挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Different world 作者:なつこっこ。
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/25

アラサー独身女のVRMMO

世界でVRゲームが発売されて、はや5年

この業界の成長は凄まじいものがある。



専用のメットを被り、訪れる世界は現代からすれば懐かしいと感じるような自然豊かな世界。

のどかで、人の繋がりが濃い。

ただ、魔法が日常的な、世界



自由度の高さは現在のゲームでは最高クラスと言われるDifferent world



騎士になるもよし。

魔術師になるもよし。

攻略組と言われるトッププレイヤーになるもよし。

他に好きなことをみつけるもよし。



―……もう一つの生活・世界で 新しい自分になる……―



今度始まるこのゲームは販売前からすごい賑わいを見せている。

初放送されたCMから、公式サイトが一時的にサーバー落ちしてしまうほどだ。

それさえもニュースになり、人々の興味を引き付ける結果となった。


いままでVRMMOと言われるゲームは他にもたくさんでているが、これは新世代と銘打たれているらしい。









「すげー、映像きれー」



珍しく電源を入れたテレビでたまたま見かけたCMはそれはきれいな世界だった。
きらきらしているというか、匂いまで感じることができる世界。

自由度は高く、望み・鍛え・練習すれば叶う世界。



少し気になって調べれば、掲示板がヒット。
公式サイトにあがっていた値段も、すばらしい。


「たっか!!!」


いや流石に専用ソフトと専用メットギアが必要となるとそれなりのお値段が必要となる。それはわかる。
が、これがまた飛ぶように売れるそうだ。

予約も殺到していて、すごいことになっているらしい。

ただ、先にソフトのインストール・メットの設定・キャラメイク等の兼ね合いで。
発売日から1週間後がこの世界のスタートとなり、それまでに予約組は手元に届くだろうということだった。

元々ゲーマーというわけでもなく、ただCMに魅了されただけの(みわ) 虹色(いろは)は、すごい世界があるんだーという感想でネット画面を閉じたのだった。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ