挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界の姫さまが空から降ってきたとき 作者:杉乃 葵

第一章 ニーナ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

9/113

第八話 『ゆるやかな刻』

 ジリリリリリリリリ

 目覚ましが鳴っている。
 いつもの様に、慣れた手つきで目覚ましを止める。

 そして、あらためて寝る

 二度寝は一番気持ちいい。
 人生の至福のときだ。

 すぅぅ

 ふにふに

 ん?

 ふにふにふに

 ん???

 ふにふにふにふに

 えーと

 サクッ

「いてえええええええええ!」

 何かに刺された左頬をさすりながら起き上がった。
 何だ? 何に刺されたんだ?

 ベッドの隣にニーナが人差し指をピンっと立てて佇んでいた。

「おはようございます。耕一。」

「おはよう。」

 そうだった。ニーナは記憶喪失ということにして、今は家で面倒をみることになっていたんだった。結局のところ、両親が身元引受人になった。最初は驚いて一悶着あったものの、割りとすんなりOKしてくれた。本当のところはわからないが、娘が欲しかったに違いない。そう思ったのは、小さい頃母はよく娘が欲しいと漏らしていたからだ。

 そしてニーナの家での役割は、どうやら寝坊助を起こすことになったらしい。

「指で刺したのか? なんて起こし方しやがる。」

「だってこれ人刺し指でしょ?」

「さすの意味が違うぞ。」

「あはは、冗談冗談。だって、叩くな、蹴るなと言われたので。」

「もっと優しく起こしてくれ。」

「ふふふ」

 ニーナは、よく笑うようになった。言葉を話せるようになった。

 あの日以来ニーナが、繋いでいた手を離し、自分の声で話し始めてから、まだ一度も手を繋いでいない。

 ニーナの、信頼を得るための決意

 いまは、言葉のやりとりで充分コミュニケーションが取れている。時折、戸惑うこともあるけど、ニーナは、上手くやっていると思う。

「朝ごはん出来ます。すぐに着替えて降りてきてください。」

 そう言って、彼女は部屋を出て行った。

 ニーナが家で暮らすようになってから、一ヶ月ほど経った。彼女なりに我が家に溶け込むための努力なんだろう。

 もちろん、部屋は別だよ?

 急な話だったので、とりあえず空いている隣の物置き代わりの部屋を片付けて、ニーナの部屋にしている。四畳半は狭いかなと、気が引けたが、ニーナはたいそう喜んだので良しとしている。
 いつも朝ちゃんと起こされているので、ちゃんと朝飯も食って、母親が作った弁当もちゃんと持って学校に行っている。母親は、たいへん満足しているようだ。

 ニーナは9月から特例として編入する見込みとなった。それまでは、家で文字の勉強をしている。会話こそなんとか出来るようになったが、読み書きの方はまだまだなのだ。

 テーブルを3人で囲んで朝食を取る。父親はもっと朝早く出勤している。会社までが遠いので、朝6時には家を出ているので、一緒に食卓を囲む事はない。夜は夜で帰宅が遅いので、父親と同じ食卓を囲むのは稀だ。土日祝も居ない日が多いしね。これが世に云う社畜という奴か。

 ニーナは、いそいそと配膳を手伝っていた。すっかり母も馴染んでいるようだ。あたかも初めから本当の母と娘っていう感じだ。

 家を出るとき、いつものようにニーナは玄関まで見送りに来た。ニーナが家に来てからずっと続いている習慣だ。なんだか面映い気持ちとともに、心地良い気持ちになった。

 今までのような慌ただしい朝とは違った、時間の流れがゆっくりと、そして暖かく感じた。

 ニーナが来ることで、こんな生活になるとは思いもよらなかった。



 このときはまだ、こんな生活がいつまでも続くと勝手に思っていたんだ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ