挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界の姫さまが空から降ってきたとき 作者:杉乃 葵

第五章 観季

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

62/113

第六十一話:confusion

 放課後、観季のところに行くべきか否か。もとい、行かない事をニーナに納得させられるか否か。その課題を考えるだけで、授業どころでは無かった。いや、その課題が無くても、授業ちゃんと聞いてないけどね。
 しかししくじった。ニーナの居た世界では、観季の様に特殊な能力を持った存在は普通に居るらしい。むしろニーナにとって、この世界の人が、その様な特殊な能力を持ってない事が解ってなかったとの事だ。それが、あの昼休みの暴走を産んだ真相だった。まだまだ、ニーナの事について、知らない事が多い事を思い知らされる。まあ、ちゃんとその辺は、話して聞かせたから、みんなの前で能力の話をする事は無いだろう。それでも、観季に対してトレーニングさせようという強い意志を感じる。何なんだこいつ。トレーナーか何かかっちゅーの。
 とかなんとか考えているうちに、放課後になってしまった。ニーナの方をチラッと見ると、さあ! 行こう! って眼をしていやがる。まあ待て、と、右手でニーナを制する。ニーナのやる気はまだまだいっぱいあるようだ。

 コンコン

 教室の外からノック音が聴こえた。音のした方を観ると、ドアの処に赤部が立っていた。睨み付ける様な瞳で、右手の人差し指を上に向かってちょいちょいと動かし、此方へ来いと云っていた。ニーナに待っている様に伝え、赤部の処に赴く。
「よう。何か様か?」
 恐る恐る、赤部に尋ねる。赤部からは、ピリピリとした雰囲気が伝わって来ていた。やっぱり、昼休みの件やろうなぁ。やれやれだ。
「話があんの。ちょっと顔貸して。」
 赤部は、それだけ云うとスタスタと歩き出した。どうやら、付いて来いという事らしい。
 赤部に付いて行くと、着いたのはこの間、赤部と話しをした人気の無い校舎の裏。赤部は、今度はベンチには座らず立ったまま此方に向き直った。
「今日は座らないのか?」
「また、あんたにハンカチ盗られたら嫌だからね。」
「盗ったんじゃねえ!」
 とんでもない事を言いやがる。人が親切に拾って返してやったのに。
「そんな事よりっ! 昼間のアレはなに?!」
「何と云われても。」
「あの金髪は誰? 何?」
 ああ、ニーナの事か。
「ニーナは、その……」
 何だ。ニーナは自分の何だ。居候、いやいや、それを言う訳にはいかないだろう? 友達……なのか? ニーナは何か勘違いをしているみたいだけど。自分達っていったい何なんだろう。あらためて考えてみるとわからない。
「何だっていいわ!」
 いいのかよ。じゃあ聞くなよ。
「金髪がなんで観季を知ってるの? なんか能力とか云ってなかった? どういう事? あんた、べらべらと喋ったのね!」
 赤部は、一気に捲し立てた。よくまあ、噛まずにそれだけ一気に喋れるもんだと感心した。早口言葉選手権があったら優勝候補だな。
「なに黙り込んでんのよ!」
 赤部は、胸ぐらを掴んでぶんぶんと揺さぶった。さすがテニス部のトップクラス。中々の腕力だ。
「ちょっ、ちょっと待った。待った。誤解だ。誤解。」
 ぐらぐら揺さぶられながら、なんとかそれだけを口に出来た。赤部は、はぁ? っという顔をしたが、手を離し、こちらの言葉を待っていた。
「別に、ばらした訳じゃない。その、なんだ……」
 どうする? ニーナの事、話すのか?
「その、なによ?」
「ニーナのプライベートな部分に触れるから、上手く話せない。」
 赤部は、こちらを値踏みする様な眼で見ながら、
「私を信用出来ないって事? あんたみたいにべらべら喋らないわよ。」
「いや、だから、べらべらと喋ってないから。」
 ある程度話さざるを得ないか、これは。
「ニーナもその、なんだ。能力者なんだ。」
 なんだそれ。自分で云っててなんていう云い方だ? と思う。赤部も疑惑の眼でこちらを睨んでいる。
「こっちの考えてる事が、その、伝わってしまう事もあるっていうかぁ……」
 歯切れ悪いなぁ。我ながら情けない。
「つまり、こう云いたい訳ね。自分は喋ってない。金髪が勝手に心を読んだんだ。自分は悪くない。」
 何だろう。赤部の云い様は、無性にカチンとくる。
「悪くないとか、そういう事を云いたいんじゃなくってだなあ、これは事故なんだよ。」
「はぁ? なにが違うってのよ。」
 あれ? 違わない? あれ?
「まあ、いいわ。嘘ついてる風じゃないし。きっと、本当なんでしょ。でも、それでどうして、教室に乗り込む事になるの?」
「あー、それな。その、ニーナの奴が、観季の能力をコントロール出来る様に訓練するって言い出してな。」
「なんでよ? 意味わかんない。」
 ああ、自分も意味わかりませんよ。なんで、あんなに、ニーナの奴、張り切ってるんだか。だが、ここは上手く言い逃れた方が良さそうだ。いい加減、赤部から解放されたいしな。
「それはだな、観季が能力をコントロール出来る様になれば、赤部が気にしている様な事が無くなるからだ。これで全てが解決するだろう? 悪くない話じゃないか。」
 赤部は、何か言い掛けたが、少し思案して
「ねえ、金髪の人、何者なの? 能力をコントロールするってなんでそんな事出来るの?」
 金髪から、金髪の人って表現が変わった。どうやら赤部の中でニーナの評価が少し上がったのかも知れない。
「自分にもよくわからないが、ニーナの奴はそれが出来るらしい。」
 実際はいろいろ疑わしいが、ここは赤部を納得させるのが吉だと判断。色良い返事をしておこう。
「そ、そうなんだ……」
 赤部は、納得した様だった。ただ、その表情からは喜びは見えず、むしろ困惑していた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ