挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界の姫さまが空から降ってきたとき 作者:杉乃 葵

第五章 観季

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

54/113

第五十三話︰Frustration

 「やあ、山根くん。」

 誰だ? こいつ。

 昼休みに教室で弁当を食べていると、ニヤついた男に声を掛けられた。なんとなくだが、たぶん同級生だ。ほとんど同級生とは話さないから、こいつが特別存在感が無いとか、そういう事ではない。同級生の男子などに興味がないので、顔や名前などほとんど覚えていないのだ。女子生徒はバッチリ記憶しているが。
 そして最近になって、この様に、交流の無い同級生の男から声をよく掛けられるようになった。そのきっかけは、おそらく

「なあなあ、いつも女子と仲良く話してるじゃん。俺も混ぜてよ。」

 そう。この間から拡がった、自分が女たらしだと云う風評のせいである。いったい、自分の何処が女たらしだってんだ。自分の周りにいる女って、ニーナは別として……、ヤマゲンと金太郎じゃねえかよ。この間、遭遇した彼女とは、あれ以降一度も会ってないしな。ヤマゲンに言わせれば、公衆の面前で抱き締めたって事だけど、あれはしょーがねえだろう? 誰だって、目の前で人が倒れたら助けるだろう? ねえ?

 「勝手に混ざればいいだろ? なんでわざわざ許可を取る?」

 「許可っていうんじゃなくさ、きっかけがないっていうかさ、なんかこう、どう入っていいかわからないっていうかさぁ。」

 「知らねえよ。別にどう入ったっていいんじゃないの?」

 なんでわざわざ自分が、こいつの女の子と仲良くしたいぜーに協力しないといけないんだよ。勝手にやれよ、もう。
 付き合ってられないので、弁当を早々に平らげ、教室を出る事にした。

 「おーい、ちょっと、山根く〜んってば……」

 何が、山根く〜んだよ。気持ち悪いって。他人のふんどしで相撲を取るんじゃねえよ。つか、自分も別に女の子と話すのが上手いとかそういうんじゃねえし。ただの成り行きだしな。まあ、話すのは嫌いじゃないし。むしろ好きだし。まあともかく、こういう輩は鬱陶しい。

 気分直しにいつもの所へ行こう。

 なんだか日課になってしまった昼休みの屋上扉前の踊り場へ行く。もうNULLさんが来る事はない。そうわかっていても、足が此処へ向かってしまう。別に何か話したい事がある訳ではない。ただ、漠然とした不安。この間の事件のせいか、自分の力が及ばない、そうした大きな何か。そんなものに取り込まれているような不安を感じている。もつともっと沢山の事を知らなければならない様に思うのだ。

 かつてnullさんが居た壁の方を見て話し掛ける。壁は何も応えてくれなかった。

 nullさんが、薄笑いを浮かべている様に感じる。
 その薄笑いは、知りたければ調べればいいじゃないか? 何をしている? そう言っている様だった。

 まったくだ。nullさんの云う通りだ。自分で動かずに答えだけ得ようというのは虫が良すぎる。
 とはいえ、何をどう調べていいやらわからなかった。

 「ねえ、コーイチ? なに壁とお話ししてるの?」

 おわぁ! びっくりした。いつの間にか、ニーナが後ろに立っていた。ニーナが此処に来るのはいつもの事だから驚く事ではないが、来た事にまったく気付かなかった。そんなに集中していたのか自分。

 「いや、別に。あ、ほら、nullさんどうしてるかなって思って。nullさんとは、此処で初めて出逢ったから、ちょっと懐かしく思って。」

 ふ〜んと、ニーナはそれ程関心を寄せない感じで応えた。
 ニーナは、いつもの様に階段に座り、こちらを見上げた。

 「nullさんに逢いたいの?」

 「うん、逢いたいな。」

 そう…とニーナは呟いて眼を伏せた。
 いつものように、ニーナの隣に座る。
 ニーナは何も言わないし、自分も話す事が無かった。

 結局、教室に戻る時間になるまで、お互いに何も話すことは無かった。

 教室に戻る途中の廊下で、この間の女の子、自分が抱きとめた方の子とばったり出逢った。
 その子は、目が合うと一瞬驚いて顔を赤らめ、その後深々とお辞儀をした。ショートの黒髪がふわりと揺れる。

 「この間は、どうも、ありがとうございました。」

 そう、か細く呟いた。

 「あ、いや、別に。」

 なんだか照れる。顔が赤くなるのを感じて、誤魔化すように頭を掻いて目を逸らした。

 「それよりも、身体はもう大丈夫なのか?」

 「え? あ、はい。いつもの事なので。」

 もう少し話していたかったが、周りの視線が気になったので、早々に退散することにする。今更だが、それでもこれ以上、変な噂が立つようなことは避けたかった。
 じゃ、っと挨拶して、立ち去る。彼女は頷いてそれに応え、シャンプーのいい香りを残して教室に入っていった。

 自分は、人から注目される事に慣れていない。昔っから、注目された事がないせいもあるが、単純に性格的なものかもしれない。なので、こんなふうに、周りから注目されるのは、すごく居心地が悪い。
 さっき会話した事で、また周りがヒソヒソ話している様な気がする。自意識過剰かもしれないが。

 「人のうわさも75日で消える。この世界では、そうなんでしょ?」

 ニーナが後ろから制服の袖を掴んで、ぼそっと伝えてきた。
 まあ、たしかにそんなことわざがあるけど。よく知ってるな。ほんとニーナは、なんでも勉強している。でもなんか微妙に勘違いしているようにも感じて、ちょっと微笑ましかった。
 そのせいか、ちょっと口元が緩んだ。

 そっか・・・ニーナのやつ。心配してくれてたんだな。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ