挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界の姫さまが空から降ってきたとき 作者:杉乃 葵

第六章 朱堂アリス

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

80/113

第七十九話:backroom maneuvering

 自分の悪い癖だ。考えてもわからない場合は、放置するか、もしくは、適当に選んで後は結果に委ねる。悪い癖だと思いながらも、いざその時になるとやっぱり癖というものは出るものである。この時もそうだ。

 「麗美香さん以外には話してませんよ。」

 下手な駆け引きをしたところで誤魔化せるとは思えなかったのもあるが、ずっと黙っているプレッシャーに耐えかねたのと、もうどうでもいいから早く結果が出て欲しいという半ば投げやりな気持ちが在ったことは否めない。正直に事実を述べた。これで終わるなら終わってしまえ。ただ、nullさんのことだけはしゃべるまい。今回の件が、nullさんにだけは飛び火しない様にしたかった。自分の出来る最後の一線は、そこに在った。

 「結構。」

 爺様は眼を細めて満足そうに頷いた。そもそもにほんとの事を云ったから特に疑われるはずは無いと思った。ある程度誰か他に知っている人間が居るように仄めかした方が良かったかもしれないと思わないでもなかったが。後の祭りである。

 「屋上の一件の事、公には出来ない。その事は理解していると思うが、まあ、麗美香からは話を聞いている。ので、今此処で話した事は良しとしよう。」

 学校側から正式に云われた訳ではないが、というか、学校側が正式に云ってしまうと認めた事になるからだろうな。確か、摩耶先輩からそれっぽい事を示唆されたような覚えがある。事が事だけに、安易にしゃべったりしたらやばそうなのは肌に感じていたのも事実であるし。ここで話したのも、爺様からの指示で麗美香が学校に来た事を彼女本人から聞いていたのと、屋上での件を麗美香が爺様に話している事が充分に想定出来たからだ。ここであらためて秘匿事項で在ることを強調するのは念押しの為なんだろう。

 「君の、ええっと、名前、なんだったかな?」

 「ポチ」

 ずっとスマホ弄っていた麗美香が、その姿勢のまま其処だけ反応した。

 「ポチじゃねえよ! お前、なんで其処だけ反応すんだよ! ちゃんと会話に混ざれよ!」

 麗美香の言葉に、ついいつも通りプラスずっと他人のフリしてる彼女への怒りが爆発してしまった。
 しかし麗美香は、素知らぬ顔でスマホを弄ったままだった。
 彼女に掴みかかろうとして、向けられたら掌に止められる。

 「話しを続けて。」

 麗美香の言葉は冷たく、短かった。
 その言葉で現実に立ち返る。爺様の前で、その愛孫娘に食って掛かってしまった事実を認識して、冷や汗が出たが、爺様から出た言葉は以外なものだった。

 「ポチ君か。麗美香と本当に仲良くしてれてるみたいだね。ありがとう。嬉しいよ。」

 爺様は破顔して、どう観てもただの好々爺にしか見えなくなっていた。

 「麗美香はなあ、我侭で、自分勝手な振る舞いが多い。それで周りをよく振り回す。よく注意をするんだが、私も忙しい身でなかなか面倒も見れん。また、麗美香の周りに居る連中も、私の孫という事で遠慮がある。あるいは、下心があるので機嫌しか取らん。そうやってポチ君の様にちゃんと叱ってくれる人が居ると安心だ。」

 この爺様、麗美香に甘すぎるだろ。麗美香をちゃんと叱りたいなら自分でこの子の今の態度を叱りやがれ。と、云いたかったが、すんでのところで飲み込んだ。
 せっかくいい感じになったんだから、下手に荒立てない方がいいよな。

 「あの、ポチじゃなくて、山根耕一です。」

 とりあえず、其処だは訂正しとこう。まあ、この先、この爺様と関わりたくないので、呼ばれる機会はもう無いだろうけど。

 「山根耕一君ね。」

 爺様は何度かもごもごと反芻して、名前を覚えようと努めた後、居住まいを正した。

 「では、山根耕一君、きみの質問に応えよう。」



 ※※※ ※※ ※※※ ※※



 爺様が話したユニーク枠の目的は、世間一般から認められていない特殊な能力、例えば超能力やら魔術やらその他もろもろの力を持つと云われる者を探しだしてスカウトし、学園に集めることだそうだ。時折テレビ等で特集される眉唾な物だと思っていたが、どうやら爺様は本気で信じている様子だった。かく言う自分も、この眼で観なければ信じていなかっただろう。麗美香のサイキックや、舞の歪みの封印などを直接観たが故に、在ると信じるに到れる。そう考えれば、爺様は麗美香の爺様だから、信じて当たり前か。麗美香自身、爺様からいろいろと教わったって云ってなかったけ。麗美香も生まれつきサイキック能力があった訳ではなく、爺様に云われて訓練した結果出来るようになったと聞いた。超能力の訓練本も多数出版されているが、どれも怪しい物だと思って観たことはないが、実用的なものも本当に在るのかもしれない。

 学園にそうした能力者を集めてどうするのかといえば、調査実験を行って誰でもがその力を発揮出来るような方法を見つけるためらしい。そして、その方法が見つかると金になるらしい。その辺は詳しくは云えないそうで、企業秘密だとか。学生にも秘匿の契約を交わしているのだとか。

 後で麗美香に聞いたが、爺様は金の亡者で、金を儲けることが生きがいなのだそうだ。麗美香はそのとき、吐き捨てるような言い方をした。彼女自身、その事に不快感を感じている様だ。ただ、一方で、爺様っ子とも云っていた。きっとその思いは、此方が考えつく以上に複雑なものなのだろう。


 「ご納得、頂けましたかな?」

 一通りの説明を終えた後、爺様は柔和な笑顔を作りながらも鋭い眼光を向けた。
 これ以上の深入りは流石に身の危険を感じた。和やかな雰囲気を演出しながらも、此方を見定めようとしている感が拭えない。やっぱり爺様が本当の事全部云っているとは思えなかった。
 そもそも、無理やり連れてこられての会見だ。一番の目的は、此処で事実を知る事ではなく、この場を巧くやり過ごし、無事に脱出することだ。出来るだけ、充分に納得したふりを装い、会見を終わらせようと席を立ったとき

 「あー、今の話は、他言無用ですので、その辺、お間違えの無いよう、よろしくお願いしますよ。」

 「もちろんです。」

 当然といえば当然の話なので、別に誰も彼もにしゃべるつもりは毛頭ない。ただ、nullさんに報告するかどうかは迷っていた。確定しているような情報ではない。当事者の供述のみだからその信ぴょう性がどこまであるものかわかったものではないからだ。それにnullさんとどうやって連絡を取ったらいいかすらわからない状況である。ただ、爺様に見透かされている様な気がしてならなかった。

 「企業秘密ですのでね。よろしく頼みますよ。山根耕一君。きみは、麗美香の大切な友人ですからね。」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ