挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
エリィ・ゴールデン ~ブスでデブでもイケメンエリート~ 作者:四葉夕卜/よだ

第四章 グレイフナーに舞い降りし女神

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

75/129

第3話 計画するエリィ



    ◯


『Eimy〜秋の増刊号〜』
――――――――――――――――――――――

表紙
『チェック柄で新しい自分、発見』
 秋っぽいからし色のロングコート、シックな花柄ブラウス、チェック柄のひだが多い膝下プリーツスカートを着たエイミー。カメラ目線ではにかんでいる。めっちゃ可愛い。

――――――――――――――――――――――

1ページ
『口紅の広告』
 トワイライトという店の広告。
 口紅が三種類並び、表紙のエイミーが使っている口紅はこれです、とさり気なくアピールしている。

2ページ
『化粧水の広告』
 続いて化粧水が一本きらびやかに宣伝されている。
 どうやらクラリスとウサックスがうまく化粧品店を取り込んだようだ。
 と、よく見たら俺が前に化粧水を買った店『止まり木美人』の商品だった。あそこの店主、元気だろうか。デートの約束もしているし、今度時間があったら顔を出すか。

――――――――――――――――――――――

3、4ページ
 文字なしで、背景は茶色一色だ。
 表紙と同じ服装のエイミーの全身直立写真。
 その隣のページにはポケットに手を入れて前傾姿勢で朗らかに笑うエイミー。
 きゃわいい。癒される。おっぱい大きい。

――――――――――――――――――――――

5ページ
『これがグレイフナーで流行するチェック柄! オシャレ力が上位超級!』
 白黒のギンガムチェックシャツの上からセーターを着たエイミーと、紺と緑のタータンチェックスカート姿のエリザベスが背中合わせてカメラに視線を送っている。
 おお、エリザベス! 垂れ目のエイミーと吊り目のエリザベスペア、めっちゃいいな! つーか二人とも美人すぎるだろ。地球のモデルより美人だな。おかしいだろこれ。

6ページ
『チェック柄シャツあれこれ』
 このページにはシャツが並べてピックアップされている。たぶん、並べたのはエロ写真家ことテンメイだな。シャツが絨毯の上に配置され、袖口の先に杖が置かれたり、シャツのヘアブラシが頭の部分にセットされたりと、あたかもシャツが生きているように見え、想像力を掻き立てる。センスが光るな。
 1,白黒ギンガムチェックシャツ。
 2,濃紺と灰色のタータンチェックシャツ。
 3,赤黒のブロックチェックシャツ。
 4,紺、白、赤ラインの定番チェックシャツ。
 5,白ドットでチェック柄を再現したシャツ。
 商品の右下には販売場所と値段がさり気なく記載されている。

――――――――――――――――――――――

7、8ページ
『私はチェックに恋シテル』
 挑発的な視線を送るエリザベスが、1〜5すべてのシャツを着て並んでいる。
 おーなるほど。写真を五回撮り、エリザベスだけを切り取って原画に貼り付けて、それを“複写コピー”したわけか。
 しかもすべて違うスカート、パンツを穿き、靴下なんかの小物類の紹介も忘れていない。いいね!

――――――――――――――――――――――

9、10、11、12ページ
『お金をかけずにオシャレする天才なワタシ』
 チェックシャツとチェックスカートを着回すエイミー。
 色んな服を着て、様々な表情を見せるエイミーを見るだけでも楽しい。
 チェック柄を一つ買えば、今までグレイフナーで流行っていた既存の洋服と合わせてオシャレできまっせ、と紹介している。これは秀逸なページ。

――――――――――――――――――――――

13、14ページ
『オシャレ力×防御力』
〜魔物退治も恋もするワタシ〜
 防御力が高く、なおかつ可愛い服特集だ。
 エイミーが杖を構え、エナメル質の紺色ロングコートに黒いガウチョパンツ、インナーはえんじ色のケーブルニットセーターを合わせている。
 コーデはたった一種類。それでもインパクトは強い。
 コートはミスリル繊維とゴブリン繊維を組み合わせている。縫製に時間が掛かるけど、防御力はかなり高いぞ。とジョーの解説が耳元で囁かれた。
 コートのお値段はなんと八十万ロン。わぁお。

――――――――――――――――――――――

17、18、19、20ページ
『グレイフナーの恋愛マスターに聞いた10の質問!』
 モノクロページ。ボインちゃんとフランクが、グレイフナーで有名な舞台作家の女性にインタビューしたようだ。
 見出しもきちんとあるし、重要な単語は大文字で記載がある。
 女性誌ならでは、結構突っ込んだエロい話も忘れていない。そうそう、女性誌ってやっぱこうだよな。
 こういった王国の著名人もどんどんこっちサイドに取り込んでいきたい。

――――――――――――――――――――――

20~28ページ
『靴下は白と黒だけじゃナイ』
『アクセサリで女子力アップ』
『ブーツとはおさらばなのデス』
『ストライプも着こなソウ』
 靴、小物、アクセサリ、便利な日用品、ストライプ柄やシンプルな服の紹介。
 前半では、前ページで出てきたグッズを絡めた商品の紹介と値段の記載。
 後半は広告を兼ねた日用品の紹介だ。広告料がウハウハですな。

――――――――――――――――――――――

29〜32ページ
 前回でも登場した冒険者関連の情報だ。
 どうやらテンメイがまた魔物撮影を敢行したらしい。このページは好評だったからな。シリーズ化されそうだ。

――――――――――――――――――――――

33ページ
『ミラーズ新店舗オープン!』
 ミラーズの宣伝が入っている。
34ページ
『至高の杖』
 最後はなぜか杖の広告が入っている。一本六十万ロンする杖が、黒光りしてどアップで写っている。これもおそらくはクラリスとウサックスが準備した広告だろう。

――――――――――――――――――――――


 俺は夢中で雑誌を読み、読み終わると最初のページに戻って読み返した。
 おもしろい。
 デザインがどことなく異世界風になっているところに目を引かれる。使用する素材と、美的感覚の違いからだろう。俺がいなかったにも関わらず、かゆいところまで手が届く親切設計の雑誌に仕上がっていた。

「素晴らしいわね!」

 思ったことを素直に口にすると、固唾を呑んで見守っていたミサ、ジョー、ウサックス、クラリス、テンメイ、エイミーとエリザベスが、「わっ!」と嬉しそうな顔になって手を叩き合った。

「エリザベスお姉様。すごーく綺麗に写っていたわ」
「恥ずかしかったけど……ちょっとやってみたかったのよ」
「これからも是非お願いします。モデル料はきちんと払うからね」
「エリィが頼むなら……やるわ」
「ええ!」
「私もエリザベス姉様と写真撮るの楽しかったよ!」

 エイミーがエリザベスに飛びつき、天使みたいな笑みでこちらを見つめてくる。

「んもう、エイミー姉様はずるいわよ」
「ええーなにが?」
「こんなに可愛いのはずるいって言ってるの」

 ついエイミーの二の腕を人差し指でぐりぐりとしてしまう。

「や、やだぁ。やめてよー。そう言ってくれるのはエリィとテンメイ君ぐらいだよ」
「ビュゥゥゥゥティ、フォゥ!!」

 テンメイが雄叫びを上げてシャッターを切る。
 毎度のことながら突然の絶叫に驚き、全員でカメラから出てくる写真を覗き込む。仲よさげに笑っているエリィ、エイミー、エリザベスが、絶妙な構図で写しだされていた。ファン垂涎モノの一枚だな、これは。

「それでエリィ、ここからが本題なんだけどいいか?」

 クラリスが手早く全員分の飲み物を追加したところで、ジョーがおもむろに口を開いた。

「例のサークレット家の問題ね?」
「ああ、そうだ。あいつらは『ミラーズ一番街店』に来て、エリィモデルを売ってくれと頼んでくる。販売拒否していたら癇に障ったらしく、ミスリルの販売レートを釣り上げてきてな。もちろんサークレット家に売るつもりは一切ないんだけど、対策はしないとまずいと思う」
「ジョー、ひょっとして……」
「ごめんエリィ。どうしても事情が知りたくて、クラリスさんからエリィとサークレット家の間に何があったか聞いてしまった。その、エリィが、魔法学校に入学してからつらい目にあっていたことも……」
「いいのよジョー。私怨でミラーズを困らせてしまってごめんなさい。あなた達が嫌なら無理に――」
「いや、俺も全面的に戦うことには賛成だ。というより怒りが収まらない」
「私もですお嬢様」

 ジョーの言葉をつなぎ、ミサが断固とした様子でうなずく。

「ミラーズはお嬢様あっての店でございます。私達を救ってくれたお嬢様を悲しませたスカーレット・サークレット、それに連なる家の者は皆、敵とみなします。向こうが攻撃してくるのなら敵対することに何の躊躇もありません」
「ごめんなさい。あと……ありがとう。でも、やっぱり私怨はおまけみたいなものでいいわ。良い物を作って、グレイフナーの新しいファッション時代を作ることが目標だもの」

 相手を落とすことに重きを置き、成長できずに潰れてきた会社を何社も見てきた。
 敵を落とすのではなく、自分を高める奴のほうが、敵にとっては脅威になるもんだ。だから、報復に重きを置かず、自分たちの信じる道を突き進めばいい。

 結局のところ、俺達が頑張ってエリィモデルの人気が上げれば上げるほど、商品を買えないスカーレット達は苦汁をなめるって寸法だ。ふふっ、ジョー達が嫌がるなら引き下がるが、乗ってくれるなら報復はするぜ。俺はそういう性分だ。
 ただ、報復がメインになって目の前が見えなくなることだけは避ける。人の感情は正常な判断を鈍らすからな。

「お嬢様ならそう言うと思っておりましたわ。ですが、対策は必要かと」
「具体的にどういった現状になっているの?」
「簡単に申し上げますと、ミラーズが提携している縫製技師、染物店、布屋などにも『ミスリル』と『ミスリル繊維』の単価釣り上げを行っております。ミラーズから手を引かなければお前の店にはミスリルを卸さない。そういう口上でしょう」
「どのくらいの被害が?」
「まだ一店舗も契約を打ち切ってはおりません。ですが各店に動揺が広がっております。ミスリルを扱っていない店は問題がないのですが、中堅どころや大店は、防具関連でミスリルを扱っておりますからね。グレイフナー王国一のミスリル産出量を誇るサークレット家です。卸値を三倍にされたら、いかに大店といえ苦しいでしょう」
「縫製技師のところをヤラれると厄介だ。ただでさえ生産が追いついていない状態で、優秀な店に離れられると新商品の販売が間に合わない」

 ジョーがハンチングを取って渋面を作りながら頭を掻いた。

「わたくしからご提案がございます」

 粛々とした動作で一歩近づき、ギュンと一気に顔面を寄せてくるクラリス。
 ひええっ! こええよ。

「顔が近いわ、クラリス。それで提案というのは?」
「サウザンド家を味方に引き入れるのがよろしいかと」

 さすがクラリス。結論から話してくれる。

「我々は『サークレット家』とその配下である『バイマル商会』を相手取る格好になります。この『バイマル商会』ですが、お嬢様の仰っていた通り、完全な“後追い”をしております。似たようなデザインの『バイマル服飾』なる店を立ち上げ、四月には雑誌の創刊をするようです」
「いいデザイナーがいるのかしら?」
「どうでしょうか。見たところ、ほとんどがミラーズと似たりよったりのデザインでございます。お客様はモノマネだと気づいていると思いますね」
「あらそう。あとで視察に行きましょう。いいデザイナーがいるなら、何としても引き込みたいわ。ジョーも一人だと手が回らないでしょう?」

 ジョーを見ると、返事の代わりにワインを飲み干し、ハンチングをかぶり直した。

「一人でできる。と、言いたいところだけどこれ以上は厳しいな」
「ジョー殿はコートから靴下まですべてのデザインを引き受け、八面六臂の活躍ですからな」

 ウサックスがしたり顔で頬を右手でこすっている。

「ミサとも話し合ったんだけどね、いいデザイナーがいないんだよ」
「そうなのです。そちらに関してもお嬢様のアイデアをいただきたく思っておりました」

 今度はミサが難しい表情になったので、クラリスはハーブティーを差し出し、ミサに手渡すとこちらに向き直った。

「お話を戻しますが、どのみち『バイマル商会』と『コバシガワ商会』はぶつかっていたかと存じます。後追いの宿命かと。サークレット家共々、まとめて叩き潰しましょう。粉々にしてやりましょう。路頭に迷わせてやりましょう。オホホホ……」
「クラリス、顔が怖いわ」
「おっと……これは失礼を致しました。申し訳ございません、一年前のお嬢様のお顔を思い出してしまいまして……。サウザンド家を味方に引き入れれば、彼らの流通させている『綿』と『魔力結晶』でスカーレット家に牽制できます。それから『白魔法師』は多くがサウザンド家の傘下でございます。そちらからも突くことが可能でございましょう」
「さすがは六大貴族ね」
「領地数1001個は伊達ではございません」
「そこまで言うなら、引き入れる見立てがあるのでしょう?」
「もちろんでございます。サウザンド家の末っ子、パンジー・サウザンド嬢がミラーズの洋服に心酔しております。現に、すべてのシリーズ、すべての洋服を卸すように契約しておいでです。また、末っ子ということで、ご当主もパンジー・サウザンド嬢を可愛がっておられるとのこと。そちらから繋がれば良いかと」
「そういうことね……。その子って、美人なの?」
「噂では、大変に可愛らしいお嬢様だと聞き及んでおります」
「いっそ、モデルになってもらってもいいかもね。モデルも圧倒的に足りてないでしょう? 現に『Eimy秋の増刊号』を見ても、あと三人はモデルが欲しいところよ」
「それはいいアイデアです」
「どうせなら一般公募しようかしら」

 そう自分で呟いて、ミラーズとコバシガワ商会の攻勢に出る作戦が、頭の中に膨らんでいく。
 思いついたアイデアを、必須事項と検討事項に分け、さらに現状を簡単に整理した。

 サークレット家はサウザンド家で牽制。
 バイマル商会はコバシガワ商会と雑誌対決。
 バイマル服飾はミラーズと新デザイン対決。

 他にも細かいやり取りや、小さな店同士の関係、他店舗や商会の参入もあるだろうが、大っぴらに対立しているサークレット家との対立図はこんな感じだ。もちろん大きな店や、服飾の老舗は他にもあるので、そちらの出方も探る必要がある。

「今年の魔闘会は五月十日から十四日の五日間よね?」
「さようでございます、お嬢様」

 クラリスが“魔闘会”のフレーズを聞いて幾分鼻息を荒くし、答える。

「三日目が“中日”で個人技や魔道具品評会、新魔法認定などで、いわゆる箸休めみたいな日程だったわね」
「はい。三日目で団体戦から選りすぐりの猛者が選ばれ、トーナメントが発表になります。合わせて一騎打ちの組み合わせもこの日に発表です。王国公認の賭け券もこの日に発売ですので、情報合戦が一日中そこかしこで行われます」
「……分かったわ。あと確認だけど、コバシガワ商会の資金は?」

 資金があるのか、とか、資金繰りがうまくいってるのか、などの言葉なしで、ウサックスがウサ耳を伸ばした。こちらの聞きたい情報が瞬時に分かったようだ。

「お嬢様が砂漠へ“出張”されていた期間の売上げは、三億七千万とんで六千二百ロンでございます。詳細もお聞きになりたいですかな?」
「まあ! ずいぶん稼いだわね。是非、聞かせてちょうだい!」

 誘拐を“出張”と表現するウサックスへの好感度がうなぎ登りだ。やはりこの兎人のおっさんは根っからの仕事人なのだろう。そういう気遣い、いいね。

「まず雑誌の売上げですが『Eimy〜秋の増刊号〜』が一部六千ロン×一万部。『Eimy〜冬の特別号〜』が一部四千ロン×一万部。一月に冒険者協会と共同で製作した『冒険者協会認定・武器防具特集雑誌』が一部五千ロン×三千部」

 雑誌の売上げだけで一億一千五百万ロン稼いでいるのか。
『Eimy〜秋の増刊号〜』で六千万ロン。
『Eimy〜冬の特別号〜』で四千万ロン。
『冒険者協会認定・武器防具特集雑誌』一千五百万ロン。

 秋に続き、冬用の雑誌も出したが、生産と販売が追いつかなかったことと、エイミーとテンメイが俺を探しに砂漠へ旅立ってしまうことがあり、『Eimy〜冬の特別号〜』はコートのみを限定八種類特集したようだ。
 試しに見せてもらったら、ページ数もわずか二十ページ。
 まあこれは仕方がないだろう。限られた時間で先取りの撮影をし、よく刊行したといえる。

「次に広告収入の売上げが、一億六千万ロンです」
「え! そんなに?!」

 うそだろ?
 まだ雑誌三冊しか出してねえよ?

「お嬢様のアイデアは誠に素晴らしいですな。利に聡い大店が宣伝費用に価値を見出しており、すでに次号の広告もページの取り合いになっております。というのも、『Eimy〜秋の増刊号〜』で口紅を広告した『トワイライト』という化粧品の老舗は売上げが三倍になりました。口紅は未だに在庫切れ。予約待ち状態で、あそこの若旦那は嬉し泣きの悲鳴を上げておりますぞ。エイミー嬢に自社の商品を使って欲しいと言ってくる営業が連日、コバシガワ商会に押し寄せております」
「そこまでの反響なのね……」

 広告収入はスローペースになるだろうと予想していたが、真逆だった。エイミーの人気がすごい。エイミー経済効果、とでも呼んだほうがいいだろうか。ここまでの効果が見込めるなら、店側も広告を載せてくれと必死になるな。誰だって勝ち馬に乗りたい。

「クラリス殿がその流れを予想し、『トワイライト』とは口紅の売上げマージンを取る契約に致しました。売れれば売れるほど、こちらのポケットに金貨が入ってきます。現在10%の契約になっておりますぞ。そして四〜八千ロンの口紅が今やブーム到来でバカ売れ、持っていない婦女子があわてて買いに出ているようです。正直言ってボロ儲けでございますな!」
「クラリス、さすがね」
「わたくしは当然のことをしたまでです」

 特に誇る様子もなく丁寧にお辞儀をするハイスペックオバハンメイド。経営から秘書までこなす最高すぎるメイドだな、おい。日本でもこんなにデキる奴はいねえよ。

「今後はより厳選して広告を出さないといけないわね。どんなに条件が良くても『Eimy』のイメージに合わなければ却下。その判断は、私かジョーに仰いでちょうだい」
「かしこまりました」
「御意でございますぞ!」
「ちなみに化粧品の広告を出した店も?」

 気になって『止まり木美人』の状況を聞いてみる。

「そちらは広告料一括払いでございます。大盛況のようですね」
「まあ、それは嬉しいわ! あそこの店主はいい人だからね」
「お嬢様、マッシュ店主とお知り合いで?」
「何度か買い物をしたの。ああ、デートの約束もしたわね」
「な……なんと幸運な方でしょうか」
「そうよねえ。私とデートできるんだからねぇ」

 うんうん、と腕を組んでうなずいてみせると、顔が少し熱くなってくる。こういう調子のいいことを言うと、エリィが恥ずかしがるんだよな。太ってるときは平気だったんだけど、なんでだ?

「エリィ、その、デートってのは……?」

 ジョーが何を思ったのか仏頂面で尋ねてくる。

「大した約束じゃないわ。私が可愛くなったらデートしてあげる。その代わり商品を安くしてね、ってやりとりをしたのよ」
「へ、へぇ〜」
「きっとびっくりするわね」
「エリィはその……店主のこと、あれか? 気に入ってる、とか?」
「いやぁね! そんなんじゃないわよ!」
「そ、そっか! そうだよなぁ!」
「でも約束だから守らないとね」
「そう、だな。うん。いや、別に守らなくてもいいんじゃないか?」
「ダメよ。もう割引して化粧品買っちゃったもの」
「そうだな! うん! そりゃあダメだな!」

 ジョーが若干顔を赤くしながら、取り繕うように大きな声で否定した。
 まずい。ラブ&コメディーの波動を強く感じる。誰か真面目モードに戻してくれ。頼むっ。

「ではそちらもスケジュールに組み込んでおきます」

 クラリスが淡々と告げる。
 ナイスクラリス! ナイスメイド!

「まちたまへっ! いまデートというフレーズが聞こえたんだが、まさかアリアナとそこの帽子くるくるパーマがデェトするんじゃあないだろうね?!」

 ふっ、ふっ、と前髪を吹き上げながらポーズを取りつつ亜麻クソが近づいてくる。
 デート、のフレーズは庭の隅っこで気を失っていた亜麻クソを復活させるキーワードだったらしい。
 くそっ。せっかく流れそうだったのに蒸し返すなよ。

「しない…」
「しないぞ!」

 アリアナが、バリーからもらったオ・シュー・クリームというスポンジの上にクリームが乗ったお菓子をパクパク食べながら小首を振った。ジョーもあわてて否定する。

「キミィ! このぶぉくを驚かせるんじゃあないよっ! アリアナとデェトするのは水の精霊と呼ばれしこのドビュッシー・アシルなんだからねぇ!」
「えっ…?」

 本気の疑問を顔に浮かべ、アリアナが首をひねった。
 それを見て亜麻クソは、顔面に冷水をぶち撒けられたかのような悲壮な表情になり、顔中に皺を寄せた。

「ま、まちたまへ。僕らはデェトするだろう? 未来的にさっ」
「しない」
「君はいつかうんとうなずくんだ」
「うなずかない」
「はっはっは! なんたってぶぉくと君は運命の赤い糸で――」
「結ばれてない」
「愛しのアリアナよ! この僕にチャンスをくれたまへっ!」
「そんなものはない」

 アリアナは眉一つ動かさず全否定した。

「なんということだぁはぁん!」

 涙を真横に流しながら、亜麻クソが大仰な仕草で両手を広げて卒倒した。
 池の向こうにある庭の東屋へ移動したらしいスルメとガルガインの爆笑が聞こえる。二人と話していた、父ハワードとエリィマザー、サツキも楽しげに笑っていた。遠目から亜麻クソの勇姿を見たようだ。
 にしても、打たれても打たれても立ち上がる亜麻クソのハートがまじで鋼鉄並。

「残りの売上げ金額は、細かい広告料とミラーズからのマージンですな」

 そして完全スルーして話を戻すウサックスがリアル事務員。

 俺と目が合うと、おっさん顔を真面目に引き締めて、うむ、とうなずいてくる。
 にこりと笑ってうなずき返すと、ウサックスが「ですぞ!」と気合いを入れた。

 だいたい現状が把握できた。
 ミラーズとコバシガワ商会で合わせて動かせる金の額はあとで聞けばいいだろう。
 ここからの動きはいかに先回りするかがポイントだ。
 何もせずにいれば、ミラーズとコバシガワ商会は後追いの大きな波に飲み込まれるだろう。そして会社はなくなり、誰からも忘れられてしまう。

 サークレット家の『ミスリル』による圧迫。
 サークレット家と繋がっているバイマル商会と、バイマル服飾。
 キーパーソンになりそうなサウザンド家のご令嬢、パンジー・サウザンド。
 すべて把握しつつ、その他の“後追い”をしてくる新興勢力の確認もしないとな。

 今日が三月五日。
 学校の始業式が四月三日。
 『Eimy』発売予定日が四月二十日。
 魔闘会の“中日”が五月十二日。

 逆算していって、絶対にやらなきゃいけないリストを頭で組み立ててと。

 よし、だいたい考えはまとまった。
 想像するだけで……武者震いがする。かなり面白いことになるぜ。
 最近じゃ魔法のドンパチばっかりしてたからな。企画営業めっちゃ楽しい。うきうきしてくる。

 俺の言葉を待っているクラリス、ウサックス、ジョー、ミサ、その他のメンバーに視線を向け、今後の行動を伝えるべく口を開いた。


「オッケーみんな。じゃあ明日、私は国王様に会いに行くわね」


 爽やかなエリィスマイルで告げると、突然張り手をされたような仰天した表情を作り、全員が疑問と驚愕でワインを取りこぼし、一歩後ずさりした。

「え……ええっ!?」
「ど、どうしてそうなるんだ?!」
「お嬢様、話に何の脈絡もないですぞ!」
「またこの子ったら変なこと言い出して……」
「エリィはすごいね! 国王様に会えるんだね!」
「チャンポォォォンン」
「おどうだば! おどうだば!」

 唯一、冷静だったのはクラリスだった。

「何時に登城いたしますか?」

 さも当然です、といった様子で聞いてくる。

「そうね、朝一番で早馬を出してアポを取っておきましょう。午前中には終わらせたいわね」
「かしこまりました。ではそのように」
「な、なんか絶対会える的な空気で話を進めてるけど……?!」

 ジョーがホントか嘘か判断できずに、訝しげな表情と驚いた顔を混ぜこぜにして言ってくる。確かに日本だったら、ちょっくら総理大臣に会ってくるわ、と言っているようなものだ。信じられないのも無理はない。

「大丈夫よ。私、可愛いから」

 絶対にエリィが言わない言葉を言ってみる。
 やはり、顔面がオーバーヒート。思わず両手で頬を押さえてしまった。

「ああ、顔が熱いわぁ」

 ちょっと!
 なんか勝手に声が漏れてまっせーエリィさん。
 やめてー。

「自分で言って自分で赤くなっていますわ!」
「ど、どうしてそうなるんだ?!」
「お嬢様、可愛いですぞ!」
「変な子ねえエリィったら……」
「私もそう思う! エリィ可愛いから国王様に会えるよ!」
「エェェェクセレンッ」
「おどうだば! 胸がギュンギュンしますおどうだば!」
「エリィが可愛い…」

 アリアナが抱きついてくるので、狐耳をもふもふして精神統一を図る。
 ああー浄化作用あるわこれぇ。

「クラリス」
「なんでございましょう」
「千人から二千人ぐらい収容できるホールの目星を付けておいてね。一番街の王国劇場がいいんだけど、どうかしら」

 アリアナのかぶっている獣人専用ベレー帽ごと狐耳をもっふもっふしつつ、クラリスに聞いてみる。何となくピンときたのか、彼女は恭しく一礼した。

「かしこまりましてございます。登城前に場所の確認をしながら参りましょう」
「それがいいわね」


    ◯


 翌日の早朝、クラリスに頼んで王宮に手紙を出そうとしたところ、父ハワードが登城するとのことだったので、家を出る彼にそのままお願いした。そちらのほうが上の人間の手に渡り、国王の目に触れやすいためだ。ハワードはやけに嬉しそうだったな。やはり、父親ってもんは娘に頼みごとをされると気分が浮き立つものなんだろう。

 父が家を出て、一時間足らずで早馬がゴールデン家にやってきた。
 手紙にはグレイフナー国王が使用する花押が押されており、それが間違いなく国王からの返答だと分かった。

 そんなわけで、王宮に行くなら私も行く、と家にやってきたアリアナと二人で馬車に乗り、グレイフナー大通りを進んで王宮に向かった。御者はもちろんバリーで、クラリスとポカじいが同席している。

 今日は試作品の薄ピンクのツイードワンピースを着てみた。
 エリィの金髪と薄ピンクの組み合わせが女の子感を全開にさせ、垂れ目で優しそうな表情とあいまって可愛さが天井知らずだ。しかも、ジョーに頼んだら一晩でスカートの右横にボタンを付けてくれた。ボタンを外せば即席スリットになり、ムカつく貴族に上段蹴りを入れてもスカートが破れない。まあ、そんな物騒な事態にならないことを祈る。

 アリアナは、白の割合が八割の白黒タータンチェック柄のツイードワンピースで、形がノースリーブになっており、インナーに黒のシースルーシャツを着ている。胸元にはシルク生地のボウタイ付き。細腕が上品に見えてまじ可愛い。睫毛ながっ。つーか異世界にもシルクあるんだよね。希少だから日本の四倍ぐらい高いけど。

 これで上品なお嬢様二人の完成だ。

 クラリスは馬車内でポカじいを横目で見つつ、悔しがって歯噛みしている。
 昨日、寝る前の日課になっている十二元素拳の稽古風景を見て、クラリスはポカじいの強さを知り、複雑な胸中になったらしい。魔法バカのクラリスとしては色々聞きたいけど、こんなスケベじじいには質問できない、といったところか。

「バレてると思うんだけど、どう思う?」

 俺はポカじいに聞いた。

「うむ。九割九分九厘、といったところじゃろうな」
「そうよね」
「グレイフナー国王が直接面会する時点でほぼ確定じゃ」
「その確認も含めたアポ取りだったんだけど」
「やはり魔改造施設攻略の際、あれだけの冒険者の前で落雷魔法を使ったからのう。情報が漏れたんじゃろう。さすがグレイフナー王国の情報網、といったところか」
「あれだけ派手だと…他の人に言いたくなる」

 アリアナが、深めのカップに入ったハーブティーをごくごく飲みながら言う。
 まあそうだよなぁ。
 魔改造施設の攻略には百人ほどの冒険者と兵士が参加していた。口の軽い輩がいてもおかしくはないし、人間は時間が経つと秘密事も思い出話として語りたくなる。

「それにしても呆れるほどに素早い返答だったわね」
「さようでございますね。国王様らしいご返答かと」

 クラリスが保温機能付きポットを持ち、馬車内であるのに一滴もこぼさずアリアナのティーカップにおかわりを注いで、顔をこちらに向けた。

 エリィ・ゴールデンが会いたいと言っている。
 そう国王に告げてもらい、面会の許可が出た場合、俺が落雷魔法を使用できる情報が漏れている可能性が大、と考えた。それ以外の理由で、ただの学生に国王がその日のアポを許可するはずがない。エリィが可愛くても、お国のトップにそうそう会えるもんじゃないからな。

 早朝に早馬を出した結果は――『面会許可』。

 なので、グレイフナー王国上層部にはエリィ・ゴールデンは落雷魔法使用者だ、と露見しているだろう。国王と会うなら、自分が落雷魔法使用者であることを利用してやれと思ったまでだ。バレてないならないで、別の方法で会おうと思っていたが、結果は予想どおりだった。

「王国側がどうこうするとは思えんが、間違いなくこの先、注目されるじゃろう」
「そうよね〜」
「しかも朝一番で来いと言われたんじゃ。おぬしもそのつもりで会うしかないじゃろうて」
「いずれ呼び出されていたでしょうね」
「早いか遅いかの違いだけじゃ、そう腐るでない。尻でも揉んでやろうかい?」
「いらないわよ!」
「お嬢様、何かございましたか?」

——ビタンッ

「ひっ!」

 ガラス窓に、御者席から身を乗り出して顔面を張り付けているバリーがいた。
 まじやめて。ホラーだから。強面のおっさんがめり込むぐらいガラスに張り付いてるのとか不気味以外の何物でもないから。

「バリー、怖いからやめてちょうだいと何度言ったら分かるの」
「何やら大きな声が聞こえたもので」
「大丈夫だから前を見て運転してちょうだい」
「かしこまりました」

 まだ時間に余裕があったため、千人から二千人ほどを収容できるホールの場所を三つ確認しておいた。今後の計画に必要だ。

 王宮に着き、指定の場所へ馬車を停める。

 こうして俺とアリアナ、ポカじい、クラリスは王宮の門をくぐり、シールドの団員らしき屈強な戦士に連れられ、王の間へと続く長い回廊へと足を踏み入れた。








「私だけ待機とは!? おどうだばっ!」

 バリーの叫びが背後からうっすらと聞こえ、そして消えた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ