挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
グランベル魔法街へようこそ 作者:栗栖紗那

精霊廟編

33/33

017 去る者、残る者

 結局のところ、市が送った使者が持ち帰った情報は、精霊廟がなにも関与していない、という情報のみだった。それだけでも十分価値があるのだが、逆に言うと足がかりがなくなったことも意味していた。

「どうするんだ?」

 思案するカロンに対して、リックは問いを投げる。カロンの思考が煮詰まりつつあるのが目に見えてわかっていたからだろう。

「…………」

 返ってきたのは無言だが、リックはそれを受け止め、

「わかんねぇなら、動くしかないだろ」
 そう気楽に言い放つ。カロンは小さく頷き、ユウへ視線を向ける。
「ということだ。しばらく留守にする」
「え……? あ、ちょっと、ダメだよ!」
「何がだ?」

 本気で疑問に思っているのが丸わかりだが、それがわかってもしょうがない。

「カロンだって学生じゃない。サボるのはダメだよ」
「問題ない。知識はすでにあるし、課題は出立前に済ます」

 カロンとしては、それで波風が立たないと本気で思っているようだが、ユウとしてはそうじゃない。
 学生の本分が勉強だ、というならカロンの言い分はまかり通ってしまう。違う、まったくもってそうじゃない。

「学生の本分は学校に通って、きちんと講義を受けることです!」
「お前はな。だが私はそうじゃない」
「なんでそんな風に言うのよ」

 むくれている、というのは自分でもよくわかっていたが、言葉は止められない。

「前は送ることのできなかった学校生活を、またやり直せるようにしてくれたんじゃない! それを投げ出してまでしなきゃいけないことなの?」

 静かな、空白があった。

 カロンは淀みない動きで席を立ち、そのまま無言で部屋を出て行った。

「カロンっ!」

 呼びかける背中はもはや見えていない。

 そして、そのやり取りを黙って見ていた、というよりはカロンを焚きつけた本人であるリックは頭をがりがりと掻き、

「こんなこと言うと何様だよ、って感じだけどな。オレたちには責任がある。そして因縁もな」
「因縁?」
「ああ」

 リックは小さく頷き、

「前に言いかけたことがあったろうが、あいつが退学を余儀なくされたのは、大精霊・四象龍を殺したからだ。そしてその際、学園の空間を固定するための要が壊れた」

 似たような話をつい先日聞いた。二度目の要の崩壊。そして、

「そして、その時にカロンを捕縛、投獄したのが、先日現れた司祭、そん時は審議官だったがな」
「じゃあ、カロンは」
「ここまで過去との類似があれば、関わらずにはいられないだろうよ。例え、誰かがお膳立てしてくれた平和が目の前にあろうがな」

 過去語りの中で言っていたではないか。自分は調停者であり、その意思の、正義のもとに力を行使する必要があると。
 そして、それが今なのだ。

 事の真偽はともあれ、彼はこの事態を収束させる為に動く。それが正義だと信じて。

「リックも行くの?」
「行くさ。腐れ縁って言ってしまえばそうだし、オレはオレでここを守れと言われて雇われてる。友人としても、傭兵としても行かんわけにはいかないのさ」

 不敵に笑い、

「留守は頼んだぜ」
 飄々とした態度を崩さず、彼もまた、去って行った。


「行ってらっしゃい」
 見えなくなる背中に言葉を投げかけ、心の中で誓う。


 あたしは、ずっとここで待ってるから、と……
cont_access.php?citi_cont_id=88026115&si

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

男なら一国一城の主を目指さなきゃね

 列車事故で死亡した主人公(45歳サラリーマン)は異世界に生まれたばかりの赤ん坊として転生した。なぜか特殊なスキルも持っていた。自身の才能について検証を行い、そ//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全496部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/25 19:00
甘く優しい世界で生きるには

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全231部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 12:00
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者都合により後日談は隔週更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引っかか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全216部)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 07:00
勇者様のお師匠様

 両親を失いながらも騎士に憧れ、自らを鍛錬する貧しい少年ウィン・バード。しかし、騎士になるには絶望的なまでに魔力が少ない彼は、騎士試験を突破できず『万年騎士候補//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全152部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 00:00
ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた

 ニートの山野マサル(23)は、ハロワに行って面白そうな求人を見つける。【剣と魔法のファンタジー世界でテストプレイ。長期間、泊り込みのできる方。月給25万+歩合//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全177部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/18 21:00
青雲を駆ける

※2014年11月末ヒーロー文庫より出版が決まりました。なお、ダイジェスト化の予定はございません※ 何の変哲もない寂れた農村に、一人の身寄りのない男が来たことで//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全109部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/03/06 12:00
竜騎士から始める国造り

何のために、どういう理由で、俺がこの世界に転生したかわからない。 でも、奴隷として生きていくのは面白くないし、何より明日を生きる気力もわかない。 そんな日常を過//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全174部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/11/23 23:21
異世界薬局

研究一筋だった日本の若き薬学者は、過労死をして中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまう。 高名な宮廷薬師を父に持つ十歳の薬師見習いの少年として転生した彼は、疾患透//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 12:00
こちら討伐クエスト斡旋窓口

自分では全く戦う気の無い転生主人公が、ギルド職員の窓口係りになって、淡々と冒険者を死地に送り出していたが、利用者の生存率が異様に高くて、獣人達から尊敬されたり、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全82部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2014/12/29 06:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全120部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/16 04:45
没落予定なので、鍛治職人を目指す

前世でプレイしていたゲームのキャラに生まれ変わった主人公。そのキャラとは悪役令嬢とともに没落し、晩年を夫婦として一緒に暮らすクルリ・ヘランという男だった。 ゲー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/10 20:10
魔剣戦記~異界の軍師乱世を行く~

 幹部自衛官となって智謀を振るうことを夢見ていた少年南雲竜基がいざなわれたのは、直前までプレイしていた異世界軍事シミュレーションゲーム“魔剣戦記”の世界だった。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全81部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/09/23 20:45
異世界倉庫の管理人さん

 秋無 流、派遣社員28歳。  会社に利用されていたことに怒りが爆発し、ついに会社を退社。  しかし、その日のうちに家も金も職も全て失う。  怪しげなビラを頼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全175部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/02/14 21:00
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全126部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/04/16 21:09
ドリーム・ライフ~夢の異世界生活~

 45歳の冴えないサラリーマンが異世界に転生?!  趣味なし、バツイチ、恋人なしの灰色の人生を送っていた男が、辺境の騎士の家に転生し、その能力をいかんなく発揮し//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全293部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 12:00
土魔法に栄光を!

気づいたときには魔法が普通に存在する異世界で赤ん坊として転生していた主人公。 ハデな魔法が使えると楽しみにしていたが、自分に適性があった属性は、その世界でも地味//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全201部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2015/07/23 22:49
ドラグーン

これは、一人の脇役が自分の役割を放り出し竜騎兵(ドラグーン)を目指す物語。 剣と魔法のファンタジー世界で脇役ルーデルに与えられた役割は、悪徳貴族の馬鹿息子、主//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全167部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/06/04 00:00
マギクラフト・マイスター

 世界でただ一人のマギクラフト・マイスター。その後継者に選ばれた主人公。現代地球から異世界に召喚された主人公が趣味の工作工芸に明け暮れる話、の筈なのですがやはり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1568部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 12:00
骨といっしょの異世界生活

 とあるオンラインゲームの熱心なプレイヤーであった主人公は、ゲーム中の駆け出し冒険者「ネモ」と一体化している自分に気づく。「ネモ」が授かった加護は育成・成長性と//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全98部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/01/29 00:36
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/19 08:31
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全125部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/06/25 01:47
ディンの紋章 ~魔法師レジスの転生譚~

どこに出しても恥ずかしい就職浪人の主人公は、ある日不運にも事故死してしまう。 目を覚ますと、彼は異世界に転生していた。 もう二度と怠惰な生活なんて送らない。 そ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全169部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/02/27 22:36
ラピスの心臓

狂鬼と呼ばれる凶暴な生き物でひしめき合う、灰色の森で覆われた世界。孤児として独りぼっちで生きる主人公のシュオウは、生まれながらの優れた動体視力を見込まれて、偶然//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全48部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 18:52
おかしな転生

 貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全152部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/09 22:03
異世界転生に感謝を

 今から数十年後の未来。 VR(仮想現実)ゲームはついに実現した。  VRゲームを待ち続けた老人は、念願のVRゲームを嬉々として始める。  楽しいチュートリアル//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全162部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 23:18
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
傭兵団の料理番

 僕は料理が好きだ。でも、買い物の帰りにどこかの国に迷いこんで傭兵部隊の料理番をすることになりました。何故こうなったのか分かりませんが、生き残るために美味しい料//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全49部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/07 18:00
僕と彼女と実弾兵器(アンティーク)

 ***書籍版タイトル「銀河戦記の実弾兵器(アンティーク)」***  オーバーラップ文庫様より書籍化となりました。マールのあれが凄い。何がとは言いませんが。  //

  • 宇宙〔SF〕
  • 連載(全255部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 18:43
神様は異世界にお引越ししました

守っていた村が廃村に成ってしまった神様、「赤鞘」。 そんな彼の元に、異世界の主神が突然たずねてくる。 事情を聴けば、異世界は諸々あって神様不足。 是非こちらの世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全132部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 10:17
蘇りの魔王

勇者に討たれ、その命を失ったはずの魔王ルルスリア=ノルド。 彼にはやり残したこと、解決できなかった問題がいくつもあったが、悪は滅びると言うお題目に従い、消滅した//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全272部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 18:00
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全153部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/03/02 23:56
やる気なし英雄譚

大陸西方の小国であるクラリス王国に、「王都のごくつぶし」と呼ばれる青年士官がいた。彼は魔法全盛の時代にほとんどの魔法を扱えず、出来損ないの士官として地方へ左遷さ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全241部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 21:00
聖樹の国の禁呪使い

 就活に失敗し、大学卒業後も何をするでもなくひきこもっていた相楽黒彦。そんな黒彦はある台風の日、死に場所を求めてやって来た山の中腹でまばゆい光に身体を包まれ、そ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全250部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/26 23:59
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
転生して田舎でスローライフをおくりたい

働き過ぎて気付けばトラックにひかれてしまう主人公、伊中雄二。 「あー、こんなに働くんじゃなかった。次はのんびり田舎で暮らすんだ……」そんな雄二の願いが通じたのか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全137部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 12:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
↑ページトップへ