挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界の姫さまが空から降ってきたとき 作者:杉乃 葵

第四章 麗美香

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

38/113

第三十七話︰麗美香

 ニーナは、うちのクラスになった。

 なんか意図的なものを感じる。
 いや、これは間違いなく意図的なんだろう。

 ちゃんと面倒を見ろと云うことか? あるいは、一緒にしておく方が監視しやすいとか?

 まあ、こちらとしても、ニーナが別クラスだと何を仕出かすか気が気でないので歓迎ではあるのだが。

 周りに変に思われないように、極力ニーナと会話することを避けて、後をヤマゲンに任せていた。ヤマゲンもこちらの意図を察したようで、ニーナの世話を焼いていた。

 昼休み。

 いつものように、独りで自席で弁当を食べていた。
 ニーナは、ヤマゲンと一緒に他の子も含めた女子グループと一緒に食べていた。

 まあ、よろしくやっているようでなによりだった。

 そんなとき、教室の扉をバーンっと開けて入って来た女子生徒がいた。
 ん? 金太郎。えっと、麗美香だっけ。彼女が入って来た。
 豪快に開けられた扉の音に、教室中が注目した。

 麗美香は、キョロキョロと教室を見回すと、ニーナを見つけて走り寄っていった。

 ニーナはとっさに立ち上がって、両手を突き出して止まるように示唆した。

 麗美香は何を勘違いしたのか、その両手に自分の両手を合わせて手を握り合った。

「お昼一緒に食べよう。」

 麗美香は唐突に言った。
 そのために他クラスからやって来たのか。自分のクラスで食べろよと、ツッコミを入れたくなった。

「えっ、あ、私は別に構わないけど・・・・・・」

 ニーナは戸惑いながら、ヤマゲンに眼で助けを求めた。

「いいんじゃない? どぞどぞ。誰か知らない人。」

 ヤマゲンは、にこやかに、でも暗に名乗りやがれといった風な返事をした。
 これは、一触即発か?!

「おっと、これは失礼いたしました。わたし、神鏡麗美香かみきょうれみかと申します。お見知り置きを。」

 随分芝居がかったセリフを放った。

「神鏡さんね。オレは山依元子やまよりもとこ。よろしくね。」

「オレっ子さんなんだ。ボクっ娘は知ってるけど、オレっ娘ってあるの? リアルで見るのは初めて。」

 なんだ。この二人は相性悪いのか?
 ヤマゲンのこめかみに怒りマークが見えるようだ。
 麗美香の方は余裕しゃくしゃくといったところか。
 まあ、いくらヤマゲンが運動神経いいと言っても、麗美香相手じゃ勝てそうにないな。

 二人のやりとりを他所に、ニーナは麗美香の席を準備し、ここにどうぞと促した。

 見た目とは裏腹に、お嬢様らしく優雅に席に着く麗美香に、ヤマゲンが問いただす。

「なんで神鏡さんは、自分のクラスで食べないの? 友達居ないの?」

 ヤマゲンのやつ、ニーナと仲良し風な麗美香に焼いてるのか? やけに絡むなあ。
 眼を合わせずに、きつい語調で尋ねる。

「ん? 別に。ニーナちゃんに会いたかっただけ。」

 実にシンプルだ。そして、どうやら麗美香の方は、ヤマゲンを相手にしていない感じだった。
 険悪なムードに怯えたニーナは、こっちを見た。
 その眼が、助けてと言っている。
 まじか。めんどくせえ。でも、しょうがねえなあ。

「よう! 麗美香。朝ぶりだな!」

 努めて明るく声を掛けて、麗美香に近づく。
 麗美香は、こちらを見て、一瞬、だれ? といった顔をしたが、すぐに、思い出したとばかりに、ポンっと手をうって、

「ニーナの使用人さん。朝ぶり~(にこ)」
「使用人じゃねええよ!」
「あっ! ごめん!秘密だった!」

 こいつ・・・・・・。本気で信じてやがる。
 そして、声がでけえ。
 教室中から、ヒソヒソと話し声が聞こえ始めた。

(「ニーナさんの使用人って・・・」)
(「使用人って、召使いだっけ?」)
(「ニーナさんとどういう関係なのかな・・・」)
(「秘密ってことは・・・なに? 秘密の関係?」)

「ちょっと来い。」

 麗美香にちゃんと話さないと、いろいろとややこしくなりそうだった。

「やだ。いまからお弁当食べる。」

 ちょ、おま。

「麗美香さん、ちょっと一緒に行こ。」

 ニーナが助け舟を出した。というか、元々おまえがややこしくした問題だったんだけどな。
 ニーナは弁当を片付けて席を立った。

「ニーナちゃんが行くなら、行くよ。」

 麗美香も立ち上がった。
 ニーナと麗美香が目の前に立ってじっとしている。

 ああ、そうか、どこ行こう。とっさに言ったものの、どこに行くか考えてなかった。

 どこ行こう・・・

 屋上は未だに閉鎖中だしなあ。

「とりあえず、中庭行こう。」

 いそいそと、三人で中庭へ向かった。
 ヤマゲンは険しい表情でこちらを見つめていた。
 女って怖え。そして、ニーナと麗美香って二人共あまりにも異分子過ぎる気がする。
 この先やっていけるのだろうかと、ちょっと不安になった。


   ※※※


 中庭で三人で弁当を食べつつ、麗美香にニーナとのことをどう説明するべきか考えていた。
 よし、ひとまず現状確認だ。

「麗美香、ニーナからどう聞いているんだ? ニーナのこと。」
「その前に、きみ、さっきは思わず突っ込み忘れたけど、いきなり呼び捨てとか馴れ馴れしいね。」

 おっと、そうだった。なんでだろう。つい、こいつ見てると呼び捨てにしてしまった。

「ごめんごめん。なんか勝手に口から出てしまったんだ。じゃあ、麗美香さんで。」

 麗美香は、ジト目でこちらを見た後、ニーナに眼で確認を取った。
 ニーナはコクリと頷いて話していいと合図した。

「異世界のお姫様だって聞いたよ。」

「おい、ニーナ。おまえ。」

 ストレート過ぎる。何考えてんだ。

「で、それ信じたのか?」

 麗美香も麗美香で、なんで信じてんだ?

「うん。もちろん信じるよ。だって、ニーナちゃん可愛いし。」

 信じるポイントがおかしいぞ。麗美香さんよ。
 ここはどう話しをまとめたらいいんだよ。

「とにかくだ! ニーナがお姫様ってのは無しな。誰にも言うんじゃない。そして、自分は使用人じゃない!」
「じゃあ、きみは、何者?」
「自分は・・・えっと・・・」

 なんだこいつ。むっちゃ純粋そうな真っ黒の瞳で、無邪気に疑問をぶつけてきた。

「ふ・・・それはな。秘密なんだ。」
「おおおお!」

 感動されたっ!

「わかったか? だから、誰にも何も言うんじゃないぞ。」
「わかった。私達だけの秘密ね!」

 なんでこいつはこんなに楽しそうなんだ。

「麗美香さんの方も秘密みたいだからな。」
「おっとそうだった。そうそう。お仕事しないと。」

 そう言うと麗美香は、立ち上がった。

「えっと、ポチ。」

 は? だれだ? ポチって。

「あれ? ポチじゃないのか。じゃあ、タマ?」

 どうやらこちらの事らしい。

「ポチでも、タマでもない。山根耕一だ。」

「じゃあ、コウちゃん。」

 誰がコウちゃんだ。誰が。というか、おまえがさっき人の事を馴れ馴れしいとか言ってなかったか? おまえも充分馴れ馴れしいじゃないか。

「なんだよ?」

 まあ、いいけど。そう呼ばれる事は別に、悪い気はしない。

「あのね。麗美香ね、お願いがあるの。」

 自分で自分の名前言いやがった。何可愛い子ぶってるんだこいつわ。

「なんだよ。早く言えよ。」

 もじもじしながら、麗美香は言った。

「一緒に、屋上行って欲しいの。」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ