挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

短編詩集

死生 ~奪われていくもの、生まれてくるもの~

今から5年前の3月11日

私達はいつも通りの日常を何気なく過ごしていた

時計の針が14時46分を指した時

突然大きな揺れと津波が私達を襲う

防災無線を使って必死に避難を呼びかける者

急いで高台へ向かう者

学校の屋上へ避難する生徒達や職員

すべての者が着のみ着のままで避難を始める

その間に地震はどんどん揺れが大きくなり

津波はどんどん住宅街に押し寄せてきた

それらによってたくさんの人が犠牲になり

いつも見慣れた街並みは瓦礫の山となった

大切な家族や友人はもちろん

住むところもすべてのものが容赦なく奪われた

残された家族や友人はこれからどうなるか不安に駆られた日々を送りながら

命を奪われた彼らにはこんな結末を迎えたくなかったと思うと今にも涙が溢れてくる

たくさんの人の命が失われていく中で新たに芽生える命もある

その新たな命に生きる希望を分けてもらいながら

残された私達は周囲の人達と支え合って生きていこう……
最後まで読んでいただきありがとうございました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
※レビュー は受け付けておりません。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ