挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界の姫さまが空から降ってきたとき 作者:杉乃 葵

第四章 麗美香

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

39/113

第三十八話︰SEARCH

屋上は閉鎖されている。そう言っても、麗美香は、いいからいいからと聞きやしなかった。
 途中、麗美香は自分の教室に寄り、例の長物を取って来た。

 おいおい、それ教室に置いてたんだ。よく置いて置けたな。

 それにしても、それを持ち出すということは、それぐらい危険があると言うことか?

 お昼休みが残り少ない事もあってか、麗美香はダッシュでエレベータに向かった。あいつ、足、はええな。引き離されない様にするのがやっとだった。後ろに居るニーナに振り向くと、ニーナは余裕で付いて来ている感じだった。そうだ、ニーナも足速いんだったな。

 三人でエレベータに乗って屋上へ向う。

 屋上への扉は、前に見た通り、重い鎖と、鍵で厳重に閉ざされていた。

 ほらね。って感じで、麗美香に合図するが、麗美香は徐ろに扉に近づいて、胸元に手を突っ込んで鍵を取り出し、鍵をガチャリと開けた。

 お、おい。なんで、おまえが、鍵持ってるんだ。

 そして、重い鎖を紐を解くように軽々と扱い、ポイッと脇へ投げた。
 ドシャっと重苦しい音をたてて、鎖が転がった。

 なんというパワーなんだ、こいつ。

「ポチは、この扉の所で待機、ニーナちゃんは、階段の下で待機してて。」
「ポチじゃねえ。」
「ええっと、なんだっけ? モウちゃんだっけ?」
「ちがう、コウちゃんだ。」

 自分で、ついコウちゃんとか、言っちまったじゃねえか。

「そうだそうだ、コウちゃんだ。」

 麗美香は、うんうんと頷く。

「もし、わたしに何かあったら、この扉をすぐに閉めてね♪ よろしく。」
「なんかあったら、ってなんだよ? それに、閉めたら、おまえはどうなるんだよ?」
「大丈夫。たぶんなにもないよ。万が一のためだから。それに、なんかあったときは、もうわたしは終わってるはずだから、気にする必要はないよ。」

 ちょっ、どういうことだよ、と聞く声を無視して、麗美香は扉を開けて屋上へ出て行った。

 追いかけようとしたとき、いつの間にかカバーを外した例の長物の切っ先が鋭く鼻先に光った。

「そこを動くと、斬っちゃうぞ♪」

 満面の笑顔で云われた。でも、冗談ではなく、本気であることが彼女の放つオーラからわかった。

 麗美香は、長物を軽やかに、舞を踊るかのように振り回しながら、屋上をぐるぐると回っていた。

 何をしているのかさっぱりだ。

 後ろからニーナが、ひょっこりと顔を出して屋上の様子を覗いた。
 おいおい、ニーナさんよ、持ち場離れたら、ザックリ斬られるよ?
 まあ、あいつが、ニーナを斬るとは思えないが。

「ねえ、麗美香さんは、何をしているの?」

 聞かれても困る。
 わからないという、ジェスチャーで応える。

 屋上は、特に異常は無い様に見える。掃除されてないせいか、結構汚れていた。
 まあ、何ヶ月も放置状態だったからな。

 しばらく舞を眺めていたが、麗美香は踊りを止めてこちらに戻って来た。

「ニーナちゃん、いけない子。こっち来たらダメでしよ。」

 子供を諭すようなふりで、おどけてみせる。
 随分態度がちがうよな、おまえ。

「そろそろ、お昼休み終わっちゃうから、ニーナちゃんは、もう戻って。」

 おお、もうそんな時間か。
 教室に戻ろうとすると、制服の袖を摘まれた。

「ポチは、ステイ。」

 ポチじゃねえと、突っ込む気力が失せた。それよりも、

「ステイってなんだよ!」
「英語で、留まれって意味だよ。ごめん、英語苦手だった?」
「ちがうわ!」

 あーもう、めんどくせえ。

「まだ、なんかここでやるってんだな。で、ここにまだ居て、見張ってろと。」
「すごーい。ひょっとして、頭良かった?」

 あかん、まともに相手してたら、こいつのペースに飲まれる。

 ニーナも残ると言い出したが、さすがに初登校初日からサボりはまずいだろうと説得して、引き上げさせた。

「あ、でも、おまえも初日だろ? いいのか?」

 麗美香も、登校初日だ。まあ、気にしてやることもないのかもだけど、一応な。

「別に、いいよ。勉強嫌いだから。」

 おい、そこは、こっちが優先だとか言っとけよ。

「そっか、まあいいや。で、何をするんだ? また、舞を続けるのか?」

 麗美香は、違うと首をふるふるとふり、ちょっと瞑想するから、今度は、何かあったら、大声で呼んで欲しいと言った。瞑想中は、周り事が分からなくなるらしい。

「なあ、いったい何をしてるんだ?」

 応えないとわかっていても、聞かずにはいられなかった。

「なに? 気になっちゃう? だぁーめ。乙女の秘密だよ♪」

 予想通り、いや、予想より、いろいろ余計なものが付いて返ってきた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ