でも あなたが 本来の自分を取り戻せる日が来ることを
祈ることはできます

しんしんと 冷え込むこの夜
あなたがパソコンから遠ざかった今も
地球というひとつの惑星の中で
同じ空気を吸い
同じ風を感じながら
あなたは どこかでひっそりと暮らしているだろうと想像しています

ブログを閉鎖したあなた
あなたの消息は 私にはわかりません
あなたは 私を知りません
あなたが ブログを別名で再開しても
私がそれを知るすべはありません
でも――


あなたのことは 忘れていません
心のかたすみに あなたの名前を置いておきます

どうか がんばりすぎないで
自分を大切にして
どうか どうか お元気で


   (了)


お読みいただき、ありがとうございました。

評価、感想など、いただけるとうれしいです。
2009.1.26  菜宮 雪

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ