挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
エリィ・ゴールデン ~ブスでデブでもイケメンエリート~ 作者:四葉夕卜/よだ

第三章 砂漠の国でブートキャンプ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

67/129

第36話 砂漠のラヴァーズ・コンチェルト・後編


    ○


 それからジャンジャンとコゼットは、そりゃもう甘ったるーい、コーヒーに砂糖とガムシロップと蜂蜜を入れてかき混ぜたような、幸せオーラ全快だった。目が合う度に、にへら、と笑い合っている。

 ごちそうさまです。
 もうお腹いっぱいです。

 ということでハッピーな雰囲気のまま出発の準備を進めていき、アリアナ、ポカじいと相談した結果、三日後に出発する運びとなった。
 ルートとしては『旧街道』を抜け、湖の国サイードに入り、グレイフナーへという流れになる。

 出発までの三日間は、やり残していたコバシガワ商会・ジェラ支部の立ち上げに時間を使った。

 コバシガワ商会・ジェラ支部は、主力になるデニム生地が取れる、魔物デニムートンの捕獲と加工が近々の仕事だ。サンディからグレイフナーに輸送する場合、ジェラに関税を取られると思っていたのだが、どうやら捕獲した魔物の素材は捕獲者の物、という扱いになるらしく、その後どうするかは好き勝手にしていいそうだ。まあ、乱獲できる魔物でもないし、養殖も難しそうだからその辺の管理が適当なんだろうな。
 異世界チョロいな。これはボロ儲けの予感。

 ルイボンとジェラ領主も輸出には協力してくれるそうで、さらには砂漠でしか採取できない高級化粧品の素材『ニコスクワラン』も低額で譲ってくれるそうだ。とある場所にある鉱物らしく、自社での加工が上手くいけば、直接ジェラから化粧品を輸入するより利益率が高くなるだろう。
 友人といえどもビジネスなのできっちりと書面で契約を交わし、双方に利益が出る内容にしておいた。

 そういや新人のとき、うちの財閥系列の会社が契約書関連で派手な裁判やってたな。日本人はほいほいサインしすぎ、と知人の英国人が言ってたが、強く否定できないところが痛い。契約書には気をつけましょうってことだ。

 ちなみにコバシガワ商会・ジェラ支部長はクチビールだ。
 クチビールは実に優秀で、計算は早いし、フットワークも軽く、優先事項の絞り込みが上手い。俺におしおきされて心が浄化されたせいか懐が大海原のごとく広いので、従業員が増えても彼なら纏めていけるだろう。冒険者ではなく経営者なったほうがいいと思う。

 それを本人に言ったら「やめましゅ!」と即答だった。その一言で、当面は冒険者資格を維持するのみにし、支部長として頑張る、とのこと。エリィの手助けを目一杯し、立派な男になってまた交際を申し込む、と言っていたので、そのときはまた真摯な対応をしようと思う。これは本気で愛されてるパターン。どうすんのエリィ? あー顔が熱い。

 副支部長はジャンジャン。服飾・デザインの担当にコゼット。経理、総務、人事、営業は西の商店街から信用できる何人かに、自分の店と兼業してもらう。すぐには利益が出ないと言ったが、みんな快く引き受けてくれた。どうやら、コバシガワ商会・ジェラ支部が大きくなることを完全に信じているみたいだ。商店街七日間戦争で頑張った甲斐があった。

 支部の準備に奔走していると、アグナスから秘伝魔力ポーションの成分がわかったとの連絡を受けた。べろべろに酔っ払った例の酒ね。

「どうやら少量のハーヒホーヘーヒホーが入っているみたいなんだ」

 またお前か、ハーヒホーヘーヒホー。

「エリィちゃんはこれに気づいて成分を知りたかったのかい?」
「え…ええ、そうよ」
「飲み過ぎると人が変わったように酔っ払う、というのは実家からよく言われていてね。本当に困ったときだけ少量飲むようにしていたんだ」

 あいすいません。がぶ飲みしました。

「ハーヒホーヘーヒホーを研究したいから、魔改造施設から押収したものを少し分けてもらってもいいかしら?」
「問題ないと思う。ルイスに確認してみよう」
「ありがとう」

 スカートの裾をつまんでアグナスにレディの礼を取る。

 確か、我が愛するエリザベス姉様が魔導研究所の職員だったはずだ。秘薬なんかの研究もできるだろうか。グレイフナーに帰ったら聞いてみよう。

「それから気になっていたんだけど、アイゼンバーグ達はどうなるの?」
「ああ、そのことなんだけどね…」

 アグナスが何か言いづらそうな表情で顔を顰めた。

「どうも王国側の返事がはっきりしないんだ。とりあえず身柄を寄越せの一点張りでね」
「まあ。それって…」
「そうなんだ。あの魔改造施設をサンディが黙認していた可能性がある」
「嫌な方向に話が進みそうね」
「サンディが黙認していたとすると、セラー神国との繋がりがあるかもしれない」
「サンディとセラー神国が結託して子どもを魔改造している、ということね」
「ああ。大がかりで長期的な計画だ。おそらくそれだけじゃないと思う」
「それだけじゃない、というと?」
「もっと別の何かが蠢いているような、そんな予感がするんだ」
「そう。じゃあこっちは任せたわね。グレイフナーは私に任せてちょうだい」
「計画通り、定期便で状況報告を」
「そうね。これ以上、誰かが巻き込まれるのはイヤだもの」

 考えていないわけではなかった。
 むしろ、サンディがセラー神国と繋がっていて、魔改造の手引きをしている、と考えたほうが妥当だ。魔力が高い子ども達を探すのは思っているよりも大変で、熟練の魔法使いが近距離で視認しないと発見できない。あ、ポカじいは別ね。あのじいさん、遠方からでも相手の実力判別ができるから。
 サンディ側から、魔力が高い子どもに関する情報提供がないならば、セラー神国は他国に侵入して子どもを一から捜索しなければいけない。そうなれば、時間と費用がバカにならなず、効率が良くない。サンディ側に協力させて情報を提供させたほうが手っ取り早いのは明白だ。

 もしこれが事実なら、サンディとしては絶対に露見させたくないだろうな。自国民を他国に売るなんてとこがバレたら、クーデターが起こり兼ねない。
 まあ、あくまでも推論だ。予想の一つとして考えておこう。


    ○


 出発の当日、子ども達をギランと西の商店街の人達にまかせる段取りが終わった。ギリギリになってしまったのは、最年少のリオンが俺たちと一緒にいると最後までぐずっていたからだ。
 マギーとライール、ヨシマサが宥めてくれ、何とか納得してくれた。
 大丈夫、すぐ迎えに来るからな。

 準備をすべて終えた俺とアリアナは、万感の思いで西の商店街を見つめていた。

 思い返せば、本当に色々あったな……。

 ジャンジャンの馬車に乗せてもらい、ポカじいに会って、ルイボンと怒鳴り合い、商店街七日間戦争が勃発し、修行して痩せ、冒険者協会定期試験を受けて、魔改造施設から子ども達を取り返した。

 当日に挨拶すると湿っぽくなりそうだったので、出発前日にお世話になったメンバーを治療院に招いて食事会を開いた。
 ジェラの主要メンバー全員集合って感じだった。
 コゼットとクチビールは号泣してたなー。
 ジャンジャンの優しげな顔とコゼットのおっとりした顔をじっくりと見て、忘れないよう頭に焼き付けておいた。アグナス達とも挨拶し、ギラン、チャムチャム、ヒロシ、三バカトリオの「どうぞどうぞ」を見納めし、三人娘には五年分ぐらいもふもふし、思い残すことは何もない。

 コゼットに改造してもらったリュックサック改め、小橋川バックパックを背中から下ろした。機能的なサイドポケットを増やし、腰ベルトを作り、背負いやすいようフレームを追加してもらった、異世界にない鞄だ。販売したら売れるな、これ。

 中には最低限の食糧と、着替え、野営道具が詰まっている。基本は現地調達だ。馬車で行こうか、という案も出たが、ポカじいが却下した。

「それでは行こうかのう」

 ポカじいが酒瓶を片手に飄々と呟いた。

「本当にいいの?」

 砂漠から出ても平気なのか、という意味で俺はポカじいに尋ねた。

「そうじゃのぅ。隠れ家がイカレリウスに見つかってしまったからどのみち移動せねばならん。あやつの狙いは複合魔法の詠唱呪文じゃ。このまま砂漠にとどまっていたら、また噛み付かれる。追っ払うのも骨じゃし、面倒じゃ。エリィ達とグレイフナーへ一時的に行くのもまた一興じゃろうて」
「わかったわ。……これからもよろしくお願い致します、師匠」
「お願いします…」

 ポカじいには感謝してもし足りない。修行も中途半端なところで終わっているから、ついてきてくれるのはめっちゃ嬉しい。十二元素拳の奥義修得まで是非とも!

 俺はアリアナと並んで、丁寧に頭を下げた。

「ほっほっほっほ。かわいい弟子のためじゃ。ひと尻もふた尻も脱ぐぞい」
「ありがとうポカじい。スケベだけど」
「ポカじいはすごい魔法使い。スケベだけど…」
「そんなに褒めるでない。師匠を敬うなら一日一回――」
「おしりは触らせないわよ」

 ぴしゃりと釘を刺しておく。

「これは手厳しい。いや、尻厳しい」
「変な造語を作らないでちょうだい!」

 いつものやりとりをしながら商店街を進んでいく。
 朝の六時ということもあり、オアシス・ジェラは動き始めたばかりだ。ちらほらと早起きな商人や店の人が、商売の準備をしている。主婦らしき女性があくびをかみ殺しながら、桶を持って歩いていた。水を汲みにいくのだろう。

 馬車を使わないのは、身体強化で移動したほうが遙かに移動距離が稼げるからだ。

 身体強化“下の中”で大体、時速五十キロ。
 身体強化“下の上”で走り続ければ、時速百キロ近いスピードが出る。

 アリアナは“下の上”で行動するのは一時間半が限界だから、“下の中”での移動が基本になる。ポカじいが同行してくれることになったので、訓練もできて一石二鳥だ。

 大通りを北へと進んでいく。
 オアシスをぐるりと沿って、北門へと向かう。
 すると、見慣れたシルエットが見えてきた。

 朝の爽やかな空気のもと、門兵の横で腕を組んで不機嫌そうに口を尖らせたルイボンが仁王立ちしていた。
 彼女は俺たちを見つけると、あわてて首をひねり、そっぽを向いた。

 ルイボンを横目に北門へと近づく。

 門を守る兵士が俺を見つけ「白の女神様! オアシス・ジェラはあなた様のお帰りをお待ちしております!」と敬礼して粋なことを言ってくる。

 門の真下で立ち止まり、右を向いた。
 ルイボンは意地を張ったまま腕を組み、地面をつまさきで踏みならし、遠くを見ている。
 自己表現が苦手なルイボンを見ると愛おしい気持ちが沸々と湧いてきて、自分の気持ちが伝わるように優しく声をかけた。

「ルイボン」

 エリィの美しい声色が響く。
 彼女が口を尖らせたまま、ゆっくりとこちらを向いた。

「な、なによ」

 ルイボンの両目には涙が決壊寸前まで溜まっていた。
 こちらも、涙が勝手にせり上がってきてこぼれそうになる。

「私たち、友達でしょ」

 アリアナとポカじいが一歩下がり、俺たちのやりとりを微笑ましく見つめている。
 朝の太陽がななめに伸び、北門の陰が俺とルイボンの足元で縁取られ、朝から商売っ気に溢れる商人の馬車がごろごろと通りすぎた。

「エ、エリィ……」

 ルイボンはぐずぐずと泣き始めた。

「わたし……友達……ずっとできなくて………ひっく……」
「ええ」
「それであなたが……はじめて友達……でも……うわああああああん」

 彼女はついに耐え切れなくなったのか、強情で意地っ張りな性格など忘れ、走って飛び付いてきた。
 黙って抱きとめてやると、肩に顔をうずめて、涙声で「いかないで」とつぶやき、ぐいぐいとブラウスを引っ張ってくる。

 自然と俺の目からも涙がこぼれてきた。

 ああ、これはエリィが泣いてるな……。
 胸が締め付けられて息苦しく、せつない気持ちで胸がいっぱいになる。

 エリィもさ、ずっと友達がいなかったんだ。学校でさんざんいじめられて、学校のクラスでも友達ができなくて、日記にも辛いよ悲しいよって毎日書いていた。だから、友達ができてエリィはすごく嬉しかったと思うんだよ。

 俺と、エリィと、友達になってくれてありがとうルイボン。
 俺達はいつまでも友達だ。

 彼女の背中をさすりつつ、優しく声をかけた。

「また会えるから。ねっ?」
「う゛ん」
「素敵なレディになって再会しましょう」
「う゛ん」
「すぐ会えるわ」
「う゛ん」
「湿っぽい別れはなしにしましょ?」
「う゛ん」

 ルイボンはお嬢様らしくポケットからハンカチを取り出して涙を拭く。すぐ側まで来ていたアリアナが、ルイボンの鼻を自分のハンカチでびーんとかませたあとに丁寧に拭いて、よしよしと頭を撫でた。

 門を守る兵士たちは、歩哨として直立不動のまま、涙も拭かずに号泣していた。
 うおおおおおおん、と思いっきり泣いてる。いや、仕事して仕事。

 そうこうしているうちに門を通行する人が多くなってきて、ルイボンは泣き止んで、やっといつもの調子を取り戻した。

「ふ、ふん! 今のは嘘泣きなんだからねっ! 別にエリィと別れるのなんてこれっぽっちも寂しくなんてないもんね!」
「ふふふっ。そうね。また会えるもの」
「そうよ! ジェラに来たときは仕方なく会ってあげるから! どうしてもって言うならお泊まり会もしてあげるわよ!」
「ならお願いするわ」
「そこまで言うならお化粧も一緒にしてあげてもいいわよ!」
「いいわね」
「お食事会も開いてあげるわ!」
「そうね」
「ふ、ふん! もう! 早く行きなさいよ! どこへでも行っちゃいなさいよ! バカ! 早く行っちゃいなさいよぉ!」

 地団駄を踏み、ルイボンがスカート裾を握りしめた。
 俺とアリアナは笑顔で顔を見合わせ、クスッと笑い、ゆっくりと前進する。
 前方には北門から延々と伸びる『サボッテン街道』が荒涼とした砂漠の大地に続き、真上にはこれから照りつけるであろう太陽の光が輝いていた。

 後ろを振り返り、両手を口元につけメガホン代わりにして叫ぶ。

「ルイボン、風邪引かないようにね!」
「うるさいわね! あなただって風邪引くんじゃないわよ! 元気でいなさいよ!」
「アグナスちゃんをしっかり捕まえておきなさいよ!」
「ななな、なにを言ってるの?!」

 歩き出した足は止まらない。
 踏み固められた街道の地面をブーツが捉え、俺たちを前進させる。

「ルイボン! またね!」
「バカ! もう行きなさいよ! あんたの声なんてもう聞きたくないのよぉ!」

 俺とアリアナ、ルイボンは手を振り合う。
 北門の下にいる彼女の姿がどんどん小さくなっていく。
 名残惜しくて、俺はまた息を吸い込んで叫ぶ。

「お化粧とか化粧水とか、支部のこととか、本当にありがとう!」
「べ、別にエリィのためじゃないわよ! 私が好きでやったの!」

 オアシス・ジェラが、色々な思い出ができた町が、ゆっくりと遠のいていく。

「またねーっ! 元気でーーーっ!」
「うるさぁーーーーーーーい!」

 ルイボンは自分の気持ちを上手く言葉にできないのか、地面を踏みならし、眉間に皺を寄せてこちらを睨んでいる。
 動かす足は止めず、後ろ歩きにし、小さくなっていくルイボンとオアシス・ジェラを視界におさめた。

「ルイボーーン! 大好きよーーーー!」

 あ……エリィが叫んだ。
 情熱的な別れの言葉だ。

「バイバーイ! またねえええっ!」
「エ、エ、エ、エリィィィィィッッ! さようなら! また! また必ずジェラに来てええぇっ!」

 最後は笑顔で、ルイボンは俺たちを見送ってくれた。
 よく似合っているフェミニンショートボブカットの彼女は、涙で濡れた瞳を輝かせ、俺とアリアナの名前を何度も叫んだ。

 ポカじいが合図を送ったので、身体強化をして走り出す。
 俺とアリアナは何度も振り返る。

 やがて、ルイボンの声が聞こえなくなった。

 聞こえるのは身体強化して走る足音と、風を切る音。
 前方には真っ直ぐに伸びる荒野が続き、点々と生えているサボテンが緑色の印を砂漠に散らす。厳しくも、すべての生物に平等な試練を与える砂漠の大地が、後方へと飛んでいく。

 振り返るのはやめよう。
 俺たちは砂漠を去る。
 子ども達を迎えに、また来ればいいさ。

 最後に、ジェラとルイボンのシルエットをこの目に焼き付けておこうと思い、振り返った。

 小さくなった北門の下には、ルイボンだけではなく、砂漠で出逢った人々のシルエットがあった。
 ルイボンと、その横で寄り添うジャンジャン、コゼット。アグナス、トマホーク、ドン、クリムトのアグナスパーティー。号泣しているらしいクチビール、浮遊魔法で浮くバーバラ。女盗賊と女戦士と屈強な冒険者、ジェラの兵士達。西の商店街のみんな、助けた子ども魔法使い、グレイフナー孤児院の子ども達。そして、大きく手を振るフェスティ。

 全員、手を振りながら何か叫んでいる。
 きっとアグナスが見送りの計画を立てたに違いない。

「もう。見送りはいいって言ったのに……」
「みんなエリィのこと好きだから……」

 アリアナがしんみりした声でつぶやく。

 砂漠での日々が胸に去来し、旋風のように脳裏を駆け抜けていった。喉元から、寂しさとも悲しさともつかない生温かいものがせり上がってくる。目頭が熱い。

 全員に見えるように、大きく両腕を振る。

 身体強化しているため猛烈な速さで腕が振られ、本当はもっとゆっくり振りたいのに、力が上手く抜けてくれず、もどかしい気持ちになり、さらにはしばらく会えないと思うと寂しさが湧いてきて、みんなが見送りに来てくれたことが嬉しく、自分の気持ちがよく分からなくなって叫び出したい気分になった。

「さよならぁーーーー!」

 また会える。そう自分に言い聞かし、俺とアリアナは、北門が見えなくなるまで手を振り続けた。


    ○


 寂しさを振り切り、北門を出てからはあっという間だった。

 身体強化“下の中”で三時間進んで食事休憩をし、さらに四時間進んで野営の準備だ。
 その後は、魔法の練習と十二元素拳の訓練。アリアナは鞭術練習。

 一日の移動距離は時速50キロとすると、50×7で350キロか。
 途中で魔物に襲われてる商人を助けたり、行商人から食糧を買ったりしていたから走行距離は350キロより少ないだろう。

 それにしても生身の人間が原付ばりのスピードで走るって、完全にツッコミ待ちでしょ。

「そんなバカな」
「どうしたの…?」

 久々の一人ノリツッコミをすると、アリアナがこてんと首をかしげた。

「アリアナは可愛いなぁと思って」
「……もぅ」

 俺の誤魔化しの言葉に、素直にはにかむ狐美少女の反則的なプリティさね。
 どこのアイドルよりもキュートだわ。

 なんてことを身体強化で走りながら話しつつ、どんどん進む。
 バックパックを背負ってのランニングにも二日ほどで慣れ、さらに走行距離が伸びる。
 アリアナが身体強化のコツを掴んだのか、“下の中”と“下の上”を混ぜての長時間ランニングにも耐えれるようになってきた。

 商人や旅人を走って追い越すと、みんなびっくりするんだよね。
 馬車より速く走る美少女二人と酒を飲むじいさんの図。そら驚くわ。
 身体強化で旅するのは郵便配達員ぐらいらしい。

 『サボッテン街道』を北上し、『サイード』という宿場町で一泊して、『旧街道』の入り口を守る兵士にジェラ領主の通行手形を見せた。
 あっさりと門を通過でき、正直、拍子抜けした。


    ○


 旧街道からは、がくっと移動距離が落ちた。
 魔物のせいだ。

 街道に使用されているレンガには、魔物除け効果のある魔頁岩石と、魔物が嫌う臭いを発する金木犀が練り込まれており、低ランクの魔物は近づいてこない。
 そのため、Cランクが頻繁に現れる。

 危険度Cランクの魔物は、上位魔法一発で大体倒せる。
 下位魔法でも上手くやれば一撃だ。敵には種族特性や魔法耐性があるため、見極めて魔法を使わないと泥試合になる。

 でもさ、“落雷サンダーボルト”一撃で倒せるんだよな……。
 バリバリ、ドカァンで一発。
 途中で出現した、フィフスドッグっていう頭が五個あるBランク魔物も一撃だった。

 訓練にならないから、“落雷サンダーボルト”は禁止され、十二元素拳のみで倒すように指導を受けた。
 拳で魔物を退治するってファンタジーすぎる。
 田中が見たら泣いて喜ぶな。
 大事なのは思い切りの良さと平常心で、最初は生物を殴るという行為が躊躇われたものの、中途半端に攻撃するとすぐさま反撃されるため、半日ほどで吹っ切れた。

 ついでに言うと「やあっ!」ってものすごい可愛らしい声でパンチして、魔物が吹っ飛んでいくのは現実感がなさ過ぎる。まあ、それをいったら、アリアナが鞭で猿の魔物を滅多打ちにしてるのも、作られた映像っぽくて現実感がないが。
 狐耳の美少女が鞭で魔物を倒すって……完全にアメコミかアニメの世界だろ。田中が見たら狂喜乱舞するぞ。

 出てきたCランクの魔物は、トリニティドッグ、ガノガ猿、蛇モグラ、魔式コウモリ、ジャコウオオカミ、魔火鳥、グリーンパンサーの七種だ。Bランクの魔物は、フィフスドッグだけ。

 アリアナとの連携を高めるために下位魔法のみで二人で敵を殲滅したり、身体強化の攻撃のみで倒したり、一人ずつ魔物を相手にしたりと、ポカじいから様々な実戦訓練の指示が出される。
 二人で課題をクリアしつつ、奥へ奥へと進んでいく。

 旧街道一日目は交替で見張りをしなが野営。
 旧街道二日目は第一休憩地点で野営をした。

 この『旧街道』には休憩地点が五つ存在している。
 人々の往来が激しかった時代に作られた、魔除けの“金木犀キンモクセイ”を大量に植林したキャンプ場がまだ使えるのだ。かれこれ百年は経ってるんだとか。

 安全地帯なので火を起こし、米を炊いて今食べる用と朝ご飯用におにぎりを作り、横でアリアナがトマトベースのスープを作る。ポカじいは野草を取ってきて“ウォーター”でよく洗い、サラダにして皿に盛りつけた。
 百年前に設置されたであろう風化したベンチに三人で座り、焚き火を囲む。

「ねえポカじい。もっと早く進めないかしら」
「ふむ。はやる気持ちはわかるがのぅ、こういった場所で実戦できるチャンスはグレイフナーに戻るとないじゃろう。わしはじっくり進みたいと思うておる」
「早く帰りたい気持ちは分かるよ。でも、私はもっと強くなりたい…」

 アリアナが珍しく反対意見を出した。
 そうか、彼女にはガブリエル・ガブルを倒すという目標があるんだ。早く帰ってエイミーやみんなに会いたいが、ここは親友のために歩調を合わせよう。どのみちジェラで相当足止めをくっている。一日や二日なら変わらない。

「そうね。そういうことならじっくり進みましょう」
「ん……ありがとエリィ」
「いいえ」
「ポカじい。明日新しく憶えた魔法、試してもいい…?」
「ええぞ。まずは敵と距離を取って使ってみようかの」
「うん…」

 見た目も威力も強烈だからな、あの魔法。


     ○


 朝になり、準備体操をして身体強化“下の中”で街道を走る。
 ところどころ壊れている赤レンガを踏みしめ、左右に気を配りつつ進む。左手にはちらほらと木々が生え、右側は窪地になったり、途中で池があったりと、開拓されていない自然がそのまま残っている。

 粘っこい独特の空気が顔をなでつけるため、あまり気分がいいランニングとはいえない。
 旧街道は魔物の臭気がいたるところで発せられ、嫌が応にも人間の勢力圏外だということを肌で感じてしまう。

「どうもおかしいのう」

 ポカじいが走りながら器用に酒を飲み、何気ない口調でつぶやく。

 確かにそうなのだ。
 今日に限って魔物がまったく現れない。

「そうね」
「ん…」

 アリアナも警戒しているらしく、狐耳をひっきりなしに動かしている。

「ふむ。ちいと見てみるか」

 ポカじいは今からコンビニ行ってきます、みたいな気軽さで魔力を練り始め、身体強化をして走っているにも関わらず詠唱を始めた。

「右に或るは星の瞬きを捉え、左に或るは輪廻を観測し、或るべき姿を捉え解明する……“暗霊王の魔眼(クレアボヤンス)”」

 朗々と詠唱を読み上げると膨大な魔力がポカじいの両眼に集結する。
 閉じられたまぶたが開かれると、白目の部分が金色、黒目の部分が真っ白になった、不気味な瞳が現れた。

「木魔法上級、魔眼魔法……」

 アリアナが驚愕してポカじいを見ている。

 木魔法上級?!
 相変わらずうちの師匠は規格外だな。身体強化しながら上位上級唱えるとか、すごいを通り越してもはや変態的だ。
 どうやら時間制限付きで、両目が透視能力を持つ魔眼になるらしい。

 亡霊みたいな両目でポカじいはじっと街道の前方を睨みつけ、眉をしかめた。

「このような場所に邪竜蛇とはのぅ…」

 ポカじいが独りごち、さらに言葉を紡ぐ。

「数人が交戦しておる」
「じゃりゅうへび?」
「危険度AAランクの魔物じゃ」
「うそ?! AAっていったら上位上級魔法でも倒せるかどうかの魔物じゃないの!」
「ちぃとまずい状況じゃのぅ」
「えっ?」
「……?」
「行くぞい!」

 ポカじいが叫ぶと、爆音が前方から七発響いた。ビリビリと空気が震え、微かに周囲が振動する。

 なんだ今の魔力の波動は?
 上位上級レベルだぞ。
 使ったのは敵か味方か? いや、そんなことより移動だ!

「身体強化を“下の上”まで引き上げ全力で走るんじゃ!」
「はい!」
「ん…!」

 ポカじいの指示通り、魔力を練り込んで身体強化を一段階上げ、全力疾走する。
 特急電車に乗っているみたいに景色が後ろへ飛んでいき、踏み込んだ足元のレンガが弾ける。
 動線上にいたガノガ猿をポカじいが蹴り飛ばし、俺とアリアナは跳躍してかわす。

「左手の小高い丘へ! アリアナは新魔法で敵を足止め! エリィは“極落雷ライトニングボルト”を詠唱じゃ! 全力でやらんと死ぬぞい!」

 現時点で、俺とアリアナが使える最高威力の魔法を指定してきたポカじいの指示からして、相当に厄介な魔物らしい。
 うなずいて了承し、街道を外れて一気に駆け上がる。

「ッ……!」
「……?!」

 敵の不気味さに俺達は思わず息を飲んだ。

 五十メートルほど先の眼下には、尻尾がちぎれた大蛇がのたうち回っていた。頭に透明な羽がくっついており、限界まで裂けた口からは醜悪なよだれが垂れ、表皮は黒光りして人間の頭ほどあるコブが不規則に盛り上がっている。

 邪竜蛇の前に、二人の冒険者らしき人影が見える。

「誰か戦ってる! 助けるわよ!」
「ん……!」

 俺とアリアナは身体強化を切り、限界の速度で魔力を循環させる。

「深紅の涙は汝を漆黒へといざない……」

 アリアナが新魔法の詠唱をする。
 集中し、魔力を練り上げる。


――――!!!!?


 ええええええええええっ?
 ちょっと待って。
 てゆうかよく見たらあれスルメとガルガイン?

 奥の方でエリィママ倒れてるし。
 さっきの爆発は絶対エリィママだろ。

 エイミーとテンメイが奥に向かって走ってる。
 ってテンメイも旧街道に?! 誰か説明プリーズ!

 スルメとガルガインが標的なのか、邪竜蛇がおもむろに移動する。
 やばいやばいやばい。

 余計なこと考えるな。集中だ!

「神聖なる戦いを弄び……」

 アリアナが新魔法の詠唱をさらに進める。
 全力で魔力を循環させ、じりじりと魔法の完成を待つ。

 スルメとガルガインは、邪竜蛇に向かって剣とハンマーを向ける。
 蛇が不気味な咆吼を上げ、ひやっとして思わず目を見開いてしまう。

 ゆらゆらと蛇が巨体を揺らし、人間を丸呑みできる大口を開けた。
 スルメがやられる! 何度も咀嚼されて味が出て死ぬ!

 もう魔法ぶっ放すか?!
 いや我慢だ。
 “極落雷ライトニングボルト”は発動させてからタイムラグがあるため、魔法を撃ってから移動されたら当たらない。

 アリアナ、早く!
 限界ぎりぎりまで待つ!
 だから早く!

「赤く染まる……」

 邪竜蛇がさらに口を開けたところで、アリアナが大きく息を吸い込んだ。

「“血塗れの重力(ブラッディグラビティ)十字架クルーシファイ”…!」

 アリアナが両手を邪竜蛇に向かって振り下ろす。

 奇妙な重低音が響き、多角重力干渉、黒魔法中級派生“血塗れの重力(ブラッディグラビティ)十字架クルーシファイ“が発動し、赤黒い十字架が邪竜蛇にまとわりつく。重力のベクトルが一方向ではなく、対象の形に合わせて多角的に発生するため、ただ重力を倍化させる“二重・重力(ダブルグラビトン)”より拘束力が遙かに強い。

 邪竜蛇がアリアナの新魔法で血のように赤く染まり、地面が真っ黒に変色した。
 突然の拘束に対応できず、苦しそうに身もだえ動きが止まった。

 新魔法を実戦で成功させるとはさすがアリアナ!
 あとでご褒美のもふもふをプレゼントフォーユー!

 間髪入れず、邪竜蛇に向かって指を打ち下ろした。

「“極落雷ライトニングボルト”!!!!!」

 魔力が指先から急激に抜けていく。
 それと同時に、静電気が邪竜蛇の頭上で小さく起こると、千年生きた大樹のような光の柱が、怒りの咆吼を上げて地面に叩きつけられた。さらに何本もの電流が絡まり、巨大な一本の電流になって醜悪な皮膚を貫いて体内に入り込み、およそ生物が耐えきれないエネルギーで肉体を削り取って通過し、邪竜蛇を蹂躙する。大蛇を貫通した落雷は地面で爆ぜ、土と岩が盛大に爆散した。

 スルメとガルガインが、あまりの波動で吹っ飛ばされ、ごろごろと地面を転がる。
 邪竜蛇は己の身体をなくし、首だけになって完全に沈黙した。
 やがて、周囲が静けさに包まれる。

「アリアナ!」
「ん…!」
「ほっほっほっほ、上出来上出来」

 俺たちはハイタッチをし、ポカじいが顔を綻ばせる。
 あぶねー。冷や汗かいたぜ。

 いち早く立ち上がったスルメが、狐につままれたような顔で口をあんぐりと開け、正気に戻ると「はああああああああああああああああああああああっ?!?!」と叫んだ。

 離れたこっちまでしっかり聞こえる大音声だ。
 相変わらずうるせえ奴だな。

「だからモテない…」
「ふふっ」

 アリアナの言葉に含み笑いを返し、俺は身体強化をして小高い丘から飛び降りた。
 かれこれ半年以上会っていなかった、バカな男友達を見て、つい笑顔になってしまう。

「スルメーーーーーーーッ!」

 ぶんぶんと手を振って駆け寄ると、あんぐりと口を開けた、見れば見るほど味が染み出てきそうなしゃくれ顔のスルメが近づいてくる。
 スルメは俺を見ると、開いていたしゃくれ口を閉じ、目をまん丸にした。

「スールーメーーーーーッ!!!」

 泥で汚れた皮鎧とハーフプレートなんぞ気にせず、思い切り飛び付いた。
 嬉しいときは飛び付く。これぞゴールデン家流。

 随分と精悍な体つきと顔つきになっているスルメの成長が垣間見え、嬉しくなって抱きついたまま顔を見上げる。
 スルメは困惑した表情で、俺の顔と胸元を交互に見ていた。何を言えばいいか分からないらしい。

「久しぶりっ! もうほんとに危ないところだったじゃないの。私達が来てなかったらどうするつもりだったの?」
「はっ……?」

 スルメは事態が飲み込めず、エリィの美しい顔と、胸元と、邪竜蛇の生首へ何度も目を走らせる。

「まあ今回のことは貸しにしておいてあげるわ。いいわね、スルメ」
「……あれ、おめえがやったのか?」
「ええそうよ」
「てゆうか…………おめえ、誰?」
「エリィよ。エリィ・ゴールデン」
「エリィ………………ゴールデン?」
「そうよ」
「エリィ………………………………ゴールデン???」
「ええ、そうよ」

 抱きついていたスルメから離れ、ブラウスの裾をつまんで一礼した。
 今日はスキニージーンズなのでスカートで一礼できないのが残念だ。

「……はあっ?」

 スルメは、俺の顔を見て、胸元を眺め、美脚を見つめ、長い沈黙を作る。

 しばらく何かを言おうと逡巡したが、上手く考えが纏まらなかったらしく、スルメは錆び付いた機械のようにゆっくりと顔を上下させ、目をまん丸くし、眉間に皺を思い切り寄せ、しゃくれた口をあんぐりと開け、目をしばたたかせたあと、喉から声をひねり出した。

「………………はああっ?」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ