挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
この連載小説は未完結のまま約5年以上の間、更新されていません。
今後、次話投稿されない可能性が極めて高いです。予めご了承下さい。

空色の箱

作者:空魚
母親に頼まれて廃品回収の手伝いに参加した朱音(あやね)は、見知らぬ女性に『空色の箱』を手渡された。
家に帰り、箱を開けた彼女はそこに一枚のカードが入っているのを発見し…

※ 注
非常にのんびりとした更新です。
また、思いつくままに書いているお話なので、現時点でプロットがきっちりしていません。そのため、改稿などは誤字や矛盾に気づいた後になることがあります。あしからずご了承ください。
プロローグ
2011/08/01 00:00
空色の箱
2011/08/01 00:00
水辺の街-1
2012/03/09 20:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ