挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界の姫さまが空から降ってきたとき 作者:杉乃 葵

第三章 摩耶

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

35/113

第三十四話︰Worry

「ニーナ、おまえは、その箒を構えてヤツに突っ込め。」

 nullさんって方は、何を言ってるんだろうか?
 この箒という代物は、清掃するための道具だと、どこかで読んだ。それとも、私の知らない何か特別な効果があるのだろうか?

「この箒っていうもので、アイツを倒せるの?」
「ん? あっははは。まさか。それで倒せるなら、是非観てみたいものだ。」

 nullさんは、そう言って、お腹を抱えて笑っている。
 少しは、殺意が沸いたんですけど。

「いやあ、すまんすまん。ぶふっ。そいつは、フェイクだよ。」
「フェイクってなんでしたっけ?」
「ああ、騙しだよ。ヤツに向かって、こう突き刺す様に構えて突っ込むんだ。ヤツは、きっとこいつと勘違いしてくれるだろう。痛い目を見たんだ。ヤツの記憶にしっかりと残っているだろうよ。」

 手にした空気銃を目の前で揺らした。
 ヤツの知能は、程々に高そうだから、きっと引っかかると、nullさんは、言った。
 本当にそうだろうか? 

「ああ、死ぬ気で行けよ。どうせ死ぬつもりだったんだろ?」

 そう言って、口を半月状に歪めていやらしく笑った。
 本当に殺意が沸くんですけど。

「私は、犬死にするつもりはありません!」

 つい、口調がきつくなってしまった。でも、しょうがないじゃない。この人が私を怒らせるんだもの。

「ああ、わかっているさ。ちゃんとおまえに、とどめを刺さしてやるさ。だから、言う通りにしろ。」

 nullさんの眼が、さっきまでふざけてた眼とは違う、鋭い光を放った。

「いいか、今から云う事が一番重要だ。そこに総てが掛かっている。そして、もし失敗したら、そのときは私に構うな。おまえの最初の計画通りにやれ。」

  ※※※

 本気で突き刺すつもりで、ヤツに向かって突っ込んだ。
 マルニィの仇、そして、恐らくみんなの……

 ヤツは、nullさんの予想通り、上に飛び上がって避けた。NULLさんは、すごい。わずかに接した間に、ヤツの行動パターンを予想したんだ。ヤツの特徴を、その跳躍力だと見抜いたんだ。

 (ヤツが避けたら、そのままつんのめって転べ。そして、箒をヤツに見えるように遠くへ手放せ。そして…)

 突撃を躱された体で、廊下に横転し、箒を遠くへ手放した。
 そして、ポケットに手を突っ込む。

 ヤツの方を見る。

 ヤツは身を屈めて、今にもこっちに飛び掛かって来ようとしていた。

 私は、nullさんを信じて、突っ込んだ。

 パシュッ!

 背後に忍び寄っていたnullさんが、ヤツの背中に弾を撃ち込んだ。
 弾が内で弾け、ヤツは弓反りになって硬直した。

 両手に持った二つの石をガッチリと合わせ、ヤツの身体に埋め込む様にひっ付けた。粘液状になっていたその身体は、石を飲み込んだ。爆発までどのぐらいある?! 実際に使うのは初めてなのでわからなかった。

「nullさん、OKです! 退避してください!」

 慌てて手を引き抜いて、教室の窓に飛び込み、ガラスを割りながら室内に転がり、壁を盾にした。


  ※※※


 総て計算通りに進んでいた。
 ニーナも、うまくやった。
 爆発までの時間が正確にわからないのが嫌だが、贅沢は言ってられん。

 後は、窓をぶち破って飛び込むだけだった。

 ズキンッ

 まったく今日は、厄日だ。
 自分の体調を見誤るとは。
 予想以上に、わたしの身体はやられちまってたらしい。

 廊下が眼の前に迫って来ていた。

 そうか。わたしは今、倒れているのだな。

 そんな事を、ぼんやりと考えていた。

 倒れる衝撃に備え、心の準備をしていたが、身体が急に浮き上がった。
 爆風?
 いや、しかし、爆音は聴こえて無いぞ。ははは。耳までイカれちまったか。

 身体はさらに浮き上がり、窓を破って室内に転がった。

 その刹那、爆音が響き、室内が震動した。
 壁が崩れる様な轟音が聴こえ、耳が、キーンとなった。
 埃が舞い、砕けたコンクリートやらガラスやらが、身体にバチバチと当たった。
 爆風が渦巻き、ショートカットの、わたしの髪をいいように弄んでいた。

 爆音のせいか、わたしは正気を取り戻したようだ。
 ああ、そうか。あいつが来たのか。よっぽど急いだんだな。ほんとに、ばかなやつだ。飛散物からわたしを守るために、身体を覆っている。少し重い。わたしは、そういう想いは苦手なんだよ。

「ふっ、おまえか。邪魔するなと言ったはずだぞ。」
「それが、恩人に云う第一声ですか?」

 眼の前に居る、わたしを守るように覆い被さっているこいつはそんな事を云う。まったく生意気だ。なんか、助けてやったんだぞという、どや顔にいらついた。

「ひとつ間違えれば、おまえも一緒にあの世逝きだったんだぞ。」
「でも、間に合いました、」
「たまたまだ。つぎも同じようにできると思うなよ。」

 実に不愉快だ。なにが不愉快なのかわからんが、とにかく腹が立って仕方が無い。なんでこいつは、こんなに飄々としてるんだ。少しいじめてやらないと気が済まない。

「それで? いつまでわたしに抱きついているつもりなんだ?」
「なっ?」
「まあ、命を助けられたので、礼代わりに少しぐらい抱きしめさせてやってもいいと思ったが、そろそろ離してもらえるかな?」
「ちょっ、nullさん、なに言ってんですか?!」
「なにをそんなに驚いている? ふふふ、わたしは、女じゃないと云った覚えはないぞ。」
「うはぁ…もうなんでもいいです。考えたくない。」

 ふん。少しは気が晴れたかな。
 おっと、ばかなことをやっている場合では無かった。ぶつぶつ言いながら、こいつは、わたしの身体を解放したので、ヤツの状態を確認するため、そっと廊下を覗く。ヤツの残骸らしきものが当たり一面に飛び散っていた。

「おい、ニーナ。生きてるか?」

 隣の教室に向かって声を掛けた。遠くでニーナの声がした。

 良かった。生きていたか。

「これで、倒したんだよな?」

「たぶん。」

 たぶんか。まあいい。

「よし、すぐ逃げるぞ。」
「え? ヤツは倒したんじゃないんですか?」
「ばか、ヤツじゃない。これだけの騒ぎを起こしたんだ。すぐに学校関係者がここに来るぞ。このままここにいると、いろいろと面倒だと思うが?」

 ああ、という表情をしたこいつは、納得したようだ。

「おまえは、ニーナのところへ行ってやれ。ここに来ないところを見ると、腰でも抜かしているのだろう。」
「あ、はい。すぐ戻りますので、待っていてください。」

 そういって、慌ててニーナの元へ、そいつは掛けていった。

 あんまり無理するんじゃないぞ。わたしは、おまえを気に入っているんだ。いつも、わたしが世話できるわけじゃないんだからな。


  ※※※


 ニーナと共にnullさんのところに戻って来ると

 もうそこには、nullさんの姿はなかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ