挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

夜のさんぽ

作者:田中らら
パジャマに着替えてベッドに入る。

毎朝バタバタするので、

夜のこの時間が癒しの時間。

お気に入りの雑誌、

お気に入りのアロマ、

お気に入りの小説、

お気に入りの照明、

お気に入りのぬいぐるみ、

ベッドのまわりをお気に入りで埋めつくして、

今日1日の疲れを取る。


ベッドに入ると自分の匂いがして、

仰向けに横になり、目をつぶると、

疲れて重たい体がベッドに沈んで行く。

どんどん、どんどん、どんどん、沈んで行くと、

いつの間にか自分の内側にたどり着く。

そこは自分の中の深い場所で木々が生い茂り、

月明かりが映っている青い湖がある。

そこは昔から私だけの癒しの空間。

今夜もそこでさんぽをするの。

裸足の私は水に濡れないように水際を歩くの、

誰にも邪魔されない自由な時。

縛られることが人一倍苦手な私にぴったりな場所、

すべてが自由で次元の高い場所。

でも私はまた元の世界に戻って来る。

私が生きているのは、肉体のある地球だから。


いつ眠りに落ちたのかわからない、

そしてお気に入りの雑誌は1ページも開かないまま、

また朝が来た。

今夜もさんぽに行こうかな?


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ