挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
カジヤノキヤクビト 作者:No.

工房日誌 2017.2~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

47/341

2月12日曇り 『司書1名』

「新しい本が入ったわよ」

古い紙の臭いが漂う埃っぽい広間に、女性の声が響き、並べられた本棚の森に消えていく。
褐色の肌が特徴的な彼女は、つまらなそうに前方を見る。
そこには木造の床を軋ませながら、長身の男がいくつかの本を手に持って近づいて来ていて、彼は三メートル先で立ち止まった。

「久しぶりだな、ライブラ」

受付台の向こうに座る眼鏡の女性に向かって、カルラはそう言った。
名前を呼ばれた、ライブラは美人に整った顔を不機嫌そうにしかめ、静かに唇を動かした。

「カルラ君、遅すぎだとは思わないのかしら?」

そう言われても反省する気配を見せないカルラは、随分と以前に借りた書物を受付台の上にどっかり乗せた。

「そうか? とりあえず、生きてる内に会えて良かったじゃねぇか。いつ死んでもおかしくはないだろ?」
「私、そんなに歳を取っていないのだけれど」
「人間の世界だと、百を越えてりゃババアだ」
「人間って不便よね」

道具の性能差みたいに言うんじゃない。
まあ、今日はそんな話をするために来たわけでもないから、反論なんて意味のないことをするつもりはないけど。

そんな話をしていると、後ろで小さな足音が近づいてくる。

「カルラさん、置いてかないでくださいよ~」

馬車の代金を払っていたシュラだった。小さく白く、小動物のようなその姿を見たライブラは、興味深そうに言った。

「あら、愛らしいわね。ペット?」
「……っ!?」

出会い頭にそう言われ、シュラは驚いて体を硬直させる。言葉に迷って詰まって口ごもっているため、代わりにカルラが答える。

「いや、違うからな。……こいつは俺の弟子だよ。シュラも否定しろ」
「すみません。突然のことで、驚いてしまいまして……」
「こんなに小さな奴隷なんて聞いたことはないけれど、法律上は大丈夫なのかしら?」
「話聞いてたか? 奴隷じゃなくて、弟子だっつてんだろ」
「同じものじゃない」

違うよ?
これだけの叡知の中にいて、どうしたらこれほど偏った知識が身に付くものか。

「ま、人間族では無さそうだし、実年齢と外見が違うのは、よくあることではあるけどね。私みたいに」
「人間族ではないのですか? ダークエルフのように見えますが……」
「私は夢魔族よ。普段は隠しているけれど、羊みたいな角が生えているの」

瞳を輝かせているシュラを見て、ライブラは楽しそうに教える。その姿は親子のように見えるのだが、実際は何世代分の差があるのだから、世界は不思議だ。

「本は返した。もう行くぞ」
「カルラ君、ちょっと待ちなさい」
「何だ? しばらく来ないから、何も借りねぇぞ?」

ライブラはかぶりを振って、人差し指と中指で挟んだ、一枚の封書を差し出した。

「違うわ。貴方の師匠からの手紙を預かっているの。受け取ってくれないと、私が文句を言われるのよね」
「……どうも」

手紙を受け取って、カルラは急ぎ足でその場を立ち去る。シュラはぺこりとライブラにお辞儀をしてから、その後を追った。
階段の踊り場で追い付くと、カルラの横に並んで歩く。

「それ、カルラさんのお師匠さんからの手紙ですよね」
「みたいだな。字が同じだから、間違いない」
「会ってみたいですね。この近くに住んでいるのですか?」
「いいや、もう死んでいるから、土の中だろうな」

楽しそうな声が止まり、途端に静かになる。

「それは……悪いことを聞きました。申し訳ありません」
「何言ってんだ? 人間族はすぐに死ぬんだから、いちいち悲しむんじゃねーよ」
「でも……」

シュラが立ち止まったことに気がついて、数歩先でカルラは振り返った。

「私は、カルラさんが居なくなったら悲しいです」

泣き出しそうな震えた声でそう言った。
どうして、こんなに素直な弟子を持ったのか、もっと性根の腐った奴ならば、もっと、自分のような奴ならば、こんな言葉を口にすることもなかったのに。

「まだ俺は死なねぇよ」

約束されない約束が、もう一度心に結ばれる。
ライブラ・シームズ(111)
特徴……眼鏡と角
備考……サキュバスをイメージした外見と反対の、真面目で冷たい人格で作りました。参考キャラは雪の人!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ