挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
カジヤノキヤクビト 作者:No.

工房日誌 2017.1~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/338

1月10日晴れ 『兵士5名』

「新しいの、入ったぞー……ってシュラ、コイツらはなんだ?」

店の前には、やたらと険しい顔の男達が四人ほど、槍やら剣やらを持って話し込んでいて、こちらに気が付くと刺すような目付きで睨んできた。
そんな連中を前に、シュラは困り顔で振り返る。

「カルラさん、この方達が逮捕するって……」

それを聞き、カルラはつまらなそうに溜め息をついた。

「逮捕? つまり、お前らは役人さんってことか。……いったい、俺が何したって言うんだよ、こちとら善人通して生きている、ってのに」
「何が善人かっ!」

男達の影に隠れて見えなかったが、もう一人居たようだ。そのもう一人は、四人を退けて出来た裂け目を、いかにも偉そうな態度で闊歩した。
カルラの目の前まで来たその人物は、胸に手を当てて、大きな声でこう言った。

「私は国王陛下直属の国境警備兵団団長、ベルゼビュート・ニューナンブと言う者だ」
「長い名前だな。……よし、今日からお前はベルだ」
「勝手に私の名前を縮めるな!」

つんざくような声で喚く女兵士は、大量生産品とおぼしき安っぽい鎧を鳴らしながら、腕を組んで口端を硬く結ぶ。

「ふん、余裕があるのも今のうちだ。ご希望通り、この男の罪名を教えてやろうではないか。誰か、逮捕状をここに」
「ハッ! ベル団長!」
「何でお前も縮めた!?」

何故か光悦の表情を浮かべる男兵士に舌打ちをして、ベルは警備隊の判子が押された逮捕状を、何度も目線で確認してから読み上げた。

「まず、危険な物を扱っていると、住民から苦情が来ているな」
「確かに、俺は危険なほどにイケメンだが、町の美観に貢献しているからプラマイ0だろ?」
「この店には鏡は売っていないのか?」

怪訝な表情を浮かべて、蔑むようにベルは言う。

「そんな馬鹿みたいな物ではなくて、命に関わるような危ないものだ。よく分からんが、何でも切れる刃物、止まれない靴、爆発する蹄鉄……なんて書かれているな」
「……そ、そんなものがソンザイするわけないじゃないですか~」

額にあからさまな汗を浮かべて、ぎこちない敬語で返した。そして、そっとシュラの肩を掴んで、彼女達に背を向けて会話をする。

「……ちょ、シュラ、不味いぞ。コイツら、かなり調べてやがる」
「今まで見つからなかったことが不思議ですけどね。でも、困りましたね。どうしましょう」
「なんとか誤魔化す。手伝え」

そう伝えて、カルラは再びベルの方を向いた。二人の怪しい行動に、ベルは眉を潜めて尋ねる。

「何をこそこそと話していたんだ?」
「な、何でもありませんよ~」
「気持ちの悪い笑顔を向けるな。ともかく、店を調べさせてもらうからな」
「えっ……!」
「何か不都合でも?」
「いえいえいえいえ、どうぞどうぞ~」

ささっこちらへ、と彼女達を店内に招き入れる。その様子を、心配そうに見つめるシュラに、カルラは苦い顔を見せた。

「どうするよ?」
「特に困るような品は店内にはありませんよね。危険な物でも置いたのですか?」
「いいや。気晴らしにテルミット爆弾を十個ほど作っただけだ」
「……もういっそ、捕まった方が世のためなのでは?」

呆れた物言いでシュラはと息を吐いた。
見た目で言えば、小さな箱にしか見えないため、見逃す可能性の方が高いのだが、それでも不安は拭えない。

家捜しをする兵士達は、一通り商品を確認してから、ベルに向かって報告した。

「あの鎧、買ってもいいですか?」
「あの剣も」
「あの斧の方がいいだろ?」
「……もう帰りたい」
「お前達! 何をしに来たんだ!」

能天気な発言をする部下を、ベルは顔を真っ赤にして叱責した。部下の一人がやたら嬉しそうな表情で答える。

「でも、礼状に書かれているようなものはありませんでしたよ?」
「うぅ……じゃあ、仕方ないな。カルラ・ピースメーカー、お前を拘束させてもらう。最低でも一週間は牢の中で過ごせ」

手錠を片手にベルはそう言うと、カルラは肩を竦めた。

「分かったよ、牢獄でも何でも行ってやる」
「カルラさん、いいのですか?」
「ああ。鉄を叩いてりゃ一週間なんて、あっという間だ」
「はあ? 無理に決まってるだろ」

カルラの言葉を聞いて、ベルは気の抜けた声で否定する。驚きに見開かれた目で、カルラはベルの方を向いた。

「え、何で!?」
「むしろ、何故許されると思ったんだ? 獄中には娯楽品の持ち込みは禁止。鎚は脱獄の恐れがあるから、なおさらだ」
「じゃあ、行かねぇ! 一週間も鍛治が出来ねえなんて冗談じゃねぇ!」
「あ、待てっ! ――……と、あ、がふっ!」

工房まで逃げ出だしたカルラを追いかけたベルは躓き、手に持っていた書状が宙を舞った。
そのまま釜戸へ入った紙が無事なわけもなく、一瞬の焔となって、炭へと還った。

「あ、ああ……、礼状が。あれ発行するのに、一ヶ月も掛かったのに……」

涙を目に溜めて、床で転んだベルは言った。同情心から、カルラが手を差しのべると、それは弾かれた。

「た、逮捕礼状を再発行して、また来るからな! おぼえていろよ」

泣きながら駆けていくベルと、それをとぼとぼと追う部下達を見送る二人。一番後ろの兵士が、思い出したように立ち止まり、ふっと笑みを見せる。

「あの爆弾、なかなかの出来でしたよ」

表情を固めるカルラに、シュラが気がついたとき、彼の姿はすでになかった。
苦く顔をしかめて、カルラは小さく呟く。

「嫌な奴に、見つかったもんだな」
ベルゼビュート・ニューナンブ(19)
好きな食べ物……焼きマシュマロ
備考……せ、戦士は泣かないのだから、これは汗だ!

あやしい部下(24)
好きな食べ物……粘りけのあるもの
備考……ドM

テルミット爆弾……アルミニウムと三酸化鉄の化合によって生じる熱を利用した爆弾。気晴らしに作ってはいけない。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ