挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界の姫さまが空から降ってきたとき 作者:杉乃 葵

第三章 摩耶

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

24/113

第二十三話:null 3

 自分の目の前に居る人は、null先輩なんだと思う。だが。

「null先輩? なんで男装してるんですか?」

 そう、null先輩は、男子用の制服を着て、立っていた。

「ん? 男装だと? 君は私が男子用制服を着ているのがおかしいというのか?」

 そう言って、ケタケタと笑った。

「いや、先輩は女性でしょ? なんで・・・・・・え?」
「君が私を女性だと思っているのはどうしてだ?」

 null先輩は眼を緑色にして楽しそうにこちらの顔を覗き込む。

「昨日は、女子の制服を着ていました。」
「そうだな。それに、背も低いし、顔つきも女っぽいからな。」

 はぁ・・・・・・え? まさか、本当は男?

「もし、昨日会わずに、今日、今ここで初めて会ったとして、君は私を女だと思ったか?」

 え? うーん。そう言われるとどうなのだろうか。確かに、顔は女っぽいが、身体が未成熟なせいか、女性らしい身体のラインは伺えない。あえてそう見えないようにしている可能性もあるが。

「背の小さい、女っぽい顔をした男だと思ったんじゃないか?」

 そう言って、クククと笑った。

「まあ、そんなことはどうでもいいだろう。そんなことよりも、聞きたいことがあるんだろう?」

 なんだか、この先輩に翻弄されている気がするが、まあ、いい。

「はい。先輩は、その、一昨日ここに来て、屋上に出たのですか? 一昨日ここに来たっておっしゃってましたよね?」
「ああ、出たとも。」

 やっぱり。

「それで、何を見たんですか?!」

 勢い込んで尋ねた。

「一見、何も無かった。」

 null先輩は、そこで一旦言葉を止め、眼を瞑って一呼吸を置いた。

「だが、何かが居た。」

 閉ざされた扉を指さして

「この向こうには得体のしれない何かが居る。学校側もそれに気付いたんだろうな。それでこの始末だ。」

 居たって何が? そのとき予感めいた何かがあった。自分の記憶にはない、他の誰かの記憶の中にあるもの。
 背筋に冷たい汗が流れる。きっと自分の顔は青くになっているに違いない。

「居たって何がいたんですか?」
「何かがだよ。確かめる訳にはいかなかった。本能が危険だと知らせていたからな。相手に気付かれずに戻るのがやっとだった。」

 じゃあ、美霧はその何かに?

 ふっ・・・とnull先輩はため息を漏らして

「今日のところはこの辺が限界のようだな。また会おう。」

 null先輩はトコトコと階段を降りていく。

「あの、先輩!」

 振り向いてnull先輩を呼び止める。が、自分が何を言おうとしているのか、自分でもわからなかった。
 null先輩は、ゆっくり振り向いて

「先輩と呼ばれるのは気持ちが悪いと言ったはずだぞ。それに君は何故、私を先輩だと思っているのかな?」

 null先輩は、さも楽しそうにくすくすと笑った。

「じゃあな、また会おう。」

 null先輩は、そう言うなりトコトコと階段を降りて消えて行った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ