挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
エリィ・ゴールデン ~ブスでデブでもイケメンエリート~ 作者:四葉夕卜/よだ

第四章 グレイフナーに舞い降りし女神

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

94/123

第20話 イケメン再び学校へゆく①〜ぼくの愛する女神さまはいない〜

ついに・・・ついに学校編突入です!!!!!!!!
 ぷりんぷりん。
 瑞々しく跳ねる、乳と尻。

「ははははっ! まーてーよー!」

 男の身体の俺は浜辺でギャル達を追いかけ回していた。

 砂浜の白い砂が女の子の足で跳ね、照りつける太陽が魅力的な肢体に惜しげもなく当たる。

「こっちこっち〜」
「はぁやぁくぅぅっ」
「小橋川さぁん」

 甘ったるい媚びた声色で、女の子達はキャッキャとはしゃぎながら手招きをする。
 誰も本気で逃げていない。
 俺は楽しくなってきて、鼻の下を伸ばしながら近くにいった女の子を抱きすくめた。

「いやぁん、捕まっちゃったぁ」

 女の子の柔肌につるりと汗が滑り落ち、ビキニで押し上げられた胸の谷間へ水滴が吸い込まれていく。俺の手も勝手に谷間へ吸い込まれていく。

「くすぐったぁい」

 いかんともしがたい感触に口元が緩む。

「小橋川さぁん!」
「私もつかまえて〜」
「はぁやぁくぅ」

 抱きすくめていた女の子をお姫様抱っこし、そのまま海へ放り投げた。
 女の子は嬉しそうに笑いながら水しぶきを上げて海へと落ちる。ひどーい、と言っているがめちゃくちゃ楽しそうだ。

 しばらく女の子達と乳繰り合っていると、とびきりスタイルのいい外人の女の子を見つけ、砂浜を猛ダッシュした。

 その子は金髪にツインテール。
 身長は163、4センチほど。
 尻と胸は二度見するほどいい形とボリュームをしており、真っ白のビキニに包まれていた。
 脚は健康的でほどよく筋肉がついており、すらりと長い。
 逃げながらちらりとこちらを見る顔はちょっと怒っているようだが、ずいぶんと可愛い感じがする。

 その子の顔を見たくなり、どうにか追いついて後ろから抱きすくめた。

「天使め。ついに捕まえたぞ」

 自分の口からアホみたいな言葉が出る。
 こんなセリフは女を口説くのが下手な田中だって言わない。

 その子は俺の両腕を手でそっと添えると、ゆっくり振り向いた。
 お互いの吐息がかかる距離。
 彼女の可愛らしい心臓の鼓動が手のひらから伝わってくる。

「エリィ……?」

 その女の子はエリィだった。

 魂まで吸い込まれそうなサファイア色の瞳でじっとこちらを見つめてくる。
 優しげな垂れ目を何度か瞬きをさせると、ご機嫌が直ったのかにっこりと微笑んだ。
 笑うと目尻に薄っすらと皺ができるのが彼女の特徴だ。

 この笑顔は癖になるな。
 何度見ても癒やされる気がする。

 しばらく俺達は笑顔を交わしているとエリィが俺の手を引き、走り出した。
 あわてて歩調を合わせ、後をついていく。

 ざくざくと足音を鳴らしながら砂浜を走っていると、いつしか風景はグレイフナー一番街のレンガ造りになっており、エリィの服装もミラーズ最新デザインのツイードワンピースに変わっていた。


 エリィは振り返ってまた笑う。
 ひらひらとワンピースの裾が踊り、軽やかに足が跳ねる。


 場所はゴールデン家の門前、行列のできるミラーズ、王宮内、秘密特訓場など紙芝居のように移動する。

 できればエリィの声が聞きたいんだけどなぁと思っていると、いつの間にか周囲はオアシス・ジェラに変わっていた。

 エリィの服装はオアシス・ジェラでよく着ていた不可思議な文様のギャザースカートにヴェールを羽織る砂漠スタイルに変化しており、風景はギランのたこ焼き屋、治療院、オアシス噴水前、ジャンジャンの家へと脈絡もなく飛ぶ。


 エリィは砂漠の太陽を浴びながら、嬉しそうに笑って振り返る。
 ギャザースカートが翻り、強い日光を反射させる。


 やがて俺達は西門を出ると、アリアナとよく往復したランニングコースへ入り、そのままポカじいの隠れ家へと移動した。

 このときの修業はつらかったな。
 地獄の魔力循環マラソンはもう二度とやりたくないと思う。
 体力が切れたら光魔法で回復されて、ひたすら走らされたのはいい思い出だ。

 なんてことをしみじみ考えていたら、エリィはオアシス・ジェラへと足を戻し、どんどん進んでいく。
 心なしか、彼女の体型が太くなっている。
 手を引く後ろ姿は全体的に丸くなり、俺の手を握る指も肉厚なものになっている。

 エリィはそんなことお構いなしにさらに走り続け、風景は自由国境の街トクトールへと移り、服装は猫耳付き目出し帽に変化していた。
 俺達がポチャ夫の家をふっ飛ばしたときと同じような雷雨がいつしか空を覆い、大粒の雨が顔を弾く。


 エリィは目出し帽をかぶったまま振り返り、あのときは大変だったわ、と言いたげな目を向けてきた。


 確かにあれは最悪の経験だったな。
 両手両足を縛られて魔法が使えなくなった。
 どうにかして魔法を尻から出すという、大変に不名誉な方法で脱出したもんなぁ。

 あのときの情景を思い出していると、風景がグレイフナーへと変わった。

 目の前で俺の手を引くエリィの服装はグレイフナー魔法学校の学生服へと衣装チェンジしており、体型も顔つきも最初のエリィにすっかり戻っていた。子どもの腰ぐらい太い足、シャツとブレザーをぱつぱつに押し上げているはち切れんばかりの腹、コルセット付けてたっけと確認したくなる丸い首。

 エリィはニキビのある顔で俺の方を振り返り、にこりと笑う。

 ああ、やっぱ太っててもエリィは可愛いな、と思うのは身内びいきなのだろうか。

 景色がグレイフナー王国のいたるところへ飛んでいく。
 ミラーズ、学校、合宿のあった草原、買い物をした化粧品屋、秘密特訓場……。

 また雨が降り出した。
 エリィと俺はゴールデン家の中庭に立っていた。


 いつの間にか繋いでいた手は離れていた。


 エリィのぬくもりがなくなってなぜがひどく寂しい気持ちになる。
 自分の手のひらに目を落とすと、見慣れた男の手がそこにはあった。

 ごつごつとしていて、ジムのバーベルでできた小さなタコがあり、冗談で行った手相占いで「金運がすごいよ」と指摘された皺が、薬指から手のひらの付け根まで走っている。手のひらには無秩序に雨粒が当たり、エリィと俺が離れてしまったことを分からせるように激しく跳ねた。

 目のくらむような光が輝き、凄まじい轟音が鼓膜をつんざいた。
 メキメキメキと中庭に立っている一本杉が倒れた。

 振り返ると、エリィが中庭の池に浮かんでいた。

 俺は叫んだ。
 めちゃくちゃに叫んだ。

 心臓が握りつぶされるような恐怖と悲しみが押し寄せて、心の中をかき回していく。昔、好きだった恋人が死んだ記憶がどっと溢れてきて、足に力が入らなくなった。

 地面に両手をついた。
 手を握りしめると、柔らかくなった土が指の間から形を変えて出てくる。
 その土にも容赦なく雨が当たる。


 しばらく放心していると、俺は空中に浮いたままグレイフナー魔法学校、ライトレイズの教室を見下ろしていた。

 教室内は映画館のように後ろの席が高くなっている。
 生徒は全員出席しているのか四十数名が席を埋めている。

 俺は真っ先にエリィを探した。

 太っちょのエリィが一番前の席で縮こまって、一生懸命ノートを取っていた。
 ハルシューゲ先生が光魔法の効果を説明している。
 生徒達も全員真剣な様子だ。
 微笑ましい気持ちで、頑張るエリィの丸い背中を見守った。

 途中で質疑応答が入り、授業終了の鐘が鳴った。

 エリィはお嬢様らしく丁寧にノートを机の中へとしまうと、ハンカチがポケットに入っていることを確認して教室を出ていった。たぶんトイレだろう。

 それを横目で見ていたスカーレットとその取り巻き連中はニヤニヤしながらエリィの席へ近づき、おさげ頭のゾーイがスカーレットの指示に従って先ほどのノートを取り出した。

 ゾーイは楽しげにノートを広げ、エリィがさっき一生懸命板書した部分をびりびりと引き千切った。
 スカーレットが下品に笑い、取り巻きの女子達も笑う。
 得点稼ぎなのか、取り巻きの女子一人がノートに土魔法をかけて泥だらけにしてしまった。
 さらに盛り上がるスカーレット達。

 エリィが教室に帰ってくる姿を見つけた女子がスカーレットに耳打ちすると、彼女らは素早く自分たちの席へと戻ってエリィの様子を観察する。

 エリィはすぐに机の中の異変に気づいた。
 ノートを取り出して愕然とした表情を作り、スカーレット達の元へと歩いていく。

 エリィは果敢に彼女らを注意する。
 スカーレット達は取り合わない。

 無駄だと分かったエリィはしょんぼりと肩を落として自分の席へ戻った。
 エリィは涙を堪え、机の中をハンカチで拭き、泥だらけのノートを持って教室を出ていった。

 俺はスカーレットに飛びかかり、思い切り顔面を殴りつけた。

 身体強化もした。
 食らえば顔の骨格が変わるほどの威力だ。

 しかし、拳は空を切った。
 俺の身体は空を切った反動でくるくると三回転した。

 くそ、くそ!
 と苛立たしく叫んで廊下の方向へ飛び、水魔法の蛇口でハンカチを洗っているエリィを呼んだ。

 エリィ! エリィ!

 こちらの声はエリィに届いていない。
 彼女は泥の付いたノートを丁寧にハンカチで拭き、ハンカチを水で洗う。
 エリィの後ろ姿は丸くて寂しげだった。

 こんなことを彼女は二年間も続けていたのか?
 入学式から二年生の終わりまでずっと?

 そう思うと無性に込み上げてくるものがあり、思わずエリィを抱きしめた。


 エリィ! エリィ!


 だが、俺の腕とエリィの身体が触れ合う寸前のところで、目の前が真っ暗になった。



    ◯



「エリィィィッ!」

 がばっと起き上がると、エリィの自室だった。
 カーテンからは朝日が漏れ出しており、小鳥がチュンチュンと楽しそうにさえずっている。

「夢……か……」

 いや、久々に夢見たわ。
 リアル過ぎて現実と混同したぞ。

 ドアがノックされたので、返事をするとクラリスがいつも通りの顔つきで部屋に入ってきた。

「お目覚めでございますか。顔色が少し悪いようですが」

 そう言いながら手際よくカーテンを開けていく。
 カーテンレールの滑べる音とともに、朝日が部屋の中を満たした。

「ええ……ちょっと夢を見ていたの」
「まさか悪夢でございますか?」
「うーん、ちょっと違うと思うんだけど……」
「腕が三本で足がガニ股の魔物が出てきませんでしたか? 出てきたのならば祈祷師のところでお祓いが必要でございます」
「それは出てきてないから安心して。あと顔が近いわ」
「さようでございますか。一安心いたしました」

 その魔物やだわー。
 平常運転のクラリスを見てやっと通常の意識が戻ってきた。

 さっきのは夢で、時間をエリィと一緒に遡っていたような感じだったな。
 グレイフナーから始まってオアシス・ジェラ、ポカじいの隠れ家、オアシス・ジェラ、トクトール、グレイフナー、ゴールデン家の中庭、そして学校。
 俺と手を繋いでいるエリィはすごく楽しそうで、離れたあとは悲しそうだった。

 つーかエリィと手が離れたときの喪失感はやばかった。
 あれは気を抜いたら悲しみのどん底まで精神が持っていかれるところだった。

 あと、雷に打たれたエリィの姿……正直、見たくなかったぜ。
 夢の中だったけどあの絶望感は本物だった。
 思わず死んだあいつのこと……佳苗のことを思い出してしまった。

 人間は心の傷を深層へと隠すがその記憶が消えるわけではない、とどこかの文献で読んだ。俺は、まだあいつのことを心のどこかで引きずっているのかもしれない。
 まあ、考えたところで仕方ないし、今は置いておこう。

 それから、エリィがスカーレットにいじめられている姿は初めて見たな。
 日記で見たからある程度内容は把握していたが、やはり実際にこの目で現場を見ると怒りで腸が煮えくり返る。
 スカーレットとゾーイはこてんぱんにしてひぃひぃ言わせるの確定だろ。いや本気で。

 総合的に考えると、たぶんさっきの夢は俺とエリィの記憶と意識が融合したものじゃないだろうか。エリィの身体に精神が二つある状態だしな。こんな夢があってもおかしくはない。

 あれ? てことは、エリィがいじめられている光景を俺は見ていたってことになるのか?
 じゃないとあのいじめ現場が夢に出てきた説明がつかない。
 エリィはハンカチを洗いに教室から出ていったから、スカーレット達が悪戯している光景が彼女の記憶であるはずがない。

 あれだけリアルなら俺自身が記憶を捏造したって感じでもなさそうだしな。

 どういうことだ?
 うーん……全然分からん。

 これからは夢にも転移のヒントが隠されているかもしれないな。少し気に留めておくか。
 今はそれぐらいしかできることがない。

「お嬢様、難しい顔をされてどうされたのです?」
「なんでもないわ」
「大丈夫でございますよ。進級試験なら上位魔法を使える時点で合格でございます。今までお休みしていたツケはこれでチャラでございます」
「そうね」
「奥様の口利きもございますので問題などございません」

 クラリスが自信たっぷりに一礼すると、てきぱきと俺を寝巻きから部屋着に着替えさせて洗面所へと誘導した。

 とりあえず今日から学校だ。

 どーしよ。スカーレットの顔見たら速攻で殴っちゃうかも。
 いやいやそこはアイアンハート小橋川。
 この熱い衝動を精神力で抑え込むぜ。


    ◯


「おはよう」
「おはよ、エリィ…」

 ゴールデン家のエントランスでアルティメット狐美少女がお出迎えをしてくれた。
 アリアナはグレイフナー魔法学校の制服に闇クラス指定のローブをきっちりと羽織り、ドアの脇にちょこんと立っている。

「わざわざ迎えに来てもらっちゃって悪いわね」
「ううん。その…エリィと登校…したいのは私だし」

 アリアナはそう言いながら、両手で鞄を持ってもじもじと太ももをすり合わせる。きゃわいい。

「今度は私がアリアナの家に行くわ」
「それはダメ。遠いから」
「あら、身体強化ならすぐよ」
「街中で身体強化は目立つ…」
「大丈夫よ」
「ん…」

 そう言いつつ、アリアナの狐耳をもふもふと撫でる。
 なんともいえない撫で心地。耳がつぶれてピンと元に戻る瞬間がくせになる。

「アリアナちゃんおはよう〜」

 ダイニングから出てきたエイミーがアリアナに抱きついた。

「も、もはほふ…」
「アリアナちゃん可愛すぎる。にゅふふ」

 エイミーもアリアナをもっふもふするのが好きらしい。
 だが巨乳に顔面が埋まってアリアナは苦しそうだ。

「あ、そうそう。エリィに言おうと思ってたんだけど、私、魔導研究所に就職するのやめたからね」
「ええ?! どうして?」
「モデルをもっとちゃんとやりたいの。これからお仕事も増えるでしょう? 兼業は難しそうだから」
「姉様いいの? あそこ、グレイフナー最難関の就職先でしょ?」
「いいの。あっちよりモデルのほうが向いてる気がするんだよね」

 さすが天才肌のエイミー。
 真の天才は彼女かもしれない。

「お父様とお母様にはもう伝えてあるよ。反対されると思ったけど、すんなり認めてくれたから拍子抜けしちゃった」
「お父様とお母様、雑誌『Eimy』の虜だからね」
「エリィは問題ないよ、ってこの前言ってたから……私が専属モデルになるの平気だよね? いちおうまだ魔導研究所には最終書類を出してないから引き返せるけど……」
「是非お願いするわ! 姉様はうちの看板モデルですもの!」
「まあ! よかった! 嬉しい!」

 エイミーはアリアナを名残惜しげに開放すると、垂れ目を輝かせ、胸の前で両手を組んだ。

「まだまだ着たい服がいっぱいあるの! エリィが作っているエリィモデルのパーティードレス! あれを着るか魔法の研究するかって聞かれたら間違いなくパーティードレスを取るよ〜」
「んまぁ姉様ったら」
「あれは…かわいい」
「かたろぐ? って本のモデルも是非私がやるからね? お願いね、エリィ!」
「もちろん姉様以外に適任者はいないわよ」
「エリィ大好き〜」

 大人っぽい風貌のくせにやけに子どもっぽくはしゃぐと、エイミーは俺に抱きついた。エリィの胸とエイミーの胸が合わさってつぶれてなんかもーすごいことになってるよね。この間に挟まれたらやばいね。今だけでいいから男に戻りたいよね。

 まあ、エイミーを専属モデルとしてコバシガワ商会で雇うことに全く問題はない。給料をしっかり出せるようにバリバリ稼がないとな。

 アリアナとパンジーにもバイト料は出している。特にアリアナに関しては多めに渡してあるから、彼女の家の台所事情は相当に改善されているはずだ。ボーンリザードの分け前を頑なに受け取らなかった頑固なアリアナに、やっとこちらの資金を回すことに成功した。いいぞぉ。アリアナには幸せになってもらいたいからな。

「それじゃ、いってらっしゃ~い」

 エイミーが手を振ると、いつの間にか集まっていたメイドと執事がドアの前に整列しており、

『いってらっしゃいませ、エリィお嬢様。アリアナお嬢様』

 という息の合った見送りをしてくれた。

「いってくるわ!」
「いってきます…」

 俺とアリアナは四年生になるべく学校へと向かうのであった。



     ☆



 グレイフナー魔法学校は魔法陣の形を模している。
 校舎が六芒星。
 周りを囲む円が二つ。

 外側の円は、魔物除け効果のある“魔頁岩石”で造られた塀になっており、内側の円は、魔物が嫌う臭いを発する樹木“金木犀キンモクセイ”がみっしりと植林されている。

 上空から確認すると、茶色の円、太い緑色の円、灰色の六芒星といった具合に見える。

 六芒星と緑色の円の隙間に、校庭や特別実験室、演習場などが設えてあり、工夫して設計されていることが伺え、全体はかなりの敷地面積を有していた。

 そんなグレイフナー魔法学校、始業式当日。

 正門から校舎につながる『パリオポテスの道』を生徒達は楽しげに会話しながら進む。途中で植林された金木犀の林が現れるのは、円を突っ切るようにして校舎に行くので当然だ。
 生徒達は金木犀の林を待ち合わせ場所にしたり、逢引き場所にしたりしている。

 『パリオポテスの道』、金木犀の林の中。人目を避けるように道から距離を置いて、土魔法で作られた小屋があった。
 上位黒魔法の隠蔽魔法と、上位氷魔法の結界魔法まで張られている厳重さだ。

 小屋の中は完全にお通夜ムードだった。

 室内にいる生徒約五十名は、机に突っ伏したり、壁にのの字を書いたり、無駄にスクワットをして立ち上がれなくなったり、床に寝転がって涙を流したりと、思い思いの方法で悲しみにむせび泣いていた。

 彼らは尋常ではない雰囲気で悲嘆し、己のアイデンティティ崩壊寸前まで追い詰められていた。

 その中でも特にひどく泣いている人物がいた。
 彼はソファに座り、腕を組んだ状態で、ただただ目から洪水のように涙を流している。たまに思い出したように頭部についた洗熊人の耳がピクリと動いた。

「エイミーざばぁ……なぜ卒業ざれでじまっだのでずぅ……」


 この小屋は、エイミーファンクラブの集会場であった。


「信じられなび……信じだくなび……」

 彼はのっそりと立ち上がると、うおおおおっ、と叫んで雑誌『Eimy〜特別創刊号〜』を抱きしめた。

「ばびびょぶ! ぼでのべぃびぃにばびぶぶんべぶ!」
(会長! 俺の『Eimy』になにするんです!)

「ぶぶぺい! ぼぼびぼびぼぼばべびればいんばびょう!」
(うるさい! この気持ちをおさえきれないんだよう!)

 眼鏡の男子学生がクレームを言うと、洗熊人の彼は顔をしわくちゃにしてもっと『Eimy』を抱きしめた。

 パンタ国、ジェベルムーサ家の次男、ザッキー・ジェベルムーサはエイミーファンクラブ会長の座を先代から譲られている。洗熊人という珍しさからでも、パンタ国出身のため身体強化ができるからでもない。ただひたむきにエイミーのファンだった。その一途さを認められ、エイミーがいなくなったグレイフナー魔法学校でもファンクラブを継続させてほしいとの願いから彼が一任された。

 だが……

「ぶび! ぼぶびばぶび!」
(ムリ! ぼくにはムリ!)

 どうやら無理らしい。

 ザッキー会長の言葉を聞いて、五十名の会員はうわんうわんと大泣きを始めた。全員、同じ気持ちであった。

 あの太陽のようにまぶしい笑顔。
 キラキラと輝く微笑み。
 黄金率を奏でる垂れ目。
 抜群のスタイル。
 魔法の才能。
 天真爛漫でありながら失われないお淑やかさ。

 すべてが彼らにとっての生きる糧であり、この学校に登校する半分以上の楽しみでもあった。グレイフナー魔法学校は入学もさることながら卒業も難しい。幾多の試練と試験を乗り越えなければならない。

 そんな中、彼らは『エイミー』という絶対的な拠り所を失ってしまった。
 同じ敷地内に彼女がいない。

 それだけで胸が締め付けられ、息をするのもつらかった。
 もうダメだった。頭がおかしくなりそうだった。

 とある男子生徒はガンガンと頭を床にぶつけている。
 窓際の女子生徒はアハハと笑いながらエイミーと同じコーディネートに着替えてくるくると回っている。

 何人かが自暴自棄になり、互いの尻に“ファイアボール”をぶつけ合う、根性焼きをしようとズボンを下ろしたその時だった。


 ———バァン!


 一陣の風とともに土魔法で固められたドアが開いた。
 そして、彼らの耳を疑うような言葉が響いた。

「ほ、ほほほほ、報告ぅぅッ! 女神降臨! 女神降臨ッッ!!」

 全員、ぐわっとすごい勢いで扉の方向を見た。


 女神降臨。
 すなわち、エイミーが登校したとの報告だ。


 観察隊がこれを伝える役目になっており、たった今報告をした人族の男子生徒チャリティは息も絶え絶え、肩で呼吸をしている。しかし、看過できない報告であった。この手の冗談は万死に値する。

 幽鬼のごとくゆらりと立ち上がった五十名は、チャリティに殺到した。

「てめええええ!」「俺のトキメキを返せ!」「淡い希望を持たせるな!」「死ね! 腹ぁ掻っ捌いて死ねぇい!」「ぼべばっべばばびぃんば」「私もう生きていけないぃぃ」「お姉様ぁ!」「んんああああっ」「お星様がみえるよ〜」「それはあかん冗談だぞ!」

 五十名につかまれたチャリティは細身のため、瞬きする間に担ぎ上げられ、ザッキー会長の前に放り出された。

 ザッキーは動物のアライグマからは想像できない巨体の持ち主であった。
 立ち上がると身長二メートル。リング状のしましま模様の尻尾が足の隙間から見え隠れしている。

「み、みんな聞いてくれ! 俺は見たんだ! この目で女神を見たんだぁぁ!」

 観察隊のチャリティは必死に訴える。
 ザッキー会長はじっと彼の目を見下ろすと、涙に濡れた自分の顔を無造作に拭いて大声で叫んだ。

「仲間を信じなくっちゃ会長は務まらない! ぼくは見に行くぞ!」

 ドアの前に殺到するメンバーを押しのけて外へと走り出した。
 あわてて後を追うエイミーファンクラブの面々。

 そして通学専用『パリオポテスの道』、向こうからは見つからない“観察地点”に辿り着き、門の方向をじっと見つめた。
 ザッキーの背後にわらわらとメンバーが集まってくる。

「もうじき校門をくぐります!」

 観察隊のチャリティが期待に胸を膨らませて大声を発する。
 何を隠そう、彼は今期で六年生。
 エイミーを探すために努力に努力を重ねて探索系最高峰の技術である木魔法中級“梟の眼(オウルアイ)”、“鷹の眼(ホークアイ)”、“鷲の眼(イーグルアイ)”を習得し、今期グレイフナー魔法学校の次席までのし上がった男だ。

 彼は木魔法で両目を強化し、校門に向かってくる女神を発見したらしい。

 あり得ないという諦めと、まさかという期待が一同の間を行ったり来たりして空気が張り詰める。
 全員、心臓がどくどくと脈打つ音が耳の裏を走り、緊張でごくりと唾を飲み込む。

 観察地点から、校門まではざっと百メートルほどだろうか。
 彼らのいる場所からは生徒が校舎に進む姿が手に取るように観察できる。

「来たぁぁっ! 来ましたぁぁぁ!」

 木魔法“鷹の眼(ホークアイ)”を自身にかけるチャリティが小声で叫ぶ。

 彼の言葉に全員身を乗り出す。
 校門からここまでの距離は百メートル。肉眼での視認は厳しい距離だ。
 各々、双眼鏡を取り出し、どうにかして早く女神を見つけようとする。
 ザッキー会長はファンクラブ唯一の身体強化行使者のため、本気で両目を強化した。

 光、闇、火、水、土、風の六種類のローブを羽織る生徒達がこちらに向かってくる。一人で歩く生徒、グループでおしゃべりしながら校舎に向かう生徒、ふざけ合っている男子生徒など、生徒達が校舎へと向かっていく。

 そんな中、ザッキーはひときわ目立つ女子生徒の二人組がやってくる様子が見えた。

 一人はローブをきっちり羽織った狐人の女子生徒だ。
 めちゃくちゃ可愛い。

 睫毛が長く、口と鼻が小ぶりで、手足が長い。
 小柄ではあるがミステリアスな雰囲気を醸し出しており、無表情ながらも隣の女子生徒を見るときだけ嬉しそうな顔をするところがたまらない。
 腰に鞭を付けているのは冗談だろうか。ウエポンが鞭とはめずらしい。
 あれに叩かれたいという男子生徒は何人もいるだろう。しかし、あんな可愛い女子生徒がこのグレイフナー魔法学校にいれば全員の記憶に残るはずだ。

 そしてザッキーは彼女の隣にいる女の子へと視線を移した。


「……………ッ!!?」


 ザッキーは己の時が止まった。
 心臓も止まったかと思った。

 全身がわなわなと震え、両目にかけた身体強化がブレる。

 彼女はチャリティの報告通り、女神だった。
 間違いなく女神だった。

 さらりと風になびく金色のツインテール。
 相手を包み込む優しげな垂れ目。
 力強い輝きを宿すサファイアの瞳。
 小さくもふっくらしたピンク色の唇。
 慈愛を感じる微笑み。
 制服に隠された悩ましげなボディ。
 張りのある美脚。
 時折見せる、無邪気そうな笑顔。

 いよいよ二人が金木犀の林に近づいてきて、肉眼で確認できたメンバーからも息を飲む音が聞こえる。

 皆、口々に「女神……」とか「エイミー様の生まれ変わり……?」とか「いかん……あの子はいかん……」などとつぶやいている。

 女神と狐美少女は金木犀の林に差し掛かったところでぴたりと足を止め、急にこちらを見つめた。

「……?!」「ひっ……」「あっ……!」

 メンバーの数名が小さな悲鳴を上げる。
 あまりに急な行動だったため心の準備ができていなかったようだ。
 彼女達に気づかれたかもしれない。

 だが向こうからは金木犀が邪魔して見えづらく、元ファンクラブ会員で天才と言われた魔法使いが考案した氷魔法による魔力遮断の装置が設置してある。目で見ることは難しく、魔力での探知は困難だ。

 ザッキーはすぐに装置が問題なく作動していることを確認した。
 大丈夫だ。魔力遮断装置は動いている。

 ザッキーが装置から視線を戻すと、謎の女神はもう前を向いて歩いていた。

 全員、彼女が過ぎ去った後も声を発することができなかった。
 あまりの衝撃に思考が追いつかない。
 エイミーも女神だったが、あの子も同等かそれ以上の女神だった。

 可愛らしい女子生徒二人がいなくなったあと、エイミーファンクラブは女神の再来に沸き立った。

「可愛すぎだろおおおおおおおお!」
「びゃあ゛あ゛あ゛あ゛ッ!!!」
「脳汁出た! ひっさびさに脳汁出た!」
「うっうっうううう〜、女神いたぁ〜。生きていけるぅ〜」
「まじやばい。今すぐ結婚を申し込んでくる!」
「絶対優しい子よ! 間違いないわぁ!」
「オーラがすごい! カリスマ性を感じる! 同じ人間とは思えん!」

 ひとしきり興奮したあと、すぐ疑問にぶち当たった。

「あれは誰だ?」
「あんな子いなかったよな?」
「新入生?」
「それにしてはずいぶんと大人びていたぞ」
「てかエイミー様と似てないか?」
「思った思った! 俺も似てると思った!」
「エイミー様、たしか妹がいたはずだが……」
「でもエイミー様の妹君はかなり太っちょのはずだぞ」
「じゃあ誰よ!? やっぱり新入生? 転校生かしら?!」
「狐美少女も気になるな。我が校人気の二枚看板、エイミー&サツキペアを彷彿とさせる……」
「おおおっ! 伝説の再降臨か?!」

 ファンクラブメンバーがやいのやいのと言っている言葉を耳の端で聞きつつ、 パンタ国ジェベルムーサ家の次男、ザッキー・ジェベルムーサはとてつもない事柄を思い出していた。

 パンタ国にある実家から送られてきた手紙に書かれていたことだ。

『グレイフナー魔法学校四年生、光魔法クラス、エリィ・ゴールデンの動向を事細かに伝えよ』

 デンデン国王直々の指示ということで、親からもかなり口酸っぱくして指示出しを受けている。

 その手紙にはこうも書かれていた。

『彼女は清廉潔白な振るまいと、女性らしからぬ大胆さ、慈母のような眼差しを持ち合わせる少女らしい。オアシス・ジェラでは白の女神と呼ばれていたとのこと。美貌も相当なもので、彼女から婚姻を求められれば断る男はいないと思われる。その点にも間違いがないか、正確な報告を求む』

 ザッキーはエリィが太っていたことを知っていたので、新学期に彼女を確認した後、すぐに『手紙の内容は間違いです』と報告を送るつもりであった。


 だが、今、女神が登校する姿を見てすべてのピースが噛み合った。


「あの子が……エリィ・ゴールデンだ………」


 エイミーファンクラブ会長、ザッキー・ジェベルムーサはぽつりとつぶやいた。
 その言葉は誰の耳にも届いていなかった。
 背後からはファンクラブ会員の興奮した声が聞こえ、目の前には普段と変わらない登校の日常風景が広がっていた。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ