挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

寓話 書物の王

作者:青い鴉
あるとき、王は言った。
聖書の他に本は要らぬ、焼いてしまえという意見がある。この意見に対してどう思うか。

賢者ヨシノブは答えた。
「王よ。自らの民を好んで焼く王がいるでしょうか」

王は言った。
「おらぬ。そんな王は断じていてはならぬ」

賢者ヨシノブは続ける。
「ならばこうお考えください。聖書は本の中の王。その民として全ての書物を従える、いと偉大なる王であると」

王は唸った。
「なるほどな。他の本は、全て王たる聖書の民であると言うのか」

賢者ヨシノブは言った。
「然り。本を焼くことは民を焼くことと同じこと。これを固く禁じ、罪とするのが良いかと申し上げます」

大司教サヴァンがこれを聞いて言った。
「書物こそは先人の知恵。それを作るのに生涯を賭けた者もおります。
先人の一生を踏みにじること、それは『汝の父と母を敬え』というキリストの教えにも反することです」

王は言った。
「では本を焼くことを戒める法を作ろう。そしてその法の続く限り、戦となっても決して図書館にだけは火を放たぬように命じよう」

こうして賢い王によって本はよく守られ、その国は長く栄えたという。
本編「中世ヨーロッパは大変です!」もよろしく!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ