挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
カジヤノキヤクビト 作者:No.

工房日誌 2017.3~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

69/338

3月6日雨 『教師1名』

急いで書いたので、短く、浅いです。ご勘弁(^-^;
「新しいの、入ったぞー」
「そうですか。少し見せて頂きましょうかね」

黒い正装に眼鏡を身に付けた、人の良さそうな男が店の前に立っていた。仕草のひとつひとつが丁寧で、まるで手本のような動作であるためか、妙な威圧感を感じる。

「ああ、すみません。我輩はクラウド・クロスバードと申しまして、この近くの寺子屋で勉学を教えています」
「そうか? あまり見ねぇ顔だが」
「人前に出るのが恥ずかしくて、挨拶回りをしていないのですよ」

照れた素振りなど微塵もなく、頭を掻いて笑っている。

「そうかい。うちにも勉強を見て欲しいやつが居るんだが、お前んとこで何とか出来ないか?」

森出身の外見幼女と、甘党スナイパーである。この二人は少しだけ常識に欠けている気がする。

クラウドは困ったような顔に、笑みを浮かべて首を横に振った。

「我輩の寺子屋では授業料が高いため、あまりお勧めはしません」
「ん? 国が作ったやつとは違うのか?」

国が各所に設置した学問所なら、あまり高額な金銭を要求しないはずなのだ。

「はい、民間です。どうやら、うちの寺子屋は他所とは違う教育をするそうで、通常よりもお金が掛かるんですよ」
「何が違うんだ?」
「人です。教育者が異なれば、勉強する形も違いますし、集まる人を選べば、育まれる人間性も異なります。ようは、間引きですね」

残念そうにクラウドが言うと、カルラは呆れた溜め息を吐いた。

「おんなじような人間集めて育てるよりも、色んな人間の中で育てた方が育つと思うんだがな。何せ、質のいい人間を育てようって訳じゃねぇんだ。質が悪くても誇れる人間くらいなら、医者の家だろうと、宿屋だろうと、鍛冶屋だろうと、学が無くても育つんじゃねぇか?」

カルラは小雨の降る空を見上げた。なんとも暗い淀んだ雲だまりだった。
クラウドは何か晴れたような、そんな笑みを見せて言った。

「……そうかもしれません。それでも人は、人が良いと言った場所を求めるのです。我輩はその期待に沿った人間でありたいです」
「そうか。なら、頑張んなきゃな。ガキは成長が早ぇから、すぐに追い抜かれちまう」
「我輩も、勉強しなくてはいけませんね」

最後は本当に、彼は笑ったように思えた。雲の隙間には、日の光が僅かに差し込んでいた。

クラウド・クロスバード(24)
備考……もはやダブっているのかも分からない名前で、確認する間もありませんでした。第一人称はとある猫から。
あれは先生じゃない? 知らんな。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ