挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
カジヤノキヤクビト 作者:No.

工房日誌 2017.7~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

219/338

7月28日曇り 『液体一匹』

「新しいヤツ、来たぞー」

 深い洞窟の奥、松明片手にカルラがそう言うと、出口も分からない暗い道は、呼吸までもを大きく響かせた。カルラが指し示す方向に居た障害物を、妖刀クリョクは体当たりで追い払う。

 そして、ぺたりと洞窟の岩肌に座り込んだ。

「……主、拙者はお願いがありまする」
「暇だから聞いてやる。なんだ?」
「拙者だけに戦わせないで欲しいでありまするぅぅ……」

 こちらを振り返り、クリョクは涙を溜めた目でカルラの顔を見ている。何が恐ろしいのか、なんとなく分かっている。

「大丈夫だ。相手はスライムで、体当たりしてりゃ追い返せるくらいの雑魚モンスターだ。命に関わる怪我はしないはずだ」

 その言葉を聞いて、クリョクの松明の淡い光を反射させながら、大きな声で反論する。

「それならば、主がやるでありまするっ!」
「嫌に決まってんだろっ!? 服が汚れるじゃねぇかっ!」
「拙者が汚れてるのでありまするよっ!?」

 綺麗な子供用の和服は、スライムの身体を構成していた粘液で覆われていて、無機物のように光沢を帯びていた。

「拙者、もうベトベトは嫌でありまするぅぅ。あぁ、もう、主に汚されたぁ……」
「人聞きの悪いこと言うんじゃねぇよっ!」

 誰も通らない洞窟で、カルラの声は響く。響いた言葉が、誰にも聞かれていないことを祈りながら、カルラは頭を掻いて、今にも泣き出しそうなクリョクを慰めた。

「……それに、汚れたって言っても、和服のガキが粘液でベトベトになる姿にだって、需要はあるかも知れねぇだろ? 人気者じゃねぇか?」
「それ、一般的な層の需要ではないでありまするっ!」

 まあ、そうだな。
 そんな会話をしていると、再び大きな水分の塊が蠢き、こちらに向かってくるのが見えてくる。

「ほら、また来たぞ」
「うぅ~……あぅ……うやぁぁ~っ!」
『グチュッ、ペチャッ』

 嫌々ながら、自慢の怪力でクリョクが、スライムに突っ込むと、その姿は散り散りとなって動かなくなる。
 心に傷を負ったクリョクも、身体中を粘液まみれにしながら動かなくなったとき、松明の光を遮る者がこちらに気が付いた。

「皆さん、こちらに居ましたか! 無事みたいで――――」

 弟子のシュラは喜びの表情から一変、粘液に汚れたクリョクの姿を見て歩みを止めた。鼻が慣れてしまって分からないが、どうやら生臭いらしい。

 シュラは鼻を摘まみながら、二人の顔を見比べる。

「あの、何故クリョクさんは濡れているのでしょうか?」
「聞かないで欲しいでありまする……」

 いつも元気なクリョクは、力なくそう言うと、再び静寂の中で黙り込んでしまう。
 代わりに、カルラは頭を掻きながら、溜め息混じりに答えた。

「スライムだよ、知ってんだろ? この辺りに生息してるって、シュラが言ってたんだろうが?」
「それは解っていますが……」

 シュラはカルラの持っている物を指差して、小さく首を傾けた。

「スライムは炎が苦手なので、わざわざ体当たりしなくても、松明で撃退できたはずですよね?」

 馬車での会話を思い出す。この洞窟では、スライムが大量発生していることは、前々から聞いていたため、そのことをシュラに話したのだ。そのとき、いくつかの対処法を教えられていた。
 スライムは、松明を近づければ、逃げ出す。

「……あっ」
「主ぃっ!?」

 クリョクの叫びは、洞窟内を駆け巡る。
スライム
……アメーバの魔獣で、基本的に弱い。細菌やウイルスによる感染がなければ、特に人を害することもないが、身体に付着すると不快。
死んだ魚を食べるため、臭い。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ