挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界の姫さまが空から降ってきたとき 作者:杉乃 葵

第三章 摩耶

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/113

第二十二話:null 2

「あひゃはひゃひゃはやひゃ」
 ヤマゲンがけたたましく笑い転げている。
 1時限目が終わった休み時間。教室に戻ったときに、ヤマゲンに尋ねられたので、正直に話した。まあ、別に隠すようなことでもないからな。
 屋上へ行って来たこと。いや、正確には、屋上に行こうとしたこと。そして、nullと名乗った変な先輩に出逢ったことを。
 ヤマゲンのツボに入ったのは、どうやらnullと名乗ったことらしい。

「なにそれ? 中二病ってやつぅ? あはははは。中二病って言葉ももう古いかぁあ。あははは。」

 鬱々として気分を振り払うかのように、ネタを利用して無理にはしゃいでいる様にも見えるヤマゲン。実際のところどうなんだろうか。

「屋上の秘密かあ。何があるんだろう。気になるよねえ。空からでも見れればいいんだけど。」

 残念ながらこの学校の校舎の屋上がこの周辺では一番高いところにある。

「空から・・・・・・例えばでっかい凧に乗って行くとか。」

 ヤマゲン、お前は忍者か?

「ちょっと、やまねこ! あんたも真剣の考えなさいよ!」

 え? 凧、真剣だったのか? おまえ。

「いやあ、null先輩は行くなって言ってたしな。行かないほうがいいだろう。そんな気がする。」

 ヤマゲンに睨まれた。「本気で言ってるの?」と、その瞳は語っていた。
 もちろん本気ではない。が、しかし、屋上が危険だというのはおそらく本当なんだろうな。ならば、充分に慎重に、行かねばならない。
 ヤマゲンは、組んだ腕の指をバラバラにパタパタとさせて、足を組み、せわしなく貧乏ゆすりをしていた。目は天井を向いているが、何かを見ているわけではなく、いろいろと頭の中で屋上の状態を見る方法を考えているのだろう。
 そして、それはきっと、美霧が居なくなったこと、そしてその事に関連する何をすることで、気持ちのバランスを取っているのだろう。
 それにしても、屋上にいったい何があるのだろう。誰も屋上に出られないように厳重に鍵を掛けられた扉。それは、向こうに行ったら危険ですよという意志をはっきりと表明している。今日突然それはなされた。昨日は何も無かったとnull先輩は言った。美霧は、一昨日の昼休み以降失踪している。

 ん?

 null先輩は、昨日、屋上に入っている?
 屋上に何があるのか知っている?

「null先輩に会ってくる。」

 ヤマゲンは、ぽかんとした顔をした後、どうやって会うのよ? と聞いてきた。
 そういえば本名やクラスがわからない。
 3年生のクラスは全部周るか・・・・・・いやあ、それも大変だし、居ればいいけど、居なかったら、nullって人居ますか? って聞いて通じるのかどうかわからないしな。


 良い案が浮かばないまま、お昼休みになった。
 ヤマゲンは屋上の、閉ざされた扉を観たいと行ったので、一緒に行くことにした。
 特に変わったことはなく、朝に見たままのとおりだった。
 ヤマゲンは鍵を引っ張ったり、窓を塞いでいる鉄の板を引き剥がそうと頑張って手を切ったり、切った手に絆創膏を貼ってやったり、板の隙間から屋上の様子を見ようと覗きこんだりしたが、結局何も得るものは無かった。
 null先輩に会えるかと思ったが、結局お昼休みには会えなかった。


 次の日、また1時限目の授業をさぼって屋上へ向かう。あまりサボっていると、寛大なうちの高校でもさすがに指導されそうだが、今はどうしてもやれることはやっておきたかった。
 null先輩が居ないかもしれないが、ひょっとしたら、という思いが消えなかった。なにか予感めいたようなもの。そんな感じ。

 屋上へと続く階段を登りながら見上げると、そこに小さな人影があった。

 やっぱり居た。

「やっぱり来たな。待っていたぞ。」

 null先輩は、口元を大きく半月状にしてニヤリと笑った。

「聞きたいことがあるんだろう。そうなるようにこの間会話したからな。君は、やっぱり見どころがあるな。」

 そうやって笑うnull先輩。

 だが、null先輩の姿は昨日とは違っていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ