挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ジロワ 反撃の系譜 作者:桐崎惹句

ノルマンディー動乱

35/35

もう一人のジゼル(二)

 さて、困った。

 進退窮まった状況と云えたが、その娘は冷静であった。少なくとも、冷静であろうとはしていた。

 目隠しをされたまま、後ろ手に縛られた手首の具合を確かめてみる。
 あまり期待はしていなかったが、がっちり結ばれた縄は頑張ってもどうにもなりそうにない。

 監禁されているこの小屋の周辺や、部屋の中の様子も分からないが、セーヌ南岸で拉致されてから河を渡ってはいないので、少なくとも北へは移動していないと云える。

 馬車に乗せて運ばれたので、原野や森の中を突っ切ったりもしていない。少なくとも馬車が通れるほどの道が通っている場所だ。

 下ろされてからすぐに小屋の中に押し込められた。おそらく小さな森の猟師小屋だろう。周囲の物音に、枝を揺らす風の音や、時々鳥や獣の鳴き声がする。

 移動にかかった時間を考慮すると、セーヌ沿岸からはあまり離れていない。せいぜい三リュー(十キロメートル)くらいか。

 さて、どうしたものか。

 娘は思案を進める。

 連れの者たちは、おそらくもう始末されているだろう。
 それが、最も悔やまれた。
 たとえ戦いの素人ばかりでも、人数が揃っていれば手出ししてこないであろう。
 そう考えていたのが甘かったのだ。

 明らかにこちらの方が多勢だというのに、少人数の賊にあっという間に斬り伏せられた。
 素人と玄人でこれほどの差が出るのであれば、病み上がりに無理を言ってでもあの男を連れてくるべきだったかもしれない。
 ああ、いけない。ただ悔やむだけの思考は意味がない。反省と改善策を見出すため以外に、過去を振り返って何になる。

 娘はひたすら考える。今はそれしかできないから。

 (わたし)がその場で殺されず、生かして拉致されたのは何のためか?
 身代金目的? だとしても、必ずしも生かしておく必要はない。

 自分が賊だったらどうするか?

 犯人の身元に繋がるような危険因子は排除するに限る。
 長時間傍にいた人質がどんな手掛かりを掴んでいるか知れたものではない。
 とっとと処分しておいて、何食わぬ顔で身代金を請求するはずだ。

 だが、それ位は実家(いえ)の方でもお見通しだろう。
 妾が生きているのを確認できなければ身代金は払わない、程度の抵抗はするはずだ。
 使いの者を寄越させて(もちろん目隠し状態で行き来させ、尾行は徹底的に監視し、戻し場所は不特定の場所にする)妾の生存を確認させる。
 身代金引き渡し直前に、妾と背格好や髪の色の似た娘を別に攫ってきて衣裳を着替えさせ、替え玉にして引き渡す。
 身代金を手に入れたら替え玉がばれる前に一目散に逃走。別の場所では妾は既に処分済み。
 かなり綱渡りだが、こんなところだろうか。

 うん、替え玉がバレるのを遅らせる工夫が必要ね。
 顔をひどく痛めつけて見分けがつかないようにする?
 あぁ、それは嫌だな。
 そんなことをされる位ならいっそ……。

 いけない。何があっても妾は生きて還るのだ。

 それにしても、誘拐(これ)を生業としている者たちの仕業であるなら、必ずしも妾が獲物である必要はない。
 もっと手軽な、裕福な商人の娘や奥方とかを狙った方が安全だろう。
 奴隷として売り飛ばすなら、むしろ平民や農民の娘の方が手軽で安全だし役に立つ。

 妾を狙ってくるなら、商売(がたき)の商会主と思っていたが……。

 そこまで思案を進めていた時、外から争う声が聞こえた。

 仲間割れか? 意識を耳に集中する。

「だーら△△△さんに――――あの(あま)もすぐに殺す――――!」
「馬鹿野郎! ――――女に聞かれたら――――」
「――――始末する――――構うこたねぇ!」

 やはり黒幕はあのトンガリ禿げ頭の(じじい)だったようだ。
 そして、連中はやっぱり最終的に私を殺すつもりか。だが、そうと決まっているなら今さらなにを争うのか?

 しばし黙考ののち娘がとった行動というのは、派手に喚き叫び暴れることだった。

 何事かと、彼女が閉じ込められた森小屋の中の様子を見に来た盗賊たちに、彼女は問い掛けた。

「妾を解放しなさい。お前たち、無事に逃げおおせられると思っているの?」
「そのつもりだ。逆に問おう。誰が俺たちをどうできるというんだ? あんたの実家(いえ)のことは知っている。だが、目撃者もいないのに誰が俺たちを捕まえることができると?」
 やや年嵩の黒髪の男が応える。
「目撃者がいない? お前たち、妾の供の者たちを皆殺しにしたというの?」
「それがどうした」

「一人残らず…… 確かなの?」
「当たり前だ。確実に全員の息の音を止めてやった。確認済みだ」

「なんて(むご)い…… (妾たちは)十五人もいたのに……」

「なんだと?」

 はじめは小馬鹿にするように眺めていた男たちが不意に緊張した。

「てめぇ、このアマっ! でまかせこきやがると承知しねぇぞ!」
 汚れた金髪の片目の男が怒鳴り声を上げる。
「でまかせ? なぜ妾が嘘を? だいたい、なにが嘘だというの?」
 小太りで赤毛の男が不安げに口を出す。
「どうするとや? 生き残りおったら、話が……」
「しっ! 黙っとれ! このウスノロ!」
「なんちか! きさん、くらすぞ! コラァ!」
 赤毛が金髪に叱り飛ばされて逆上し、いまにも一戦始まりそうだ。

「いい加減にしろ!」
 黒髪の男が一喝する。どうやらこの男が首領格のようだ。 

「お前たちの雇い主は△△△ね?」
 男たちの表情が消える。
「倍額払うわ。妾を無事に実家へ帰しなさい。そうすれば無事に逃げさせてあげる」
「……お前の言葉が信用できるという保証はない」
「△△△は信用できる、というの?」
 案の定、黒髪の男は言葉に詰まる。
 あの爺はそんな人間じゃない。それは明らかなのだ。
 だが、だからといって妾が信用できる、という事にもならないのだが。
「不用心に報酬を受け取りに出向けば、お前たち、きれいに始末されるわよ」
「黙っていろ! おい、お前たち外へ出ろ」
「待って! せめて食事くらいちょうだいな」
 黒髪の男はじっと娘を睨んだあと、無言で小屋を出て行き、他の男たちもそれに続く。

 おそらく娘の提案は、そのまま受け入れられはすまい。

 元の依頼主が信用できないのと同じくらい、娘も信用されていないからだ。
 だが、娘がした提案は無視できなくなっているはずだ。

 男たちは、目撃者をすべて始末した。はずだった。
 だが、死体の数は十四。
 さきほど、娘が「十五人もいた」と言ったことで、生存者が存在する可能性が出た、と男たちは考えただろう。
 目撃者を皆殺しにしたことが彼らの安全の担保であった。だが、そこが崩れたとなれば万一の備えが必要になる。
 娘の提案は、そこにぴったりはまってくる。言葉通りに実行されれば。

 実際には、生存者の可能性というのは、誤解である。

 娘が言ったのは、『自分も含めて一行は十五人いた』という意味なので嘘ではない。娘はまだ生きているので、十四人殺害されていれば他に目撃者はいない。

 嘘は、仕草に現れる。頭の良い人間なら見抜くのは簡単だ。
 あの黒髪の男は、自分を仔細に観察していた。
 だまし合いを生き抜くうえでそういう技能は身に着けていたのだろう。
 だから、娘は嘘ではないが誤解を生じさせる言い方をした。
 彼らの勘違いに賭けたのだ。


 小屋の外で男たちの言い争う声が聞こえる。
 娘の提案は、恐らくそのままでは受け入れられまい。
 だがそれは娘にとっては織り込み済みだ。

 しばらくすると外の議論も終息した。
 ふいに小屋の扉が開き、金髪男がパンと素焼きの壺に入った水を抱えて入ってきた。
 男は娘の前にそれらを置き、いまいましそうに言った。
「飯だ」

 よい傾向だ。だがもうひと押し。
「縄を解いて。このままでは食べられないわ。それとも貴方がたべさせてくれるの? 大丈夫、私が暴れたってたかが知れているでしょう? それとも私が怖いの?」
 舌打ち。
「……余計な真似すんじゃねぇぞ?」
「当たり前よ。あぁ、お腹すいた」
 目隠しはされたままだが、一時的に手縄は解かれた。
 パンは固く不味い。一口目で吐き出しそうになるのを、なんとかこらえる。
 食べられるときに食べて体力を維持しないと。

 さて、そして。

「……ねぇ、私をどうするか話はまとまったの?」
「…………」
 金髪男は無言で睨みつける。

「もし、あの黒髪の男がこう言い出したら……」
 娘は滔々と、自分の予想した話を語り聞かせる。そして、
「あなた、殺されるわよ」
と結ぶ。

 この予想がほぼ当たっているであろう事は金髪男から伝わる緊張感が物語っている。
「……どうしろってんだ?」
 金髪男も、薄々その可能性を気にしていたのだろう。

「さあ? でも、そうね妾なら……」
 男は無言で娘の話に聞き入った。



 日が暮れて来た。
 娘はまた騒ぎ立てる。

 今度は赤毛の小太り男がやって来た。
「なんね!」

「寒いわ。何か羽織るものを頂戴な。あの黒髪の男に聞いてきて」
「あン? せからしかね!」
「いいから聞いてきてよ。あなたじゃ、勝手に判断できないんでしょう? 妾の願いを無視したら、後であの黒髪の男に叱られるかもよ?」
「くらすぞ! こらぁ! おいかて、おいかてなぁ!」

「……でも、逆らえないんでしょう?」
「そんなこつなか!」
「どうかしらね? まぁ、どうせあなた、そのうち使い捨てられるわよ。多分」

 予感させるなにかがあったのだろう。男は逆上する。
「なんばゆうとっとぉ!」

 娘は赤毛の男と目を合わせ、それまでと違う調子でささやいた。
「……見返してやりたい?」

 男はしばし息を呑んで、頷いた。

「じゃあ――――」

 血走った眼を剥く赤髪の男の耳元に、娘の囁きがか細い水流の様に流れ込んでゆく。また一本、壁に楔が打ち込まれた。

cont_access.php?citi_cont_id=253050000&s
ListmaniaNormanBritishTitle600.png

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全130部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/08/04 20:00
異世界建国記

異世界に転生した主人公。 どうやら捨てられた子供に転生してしまったらしい。 目の前には自分と同じように捨てられた子供たち。 主人公は生きるために彼らを率いて農作//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全248部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/19 12:00
食い詰め傭兵の幻想奇譚

世話になっていた傭兵団が壊滅し、生き残ったロレンは命からがら逃げ出した先で生計を立てるために冒険者になるという道を選択する。 だが知り合いもなく、懐具合も寂しい//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全312部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/14 12:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全292部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/19 10:00
Vermillion;朱き強弓のエトランジェ

【DEMONDAL】――硬派すぎるゲームシステムの北欧産VRMMO。スキルもレベルもインベントリも便利なギルドも存在しない、その無駄なリアリティは最早VR生活シ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全81部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/08/07 01:45
クロの戦記

ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。それは異世界……現代日本……から、この世界にやって来たことだった。ほぼチートなし、現代日本の価値//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全112部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/03 00:45
辺境の墓標

※初めてお読みになる方は、修正版を逐次更新しておりますので、そちらでお読みください。本編では、誤字、脱字、寝ぼけて意味不明な文章、少々非論理的になってしまった部//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全741部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/17 06:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全216部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/11 00:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全141部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/05/25 23:30
エステルドバロニア

VRMMORPGが流行る世の中で、その男はVRMMOの“戦略シミュレーション”の世界に閉じ込められた。外は異世界。周りは強力な魔物。国家エステルドバロニアの躍進//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全38部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/08/29 20:21
かまどの嫁

陰陽師家の側室として嫁いできた鹿の子。しかし鹿の子は妖しも家鳴りもみえない、霊力なしだった。側室に不相応だと初夜に御寝所から追い出され、それからずっと、かまどの//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全120部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/04 10:00
サーザンエンド辺境伯戦記

 遥か南の辺境からやってきた異民族の娘は、破産した帝国騎士の青年に告げた。 「私は貴方にお仕えする為に参りました」  これに彼が応えたとき、彼らは帝国南部に燃え//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全200部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/07/20 23:50
カルマの塔

 この世は平等ではない。  グラスになみなみと満ちたぶどう酒を呷る者がいれば、幾度も足踏みされた泥水をすする者もいる。暖かな毛皮に身を包む者もおれば、薄っぺらな//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全516部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/01/09 04:05
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全153部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/03/02 23:56
理想のヒモ生活

月平均残業時間150時間オーバーの半ブラック企業に勤める山井善治郎は、気がつくと異世界に召喚されていた。善治郎を召喚したのは、善治郎の好みストライクど真ん中な、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 00:10
Only Sense Online

 センスと呼ばれる技能を成長させ、派生させ、ただ唯一のプレイをしろ。  夏休みに半強制的に始める初めてのVRMMOを体験する峻は、自分だけの冒険を始める。 【富//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全342部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/05/04 00:00
青雲を駆ける

※ヒーロー文庫より書籍化出版中※ 中世よりもはるかに古い、青銅の時代、一人の鍛造鍛冶師が活躍する古代ファンタジー。 何の変哲もない寂れた農村に、一人の身寄りのな//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全115部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/08/06 20:50
やる気なし英雄譚

【MFブックスより書籍化し、1〜6巻発売中】 大陸西方の小国であるクラリス王国に、「王都のごくつぶし」と呼ばれる青年士官がいた。彼は魔法全盛の時代にほとんどの//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全241部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 21:00
薬屋のひとりごと

薬草を取りに出かけたら、後宮の女官狩りに遭いました。 花街で薬師をやっていた猫猫は、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。現状に不満を抱きつつも、奉公が//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全173部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/18 03:43
そして勇者は死んだ~名も無き者達の魔王退治~

公爵家の血を継ぐ辺境の騎士レイディアスは、魔王退治に出た勇者一行が土砂崩れにより死体となったのを発見。王国存亡の危機を前に、秘してきた生い立ちとの対峙を強いられ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全269部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/07/30 18:25
破壊の御子

現代日本で、ごく普通の高校生でしかなかった木崎蒼馬は、ある日突然、何者かによって異世界に召喚されてしまった。人間が亜人類を征服して虐げているその世界で、蒼馬は//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全247部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/08/17 06:00
織田家の長男に生まれました

気がつくと戦国時代だった。 どうやら前世から生まれ変わったらしい男。 自分の置かれた状況を確認すると、享禄元年の織田家に長男として生まれた事がわかる。 「織田家//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全67部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/26 22:12
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
黒の魔王

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全623部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/08/18 17:00
獣の見た夢 -父親殺しの転生綺行-

最低の人生を送った男が死んだ。 気が付くと、瀕死の子供の肉体に転生している……。 2017年5月 ブックマーク数、4000件以上もありがとうございます。感謝、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/27 23:48
田中タダシ(41)建国記 『中世ヨーロッパ風なんてキツすぎる!』

平凡な人生を歩んだサラリーマン田中。 彼は41才という短い人生を終えた……はずだった。 だが気がつけば、彼が立っていたのは『中世ヨーロッパ風』の世界だった。 //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全51部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/08/16 12:00
おかしな転生

 貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全155部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/08/06 00:00
淡海乃海 水面が揺れる時

戦国時代、近江の国人領主家に男子が生まれた。名前は竹若丸。そして二歳で父を失う。その時から竹若丸の戦国サバイバルが始まった。竹若丸は生き残れるのか? 家を大きく//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全170部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/08/09 23:32
二人の勇者の物語

異世界召喚によってやって来た勇者が魔族に捕われた王女を救う。  ありふれた話なんだが、その世界に勇者達がたくさんいた場合はどうなるんだ?  王女が救出されたと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全150部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/18 19:20
魔王は世界を征服するようです

川に溺れて死んだ男は、気づけば異世界で生まれ変わっていた。 問題ばかりで滅びかけた国の中で、人生をエンジョイしつつ自分の居場所を作っていく物語。 注意: 魔法//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全153部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/08/16 19:00
ドラゴンテイル 辺境行路

人類の文明が未だ黎明期にあった血と鉄と炎の時代 ヴェルニアの地に様々な種族や亜人が各地に割拠し、強力な国々が覇権を争っていた頃の物語 辺境を旅するエルフの娘//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全104部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2013/06/11 21:13
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/11/20 13:00
ヒトキルオ

華狼戦争の末期、その少年は人斬りとなった。

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全32部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/13 21:29
愚者達の戦記

第1章 <征西編> 宿敵カルデイ帝国との数百年に及ぶ戦いの末、ランリエル王国はついに帝国を打ち倒した。ランリエル王国の次なる目標はバルバール王国。大国コスティラ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全350部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/12 13:00
ウォルテニア戦記【Web投稿版】

 青年が召喚された異世界は乱世だった。  絶対王政の世界。  選民意識に凝り固まった特権階級と世俗にまみれた宗教。  青年は自分の正義を胸に行動を起こす。  

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/08/07 17:56
↑ページトップへ