挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界の姫さまが空から降ってきたとき 作者:杉乃 葵

第三章 摩耶

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

33/113

第三十二話︰shackles

 「ん? そこに誰か倒れていなかったか?」

 nullさんは、教員が倒れていた辺を指差す。

「ああ、その人はエレベータ前に運びました。下の階に降ろそうと思いまして。ここに放置していると、襲われたらいけないので。」

 「では、お前と、そこのお前、そいつをとっとと降ろしてしまえ。」

 nullさんは、ヤマゲンにも声を掛けた。急に声を掛けられてヤマゲンはまごついている様子だった。

「えっとでも、それじゃ、nullさんとニーナだけになるじゃないですか?」
「そうだが、なにか問題があるのか?」
「二人だけで行くのは危なくないですか?」
「あの男を運ぶのなら、お前が居ないと大変だろう。重そうだからな。ニーナが居ないと闘えんし、残るは、わたしかそこのやつしかおるまい。お前一人じゃ運ぶのきつかろう。」
「わかりました。降ろしたらすぐに戻ってきます。」
「じゃあな。」

 nullさんは、そう言って、ニーナと廊下の向こう側へと歩いて行った。
 なんだか釈然としない。上手く騙されたように感じた。

「よし、ヤマゲン急ぐぞ。」

 考えても仕方がない。ヤマゲンを即して、エレベータ前へ。
 エレベータを待っている間、摩耶先輩に電話をして事情を説明。1Fのエレベータ前で合流する手筈を取った。

 なんだか嫌な予感がして仕方が無かった。



   ※※※



 ピ・・ピ・・ピ

 廊下の突き当りまで行った。受信機を上に向け、そして下に向けた。
 下だな。この下は理科実験室だな。
 隣に居るニーナと呼ばれている人物に、下だと合図をする。
 ニーナは頷く。

 このニーナというやつ。いったいどうやってあいつを倒すつもりなんだ? そして何故秘密にする?
 まあ、大体の検討はついているがな。その為に、ニーナとわたしの二人だけにしたんだ。
 急がねば。またちょっと意識が朦朧としてきた。それに、どうやら麻痺から覚めてきて痛みが強くなってきた。

 受信機を彷徨わせながら、ゆっくりと階段を降りていく。ニーナも後についてゆっくりと降りてくる。

 あいつは手傷を負っているはず。そうでなければわたしは生きていないだろうしな。

 改造空気銃のボルトを引き、新しい弾を装填する。一応、保険を掛けておく。ニーナが上手くやれないかもしれないからな。

 ゆっくりと階段を降りていく。やつの動きは緩慢だ。ゆっくり降りている我々が徐々に追いついている。かなりダメージを喰らったのか? それとも罠かな?

「おい、ニーナ。やつは、すぐ下だ。」

 ニーナは、黙って頷く。

「ところで、ニーナ。おまえは、どうやってやつを倒すつもりなんだ?」

 ニーナの動きが止まる。

「それは、言えない。」

 やはりな。なんて決意に満ちた顔をしているんだ、こいつは。

「なあ、おまえ、死ぬつもりだろ?」

 ニーナは、びくっと身を震わせて、わたしを観た。
 まったく。世話の焼ける。

「やつと相打ちにでもなるつもりか? やっぱりな。どんな事情かは知らんが、わたしの目の前で死ぬ事は許さんぞ。そんなもの見せられるのは迷惑だ。」

「あいつは、私が連れてきてしまった。だから、私が始末しないとダメなの。」

「ふん。責任感? いや、罪悪感か? 生きるより死ぬほうが楽かもしれんな。まあ、わたしの居ない所で勝手に死んでくれ。」

 やれやれだ。まったくどうしようもないやつだなあっという感じで、両手を広げて見せる。

「nullさん、お願い。私にやらせて。」

「残念だが、断る。やつには借りがあるんでね。わたしは、根に持つタイプなんだよ。やつは、わたしが始末する。まあ、おまえがやりたければ、勝手にやればいい。わたしはわたしで勝手にやるさ。」

「ダメなんです。nullさんは離れていてください。」

「なるほど。わたしが近くに居ると巻き込まれるというわけか。そういうタイプの何かなんだな。ふふふ。じゃあ、離れる訳にはいかないな。」

 意地悪く笑って、ニーナを見詰める。

「言っただろう。やつには借りがあるって。」

 ニーナは、右掌を見詰め、首を振って、右手を降ろした。
 なんの真似だ? まあ、いい。

「後、おまえのとっておきを、わたしに教えてくれないか? わたしなら、おまえよりもっと上手く使えるかもしれんぞ。」

 ニーナは、少し驚いたような表情を浮かべたが、意を決したのか、上着の両ポケットに手を入れて何かを取り出して近づいて来た。

「これです。」

 ニーナの両掌には、ゴルフボール大のピンク色に輝く透き通った石と、緑色に輝く透き通った石があった。

「ほほう? 観たことの無い石だな。」

「はい。私の世界で採れる数少ない石です。」

 ニーナは、石を元のポケットにそれぞれに仕舞った。

「この2つの石を、少しの間、くっつけると爆発します。やつの身体の中でくっつければ、やつが吹っ飛ぶぐらいには爆発します。」

「なるほどなあ。やつにわざと喰われて、爆死するつもりだったのか。」

 コクリと頷くニーナ。
 まあ、悪く無い作戦だ。一番確実だろうな。
 だが、不採用だ。

「よし、では、行くぞ、ニーナ。おまえは、わたしの指示通りに動け。いいな。」

 ニーナは、反射的に頷いた。
 ふふふ。よし、頷いたな。

「ニーナ。やつを倒すぞ。」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ