挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
黒翼 〜精霊の物語〜 作者:神月きのこ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/29

7話 赤風

「ごめん、ありがとうレン」
 頭や肩にかかっている土を払い、ウォルトはレンを振り返った。
「怪我がないようで、何より」
 ホッとしたようにレンは微笑む。
 盛り上がる土で視界が覆われる頃、水の鎌がウォルトの足首を掴む盗賊の手を切りつけた。
 手が緩んだ隙に、ウォルトは魔法を放った盗賊の反対側へと抜け出したのだ。暫くは塚の裏に身を潜め、相手の油断を誘い、後は見たとおり。
 血で汚れた剣を紙で拭い、鞘に収める。
「助かったよ。それに、いいことも聞けたし」
「いいこと?」
「高く売れるってさ」
 ニヤリと、いたずら小僧の笑みを浮かべながら、ウォルトは馬に跨る。
「金に困っ……」
「お金に困っても売らないでね」
 ウォルトが言い切るより先に、釘を刺す。その目は笑っていない。
「アタリマエジャナイデスカ」
「何でカタコトなの」
「ごめんごめん」
 ウォルトを睨むレンの目に涙が浮かび始めるのを見て、ウォルトは慌てて謝る。だが、笑いながら謝られてもレンの不満は収まらない。
 むくれてそっぽを向いていると、唐突にウォルトの笑い声が消えた。身にまとう気配も急に硬質なものへと変化している。
「ウォルト?」
 急に真剣な顔をして考え込んでしまったウォルトを訝しんで、表情を伺う。
「え? ああ、いや……なんでもないよ。先を急ごう」
 にこりと笑い、ウォルとはレンに腕を差し出す。鳥の姿になれという合図を受けて、レンは再び鳥に戻り、ウォルトの肩にとまった。
 馬を進める間、ウォルトは思う。
 先ほどの盗賊たちは、何か妙だった。
 最後の盗賊が放った魔法は、かなりの魔力を要する大技だったはず。あれだけの魔力を持ちながら、何故最後まで使わなかったのか。
(まさか、俺に魔法が効かないことを知っていた?)
 あの魔法なら、魔力が消えても関係なく、対象を生き埋めにできる。
(いや、俺のこと自体は噂で知っていてもおかしくはないか。黒い鳥を連れた白髪の男、なんてそうそういるもんじゃない。だけど……俺が通ることを知っていた理由は? 偶然という様子じゃなかったぞ?)
 次から次へと疑問が湧いてくる。これは、何者かに仕組まれたことなのではないか。
「暫く、様子を見るか」
 ウォルトは頭を軽く掻くと、馬の背に積んである荷物に手を伸ばした。袋の中から取り出すのは、王都周辺の地図。
 馬の手綱を片手に絡め、地図を広げる。レンも身を屈めて地図を覗き込んできた。
「日暮れまでに着ける町は……」


 一方、取り残された盗賊たちは。
 一名が命を失い、数名が逃げ。そして残った者たちは集まり座り込んでいた。
「くそっ、何なんだアイツ!」
「あそこまで強ぇなんて聞いてねえぞ」
 全員の傷は既に癒えている。この中に治癒魔法を使える者がいたのであろう。
 口々に不平を並び立て、お互いを慰めあっていた。
「もう降りるぜ俺は! あんなはした金で命捨てられるかよ!」
 一人の男が立ち上がる。それを止める者はいない。皆が同じように思っていたのだ。
 一人が言えば、あとは早かった。一人、また一人と計画の断念を表明する。
 と、一陣の風が吹き、砂埃を巻き上げた。
「失敗したか。使えない奴らだ」
 赤い、目視できる風が収まると、腰まである長い銀髪の男が現れた。細身の男は冷たく盗賊たちを見据える。
「あんたは……」
 どよめきが盗賊たちの間に走る。
「話が違うじゃねえか、俺たちはもう降りる!」
「何が違う? 私は、魔法の効かぬ剣士を殺せ、と言った筈だが」
 筋骨たくましい盗賊たちにすごまれても、男の冷徹な瞳は全く揺らがない。今にも掴みかかりそうな盗賊たちを鼻で笑う。
「貴様らのような雑魚どもに依頼したのが間違いだったようだな」
「ってめぇ!」
 侮辱を受けた盗賊たちは顔を赤くし、いきり立つ。
「否定できるのか? 大人数でかかっておきながら男一人殺すこともできないお前らが」
 殊更に男は盗賊たちの怒りを煽る発言を繰り返す。
 一人の盗賊が短剣を抜く。
「報酬をもらい損なったんだ。このままじゃ帰れねえ」
 続いて他の者たちも同様に武器を手に取る。
「身形から察するにいいとこの貴族だろう? あんたの持ち物売りゃあ結構な金になるだろ」
「ふん…痴れ者が」
 男は口の端を釣り上げ、静かに片腕を前へと差し出した。
 その間に、武器を持つ盗賊はじりじりと間をつめる。中には呪文の詠唱を始めるものもあった。
 一斉に男に突きたてられる武器、放たれる魔法。
 血しぶきが上がり男は血に倒れ…る筈であった。そうでなければおかしい。
「なっ……!」
 武器も魔法もすべて男を通り抜け、何の手応えも盗賊には伝わらない。
「実体じゃないのか……?」
 呟きに、クスクスと男は笑った。
「実体じゃないものか。私は確かにここにいる。もっとも、貴様らには私に傷一つ付けることなどできないであろうがな」
「くっ」
 焦りながらも盗賊たちは、幾度も男を斬りつける。だが、どれも男に傷をつけることはなかった。
 盗賊たちの表情に恐怖が滲む。逆上した盗賊たちは無茶苦茶に剣を振り回していた。
「貴様らはもう用済みだ」
 男が差し伸べた手を返したその時。
 盗賊たちは、物言わぬ肉片に化していた。
 血しぶきを浴びて立つ男の肩に、一人の女がもたれかかる。
 背から白い翼を生やした女は、ウェーブがかった髪が頬にかかるのにも構わずうっとりと笑っている。
「ホント、身の程をわきまえない男って嫌あね」
 クスクスと無邪気な笑い声をあげ、男に痩身を摺り寄せる。男の顎に手をかける指はほっそりと白い。
「ねえ、早くあの身の程知らずも斬らせてよ。自分の身の丈に合わない精霊を連れてる子」
「まあ待て。我々が直接手を下す必要もないことだ」
 女の髪を柔らかく梳き、男は静かに諭すように話す。
 赤い風が、一瞬にして盗賊たちの血を乾かし、空気に溶かしていった。
「さて、次の手を打たねばな」
このあと少々プロットを練り直したいので、少々更新速度が落ちるかもしれません。
少しでもこの小説を気に入っていただけましたら、投票お願いいたします。
ネット小説ランキング>異世界FTシリアス部門>「黒翼〜精霊の物語〜」に投票
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ