挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界の姫さまが空から降ってきたとき 作者:杉乃 葵

第三章 摩耶

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

27/113

第二十六話︰decision

「ほほぅ。これはまた、大変な事になってしまったじゃないか。」

 液晶ディスプレイに映された、屋上の監視カメラの映像を見て、nullと名乗る人物は、呟いた。

 そこは、nullの部屋。

 ローテーブルの上に、液晶ディスプレイが3台横並びに置いてあり、ソフトウェアが起動しているウィンドウが無数に表示されている。幾つかのウィンドウは、忙しなくログを吐き続け、古い表示を上へ上へと押し上げている。
 監視カメラの映像を保存し、再生する。屋上に居る人のようなカタチをした何かが、3メートルはあるだろうフェンスをよじ登り、外側へ移動、カメラの死角に消えていく姿が遠目に映し出されている。

「ははは、無様過ぎるだろう。」

 nullの苦々しい笑いが、四畳半の部屋に響く。
 畳の上に、すくっと立ち上がり、古びた木製の扉を開いて外に出る。扉は悲鳴のような音を立てて開き、nullの背中でしっかりと閉められた。

 あいつはフェンスを乗り越えて、外へ。10階建ての校舎の屋上だぞ? どこに行くつもりだ? 馬鹿なのか。いや……それとも知能が高いのか?

 nullは、右手を顎にあてながら、歩き始めた。

 屋上の下は10F、室内プール施設になっている。時刻は18時ごろ。水泳部の部活は17時に終わる。ほとんどがもう帰宅しているだろうが、数名残っていたとしても不思議はない。
 あの生き物のパワーは推測出来ないが、もし知能が高ければ、おそらく、手近な10Fから、窓を蹴破って内部に入り込もうとするだろう。
 理事長の馬鹿な計画のため、あの生き物は腹を空かしているだろう。水泳部が残っていたら大変な事になる。
 学校のサーバに侵入出来るようにしておいて正解だったとnullは思った。そうしていなければ、今の事態を把握することが出来なかったであろうからと。

「だがしかし、水泳部の連中が運悪く(いや、運良くなんだろうか)残っていたら、やつは、10Fで食事を終えた後、そこで潜伏するだろう。それが現段階では一番ありがたいが、尊い犠牲を払うことになるが。」

 小型双眼鏡を取り出し、外から学校の校舎10F辺を覗く。
 そしてまた、あの怪物がフェンスを乗り越えた下あたり、落下していたらそこに居るであろう場所を視た。
 しかし、何も視ることは出来ずに諦めてその手を降ろす。

「腹を空かせた猛獣は、やがては麓に降りてしまうぞ。」



 ※※※



「学校の屋上に、何かが居る?」

 さすがに美霧の事は言えなかったが、ニーナの追求に負け、わかっている事を伝えた。
 学校側によって、屋上へ出れないように閉鎖されている事。null先輩が(ひとまず先輩と呼んでおく)、その何かの姿を見た事を話した。
 しかし、なかなか本当に伝えたい事は、言い出せなかった。ニーナは、そんな自分の様子をじっと碧い瞳で見つめていた。
 自分から言い出さず、ニーナに悟って貰おうとするのは、卑怯だろうか。やっぱり、卑怯なんだろうな。
 何度か、ゆっくりと深呼吸を重ね、自分の気持ちを落ち着かせる。
 それでも、何が正しいのかなんて、わからなかった。
 ただ、ここで、ニーナに悟らせるのは、自分を守りたいだけの行為に思えてならない。
 ニーナを傷つける行為を、自分でしたくない、避けたいだけだ。どのみち、ニーナが悟れば、その段階で傷つくのだから。ニーナが自分自身で傷つくのか、こちらから言って傷つけるのかの違いだけだ。
 なら、その役は自分でしないとだめなんだろうな。

「ニーナ、これは自分の推測だけど、屋上に居る何かは、ニーナの世界を襲ったやつなんじゃないか?」

 ニーナの方を観ては話せなかった。

「ニーナと同じように、ここに飛んで来たんじゃないだろうか?」

 ニーナは黙っていた。じっとこちらの話を聞いていた。

「そいつは、どうすればいい? どうすれば倒せる? むっちゃやばいやつなのか?」

 ニーナの返事が無いので、心配になり、彼女の方を見た。ニーナは俯いて立っていたが、やがてゆっくりとその場にしゃがみ込んでしまった。
 声をかけようと思ったが、掛ける言葉が見つからなかった。
 ニーナはしゃがんで両手で顔を抑えながら、何事かをつぶやいていた。恐らく元のニーナの世界の言葉なんだろう。動揺しているんだろうな。そんな姿のニーナを見るのは辛かった。最近よく笑うようになったニーナ。このままずっと笑っていて欲しかった。やっぱり話すべきではなかったのだ。学校側が対処して、最終的に何事も無かったことになったかもしれないんだ。後悔がずっしりと自分の胸を重くしていった。

 窓の外は大雨。強い雨が窓を叩いていた。風も強く、ごうごうとその音が大きく響いていた。その様子はまるで嵐のようだった。

 ニーナは突然、すくっと立ち上がり、足早に部屋を出て行った。

 突然の事に呆気にとられ、後を追うことが出来なかったが、数秒後に我に返り、ニーナの部屋に様子を見に行った。

「おい、ニーナ。どうしたんだ?」

 ニーナはそれには応えずに、後ろ向きのまま無言で部屋着を脱ぎ出した。

「え? ちょ? ま?」

 ニーナは振り返り、「出てって」とだけ言って、また脱ぎ始めた。

 慌ててニーナの部屋を出て、扉を閉めた。

 なんだ、なにが始まったんだ? とりあえずそのままニーナの部屋の前で一段落付くまで待つことにする。

 そろそろいいかな? と思う頃合いで、扉をノックしようと思ったら、向こうから扉が開けられた。
 部屋から出てきたニーナは、初めて会ったときの格好をしていた。
 その姿は、まるで軍服の様な深緑の学生服姿。スカートだけピンク色。頭に大きな深緑のベレー帽を被っていた。

「えっと・・・ニーナ? どうしたんだ? その格好。」

 ニーナは、凛とした表情でその碧い眼を光らせて、こちらを見た。

「やつを倒してくる。」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ