挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界の姫さまが空から降ってきたとき 作者:杉乃 葵

第三章 摩耶

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

26/113

第二十五話:oath

 バスが、自分が降りる停留所に着くまでの間、摩耶先輩と自分は会話をすることはなかった。
 バスを降りるとき、ちらっと摩耶先輩の方を見たが、摩耶先輩はずっと俯いてこちらを見ることは無かった。

「ニーナと関わるな、か…」

 そんな訳にはいかない。ニーナのことを知ってしまったから。ニーナの記憶から伝わって来たニーナの居た世界の終わり。それを知っているのは、自分とヤマゲンだけ。いや、もう一人、美霧も恐らく彼女自身の能力ちからで、知っただろう。美霧が何を考え、何を探していたのか。わからない。

 バスを降り、傘を差す。
 雨はずっと降り続いている。路面に溜まった雨は、排水溝へと流れてゆく。なんとなくその様子を眺めながら、とぼとぼと家路を急ぐ。
 屋上に何かが居ることは、学校は知っている。知っているからこそ扉を閉ざした。学校は、どうするつもりなのだろうか? でも、学校が知っていてどうにかしようとしているのなら、自分が何かをする必要は無いのではないだろうか? なら、ニーナに話す必要も無いのではないだろうか・・・・・・

 わからない。何が一番正しい事なのだろうか。

 ぐだぐだと考えているうちに、家に着いた。

 母とニーナと三人で食卓を囲む。ニーナは、美味しそうに味噌汁をすする。ここのところ、ニーナは味噌汁にハマっている。

「ふっふっふ~ん。お味噌汁は、マイブーム。」

 などとニコニコ顔でおっしゃってる。最近、母に味噌汁の作り方を教わったりもしていたようだ。
 最初の頃より、表情が豊かになった。母もそんなニーナを可愛がっている感じだ。
 少しずつだけど、ニーナの遠慮がいい意味で減ってきたように思える。
 幸せを少しずつ集めて積み上げている感じの今のニーナ。そんなニーナの気持ちに、やっぱり水を差したくない。

 コーイチ

「コーイチィィ!」

 ニーナの大声に、呼ばれている事に気がついた。どうやらずっと考え事に没頭していたようだ。

「おっ、お? なに?」
「さっきから呼んでるのに、もう。」

 白い肌を真っ赤に染めて怒るニーナ。こんな表情もするようになったんだなぁっと感慨に耽る。

「これ。そのお味噌汁。私が作ったの。」

 え?

「だから、そのお味噌汁。全部、1から私一人で作ったの。」

 おお。そうなのか。

「で?」

 え?

「どうよ?」

 ん?

「感想。」

 ああ。

「おお、すごいな。ちなみに、自分は作れない。というか、作り方知らないし。」

 ニーナは、じっとこっちを見つめる。

「あ、うん。美味しいです。うん。」

 なんかこういうのは苦手だ。上手く褒められない。褒め慣れてないっていうの? あんまり褒めるって機会って無くない?

「そーいうのを、えーっと、取ってつけたようって言うんだっけ?」

 ニーナが俯き加減で上目づかいで睨んでいた。

「いやいや、そんなことないよ。だって、いつもの味噌汁と違うって気づかないぐらいだったから。」
「そう。」

 そう言ってニーナは、確かめるように味噌汁を啜って、満足そうな顔をしたように見えた。


 食事を終えると、自分の部屋へ戻った。
 いつもはニーナの部屋へ行って今日の様子などを聞いたりするのだけど、たまには行かない日もあっていいだろう。今日は話をしたくなかった。うまく話せない気がした。
 やっぱり、ニーナにはまだゆっくりと休んでいて欲しいと思った。


 プスッ

「いっっっっってええええ」

 いい加減条件反射になる。

「ニーナ!てめええ、いてええよ!」

 やっぱりニーナがベッドの横に立っている。
 どうやらいろいろと考え事しているうちにベッドでうたた寝していたようだ。

「コーイチ。今日様子おかしい。」

 こちらの言葉は無視してニーナは続ける。

「何かあった? コーイチは、何かあると私の部屋に来ない。」

 なんだろう。自分はワンパターンな人間なんだろうかと、頭を抱える。
 まだぼやけている頭を振りながら、ベッドの上で座りなおす。

「なんでもないよ。ちょっと調子が悪いだけだ。」


 プスッ

「やめろって。」

 ニーナは、また人差し指で刺してくる。
 しばらく二人で見つめ合いながら、だんまり状態になった。

 ニーナは、徐ろに右掌を目の前に突き出し、

「私は、この掌を使わないとコーイチに誓った。だから、コーイチも私にこの掌を使わせないと誓って欲しい。」



 ※※※


 また、余計な事を云ってしまった。それで何かが変わる訳でもないのに。そして、どんどん私は、あの山根という後輩を放って置けなくなる。私の本能が危険だと告げているのに。私こそ、山根という後輩に関わるべきではないのだ。
 スマホの画面に、霊視用に転送してもらった美霧さん達の写真を視る。山依さんとニーナさんが楽しそうに(ニーナさんはちょっと戸惑う感じで)写っている。その横に山根さん、少し離れて美霧さん。
 美霧さんは、残りの三人を遠目に視ている。あなたも放って置けなくなったのよね。少し違うか。山依さんの為に、山根さんを放って置けなくなったのね。
 ニーナさん。無理もないか。あなたには同情する。

 ブブブブブブ

 スマホが震えだした。着信だ。
 理事長から? 
 バスの中だけれど、理事長からならそれは緊急の電話に違いない。幸いバスの乗客も少ないので、遠慮なく電話に出る。

 え? 理事長の言葉を聞き愕然とした。
 まさか、逃げられるなんて・・・・・・
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ