挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
エリィ・ゴールデン ~ブスでデブでもイケメンエリート~ 作者:四葉夕卜/よだ

第一章 エリィとイケメンエリート

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

5/123

第5話 エリィの日記その2

 俺は本腰を入れてエリィの日記を最初から読むことにし、太い腕を伸ばしてランタンを引き寄せた。
 丸くて可愛らしい字で、丁寧に書いてある。几帳面な性格だったのだろう。


『○○年×月△日

 私はエイミー姉様とお話をしていると、嬉しい気持ちと悲しい気持ちで、時たま混乱してしまう。あんなに美しいエイミーお姉様と私が姉妹であることが信じられない。今日、お父様に私は養子なのかと聞いたら、ひどい剣幕で叱られてしまった。

 やっぱり私には信じられない。

 せめて私にエイミー姉様の十分の一の美しさがあればと、鏡を見ていつも思う。どうして私はこんなにデブでブスなんだろう。

 それに、エドウィーナ姉様は身長が高く、聡明で、スタイルがとてもいい。タイトなドレスを着たエドウィーナ姉様を、紳士達が振り返って確認していた様子を私は何度も目撃している。男性は、女をよく品定めしている。私が通りすぎたときに振り返るのは、私がデブでブスだからだろう。こんなに太っているのは町で私ぐらいしかいない。
 私はお姉様が大好きだけど、ブスでグズの私のことをエドウィーナ姉様はあまり好きじゃないみたいで、ちょっと悲しい。年が離れてるし仕方ないのかな。

 エリザベス姉様はゴールデン家の特徴である垂れ目ではなく、釣り目で大きな瞳。うらやましい。気が強い姉様に見つめられると簡単な殿方なら、なんでも言うことを聞いてしまう。ちょっと怖いけど、美しくて素敵な姉様だ。もちろん私はエリザベス姉様のことも綺麗で大好きなんだけど、やっぱりお姉様は私のことが好きじゃないみたいだ。こんなデブと町を歩いたら恥ずかしいもんね。

 私も綺麗になりたい。でも、どうせそれは無理だ。

 せめて魔法がうまくなればみんな私のことを褒めてくれるかもしれない。

 魔法学校に入学したら、とことん魔法の練習をしよう。デブの私が剣術や槍術をやってもたかが知れている。自分なりに頑張ってみよう』


『○○年××月△日

 今日は入学式だ。入学祝いと12才のお祝いもしてもらった。
 エイミーお姉様が自分のことのように喜んでいてくれたことが私は嬉しかった。

 お父様、お母様、エドウィーナ姉様、エリザベス姉様はあんまり喜んでいなかった。なんでだろう。私が歴史ある有名校に入ることを心配しているのだろうか。私のことをゴールデン家の恥だと思っているのかもしれない。仕方ないよね。

 こんなこと考えていても何もはじまらないよ。
 緊張でうまく話せるかわからないけど、学童でほとんど友達ができなかったし、グレイフナー魔法学校では友達をたくさん作りたいな』


『○○年×月△△日

 光魔法の適性があった私はライトレイズのクラスになった。ゴールデン家はその名の通り、鉱物や自然に関係した「土系統」「水系統」の適性者が多いとお母様から聞いていたので、私は特別なのかと思ってしまう。きっとエイミー姉様に話したら喜んでくれるだろう。

 適性検査が終わった後、クラスの自己紹介のときに何人かの男子生徒が私を見て笑った。すげーデブだ、と小声で言っていたのが聞こえてしまい、悲しい。でも、こんなことはいつものことだ。お母様やエイミーお姉様が言うように真心をこめて人と接すれば、いつか友達ができるはずだよね』


『○○年×月△日

 お昼休みにお弁当を食べようとしたら、中身がからっぽになっていた。その日は食堂がお休みなのでみんなお弁当を持ってくる日だった。クラリスがお弁当の中身を入れ忘れるはずがない。
 自己紹介のときに私のことをバカにしていた男子生徒がこっちを見て笑っていたので、私は勇気を出して、問いただした。彼は否定したけど、ズボンにクラリス特製のソースがついていたので言い逃れはできない。
 私が、人の嫌がることをしてはいけない、と言ったら、彼に、食い意地の張ったデブがうるせえぞと言われた。あんまりだ。ひどすぎるよ。私は何も悪いことしてないのに。

 次の時間、おなかがすいて、おなかが何度も鳴ってしまった。

 クラスのみんなは私のことを見てくすくす笑っていた。男子生徒は先生に見えないように腹をかかえて笑っていた。
 私は恥ずかしくて、その授業が終わった後、すぐに学校を早退した。
 レディがお腹を鳴らすなんて、恥だ。
 お母様に言ったら叱られてしまう。明日学校にどんな顔をしていけばいいんだろう』


『○○年×月△日

 クラスではグループができあがりつつあって、私はどのグループにも入っていなかった。別にグループに入りたい訳じゃない。ただ友達がほしい。学校の帰りにカフェに寄ったり、一緒に勉強がしたいだけ。そういう普通の学校生活が私の憧れだ。
 エイミーお姉様は四年生なので時々、学校で見かける。いつも素敵な友達と一緒で、男子はみんな姉様を見てため息を漏らしていた。あれだけ美人だからね。私にも少しだけ分けて欲しかったな』


『○○年×月△日

 クラスで一番お金持ちのサークレット家の次女、スカーレットが、私の杖を隠してしまった。次の実習で必要なのに、なんてひどいことをするんだろう。
 彼女に理由を聞いたら、私が太っていて邪魔で黒板が見えないから、と言われた。そんなことで大事な杖を隠すなんてひどすぎる。言ってくれれば頑張って脇にずれたり身体を倒したりして黒板が見えるようにできたのに。
 そのことを彼女に言ったら、いちいちうるさいから話しかけるなと言われた。
まわりにいた女の子達にもなぜか嫌われてしまった。私を見る目が冷たかった。

 エイミー姉様に相談したら。姉様は泣いてしまった。
 姉様はすぐにでもお父様に話すと言っていたけど、私はこれ以上お父様をがっかりさせたくなかったので、秘密にしておくよう姉様にお願いした。

 姉様は、エリィの優しさに気づいてくれるひとがきっと現れるとも言ってくれ、私の頬に優しくキスをしてくれた。エイミー姉様のおかげで、少しだけ気分が軽くなった』


『○○年×月△日

 入学から一ヶ月。友達ができない。
 ひとりでいるのがすごく寂しい。勉強はまだついていける。
 実習はようやく杖が見つかったので、参加できるようになった。もう杖を隠されないように、制服の内ポケットに常に入れておくことにした。

 今日の授業でもペアを組むはずが、ひとり余ってしまい、先生とやることになった。
 これはこれでお得なのかもしれないけど、私も誰かと一緒に実習をしたい。
 どうやって友達を作ったらいいんだろう』

 エリィはいじめられていたのか…。
 どこの世界でもいじめなんてもんは存在するんだな。俺にはいじめをする奴らの気持ちがさっぱりわからないし、いじめられている奴の気持ちもわからない。だが、エリィの日記は俺の心を強烈に刺激する。

 その後の日記は、散発的に書かれていて、主にいじめられたことについてと、友達を探そうとしている前向きな文章が書かれていた。

 エリィ健気すぎ。
 もう読んでて、つらい、俺。
 胸、いたい。

 彼女はろくに友達もできないまま、二年生になった。
 クラス替えはあるようだが、年に一回ある適性検査がどの分類になるかでクラスが決まるらしく、日本のように学年ごとにランダムでクラスが変わる訳ではない。

 クラスは全部で六種類。
 「光」「闇」「火」「水」「風」「土」の六系統に分類されていて、適性が変わることはほとんどないようだ。よって学年が上がってもクラスメイトはほぼ変わらない。一年の勉強の成果で、特例的に適性魔法種が変わったりもするが、クラス移動のほとんどが家の事情や、転校であった。さらに付け加えると「光」「闇」は六種の中でもレアのようで、「光」「闇」クラスは1クラスのみだったが、他四種は3クラスある。めったなことでクラスメイトが変わることはないだろう。

 当然、いじめの首謀者であるサークレット家の次女スカーレットとも、エリィは同じクラスになり、いじめは止まらなかった。

 サークレット家の次女スカーレット、リッキー家の長男ボブ、このふたりが中心になってエリィにちょっかいを出していた。

 俺は胃に穴が空きそうになりながらも決して手を止めずに日記のページをめくった。
 そんなつらい内容を打破する日記が百ページぶりぐらいに現れた。心なしか可愛らしい丸文字が大きく感じる。


『○○年×月△日

 図書室でクリフ・スチュワード様とお話しをした。
つい朗読して魔法書を読んでいると、あの方は私の声が妖精のように澄んで美しいと言ってくれた。たとえそれが声だけだったとしても、異性に美しいと言われて、私は顔が熱くなった。きっと真っ赤になっていたと思う。

 クリフ様は目の病気で、残念ながら視力がない。
 だからこそ私の声を聞いてそう言ってくれたのかもしれない。

 クリフ様のお顔は美しかった。瞳は晴れた大空のような淡いブルーをしていて、病気のせいなのかわからないけど、白目の部分が光にあたるとラメが反射するようにキラキラと輝いた。どこをみているか分からないはずなのに、その目はすべてを見通しているようだった。金色のまつげに太陽の陽射しが当たると、私は何も言えずに、ただその美しさに見惚れた。
 鼻筋もまっすぐで、口元は優しそうにいつも微笑んでいる。
 黄金の髪は肩口まで優雅に伸びていた。

 そのことを話し、私の容姿のことを話すと、あなたの髪の色とおそろいで光栄です、と笑ってくれた。

 ああ、なんて素敵なひとなんだろう!』


『○○年×月△日

 クリフ様とお昼に図書館で会う約束をした。
 彼は読めないけど本がとても好きだった。私に朗読をしてほしいそうだ。
 私は即オーケーをした。
 そして見えていないのをいいことに、ガッツポーズをしてしまった。最近流行っている、拳闘士のガッツ・レベリオンが試合で勝ったときにするポーズ。やってみると、なんだか楽しい気持ちになれた。レディには向かない仕草だけど今日ぐらい、いいよね。
 だってあのクリフ様と毎日ご飯が食べられるなんて。しかも、スチュワード家の執事が私のお弁当まで持ってきてくれるのだ。もらっている食堂代がおこづかいになっちゃう。クリフ様に何かプレゼントを買ってあげようかな。
 早く明日になってくれないかなぁ。
 こんなに学校に行きたいのは、生まれて初めてだ』


『○○年×月△日

 クリフ様とお昼を一緒になってから一週間。
 毎日がすごく楽しい。
 私は本を読むことが少しでもうまくなるように、近くの孤児院で朗読会のお手伝いをするようになった。引っ込み思案の私にとっては天地がひっくり返るほどの進歩だと思う。
 今日はグレモン・グレゴリウス著「光魔法の理」という五年生で使う教科書を読んだ。しばらくはこれになるけど平気かな、とクリフ様がおっしゃったので、私は光の速さでオーケーをした。内容は難しいけど、いずれ私もやることになるのだから損はない。というよりクリフ様と一緒にいて損なことなんて何一つない。
 授業で、私ができない魔法をわざとやらせて、スカーレットとその取り巻きに笑われたことなんてどうでもいい。どん底の一年間から私を救ってくれたクリフ様、ありがとう。そして大好きです。
 クリフラブ! クリフラブ!』

 クリフ熱がやべえ。
 つーかクリフまじで神だ。俺の次にイケメンだと認定しよう。

 エリィの日記はしばらくクリフと過ごした昼休みのことが書かれていた。
 というより、それしか書いてない。
 やっとできた自分の居場所だもんな。嬉しかったんだろう。俺も嬉しい。

 あとは朗読会をやっている孤児院のこともちょいちょい出てきた。
 彼女はひたむきになれる努力家だ。好きな人のために頑張れる熱いハートを持った情熱家だ。うん、俺と同じだ。案外、俺とエリィは似ているのかも知れないな。

 しばらく読み進め、二年生の冬まで時間が経過した。
 エリィの年齢は、いま俺が開いている日記のページでは13才。日記のページ数は残りわずかだ。厚さ的にあと三ヶ月分ぐらいの分量だろう。

『○○年×月△日

 孤児院の朗読会にも慣れてきた。子ども達はすごくかわいい。

 男の子達はすぐ私のことをデブだと言う。やんちゃですきっ歯のライールと、黒髪で黒い瞳のヨシマサは特に口が悪く、いつも私のことをデブだデブだと笑っている。今日は朗読中に走り回っていたので、静かに座りなさい、と叱ると、不機嫌そうに床に音を立てて座った。
 しばらく朗読をしていても聞いている様子がないので、手招きをした。冗談のつもりで自分の膝を叩いてここに座りなさいとジェスチャーすると、悪ガキふたりは膝の上に乗ってきて、柔らかいからずっとここがいい、と笑った。そのあとは真剣に朗読を聞いていた。朗読会をやってからずっとなついてくれなかったので、とても嬉しい。いつの間にかみんな私に寄りかかってくる。みんな私の弾力のある体に軽く肩をぶつけたりして、おもしろがっていた。
 子ども達の小さな身体は、暖炉のように温かかった。デブでよかったと思ったのは今日が初めてだ。

 気づいたら私は泣いていた。みんなが必死になぐさめてくれた。子ども達のその行動で、私はまた涙が止まらなかった。
 泣いちゃだめだと思えば思うほど、涙がたくさん出てしまった。

 デブだって真心で接すれば思いは通じるんだ。エイミー姉様の言っていた通りだ。
 デブでブスだっていいんだ。

 クリフ様が子どもには天使が宿る、とおっしゃっていたのは、こういうことだったのかもしれない。あの子達は私にとって天使だ。ずっと大切にしていきたい』

 俺は不覚にも号泣した。
 ちくしょう、涙が止まらねえ。

 うおおおお、エリィ!

 お前はレディだよ。素敵な女だ!
 ブスでデブかもしれないが、心は綺麗で清らかな女子だ!

 俺は手鏡を取って覗き込んだ。

 でもブスだあああちくしょー!

 俺は手鏡を絨毯に叩きつけた。

 子どもネタは昔から弱いんだよ。映画だってドラマだって子どもが絡んでくると、涙腺がゆるくなってしまう。
 それに、エリィが自分をはじめて認めたのだ。両親には認められず、美人な姉三人とは毎日のように比較され、クラスでは陰湿ないじめにあい、友達ができなかったエリィ。内気で弱気で、それでも優しい心を持っているエリィが、ようやく自分自身を認めることができ、居場所を得たのだ。

 エリィおまえは本当に強い子だよ。
 俺が同じ境遇だったらどうしなっていたかわからない。幸い、俺はイケメンで頭も良くて性格も良かったから、努力すればすぐに報われた。いやこれは決して自慢じゃない。事実だ。でもエリィはどうよ?
 家族からはちょっとハブられ、クラスではいじめられて友達もいない。それなのに、おかしいことをされたらいじめっ子に勇気を出して進言し、愛する人のために孤児院で朗読の練習をし、子ども達にデブだデブだとバカにされても冷たくせず、真心があれば必ず伝わると清らかな心を持って人と接していた。デブでブスじゃなければ、さぞみんなに愛された人気者だろう。

 クリフはそんなエリィの優しさに惹かれて朗読をお願いしたんだろうな。

 しかもエリィは無謀にもクリフの目を治そうと、光魔法の研究まで始めていた。
 かなりの本を図書室で読んで、相当量の練習をしていたようだ。どうやら魔力量が少ないので、練習は捗っていなかったみたいだが、普段の勉強をしっかりやって、その後にできる限りの資料を集めていた。

 日記は冬休み、正月、三学期へと入る。学校の休み周期は日本とほとんど変わらないみたいだ。
 エリィは昼休みにクリフと会い、孤児院で朗読をし、空いた時間で光魔法の特訓をしていた。字体が一年生の頃よりはっきりとしたものになり、自分に自信がついてきたのではないかと俺は予想した。事実、いじめの首謀者であるバカ二人を、堂々と反論して追い返していた場面もあった。
 クラス内では、やはり居場所がなくて辛い、悲しいと書かれていたものの、一年生の頃より陰湿なシーンは出てこなかった。

 これは、このまま何事もないまま日記が終わるのではないだろうか、と思ってしまう。
 自分に自信のないひとりの女生徒が、自分の居場所を見つけて一生懸命頑張る日記なのだ。あの雷雨の日、池に落雷したのは単なる偶然で、彼女の悲痛な号泣や絶望にゆがんだ顔は、魔法の研究がうまくいかなかったからではないか。そう予想して結論づけようと、次のページをめくったところで、俺は手の震えが止まらなくなった。

 日記の文字が殴り書きになっている。
 彼女のものとは思えない、傾いた汚い字で、長文が記されていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ