挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界の姫さまが空から降ってきたとき 作者:杉乃 葵

第三章 摩耶

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

22/113

第二十一話:null

 10階までエレベータで上り、屋上への階段を上がる。
 薄暗くて陰鬱なこの空間は、自分の心情のせいか。前に屋上へ行っていたときには、こんな風に感じたことは無かった。静かな空間に、階段を登る自分の足音が聞こえる。ここに何かがあるかもしれない。その思いは、屋上への扉が重いチェーンでノブをぐるぐる巻にされ、でっかい南京錠で閉ざされているのを見て確信へと変わった。
 いつの間に、ここは入れないようになっていたんだ?
 扉の横にある窓も、鉄の板を被せて塞がれていた。
 ついっと近づいて南京錠を引っ張ってみた。当然、鍵が開く気配は無い。チェーンが軋む音と、鉄の扉に当たる音が辺に反響しただけだった。

「なんだ? 屋上に興味があるのか?」

 左方向から女性の声が聞こえた。声のする方向を見ると、壁際に体育座りをした女子生徒がこちらを見ていた。すごく小柄でショートカット。眼が大きくクリンとしていて、つり目の猫の様だった。制服から三年生の先輩だとわかる。そう、この学校は白地の制服で、色付きのラインが入っている。このラインの色が学年ごとに違うのである。この女子生徒のラインは赤。今年の赤は3年生。

挿絵(By みてみん)
「前によく来てたんですけど。今日久しぶりに来たら、こんな状態に。前には普通に開放されてたんですけど。」

「ああ、そのようだな。私もつい今しがた来たらこうなっていた。おそらく昨日の夜か、今日の朝にこうなったんだろう。昨日来た時は何もなかったからな。」

「先輩もよく屋上へ?」

「そうだな。いつもという訳ではないが、何度か来ている。昨日は、たまたま来たんだ。」

「自分は、いつも昼休みに来てました。最近はずっと来てませんでしたけど。」

「どう思う?」

 突然の予想外の質問に、え? っと言葉が詰まる。

「何がですか?」

「何がって、なんでこうなったのかだよ? 当然の疑問だろ?」

 先輩は、さも楽しそうに、くすくすと笑った。

「何の通達もなく、いきなりだ。まるで何かあったかのようじゃないか?」

「はぁ・・・・・・」

 この先輩は何者だろうか? 

「君は何か知っている。だから来た。そうじゃないのかな?」

 え? なんなんだこの人。とういうか、最近出逢う人は、みんななんか変な人が多い気がするが気のせいか?

「いえ。何も知らないですよ。今日は、たまたま来たんです。」

 とりあえず、ここはしらばっくれておく方が無難だ。

 先輩は、ゆっくりと立ち上がって、こちらに歩み寄って来た。

「違うな。いつもはお昼休みに来ていたと言ったのは君じゃないか? 今は、いつだ? そう1時限目の真っ最中だ。そしてしばらく来ていなかったのに、今日いつもと違う時間にわざわざ来た。何故? 何かを確かめに来たんじゃないのか? 例えば、そう。今ここはどうなっているのだろうか? とか。」

 先輩は目の前まで来ていた。背はかなり低めだ。150cmあるかないかぐらい。下から探るような鋭い視線で射抜かれる。大きな猫目が緑色に光っている。
 なんだなんだ? 一体なんのつもりなんだ? もしかして、ここの番人で、近寄る人間をどうにかしようとでも言うのだろうか? 嫌な汗が背中を伝って流れる。

「ふふ・・・・・・そう警戒するな。ちょっと退屈していたので、君に遊んでもらおうと思っただけだ。」

 そう言うと先輩は、自分の脇をすり抜け、階段を降り始めた。

「ああ、一つ言い忘れるところだった。」

 階段を半ば降りたところで振り返り、先輩はこちらを見上げた。

「出来ないとは思うが、もしもという事があるので言っておく。決して、その扉を開けて屋上に出ようなどと思うなよ。」

「えっと。先輩は、屋上に何があるのかご存知なんですか?」

 先輩はこちらの質問には答えずに、

「君が屋上に出てどうなろうと勝手だが、その事で周りが大変な事になるかもしれんぞ。だから止めておけ。」

「あの、先輩。」

「先輩と呼ばれるのはどうも気持ちが悪いな。そうだな、私の事は、null(ヌル)と呼んでくれ。」

「null?」

「そう。nullだ。よろしくな。また会うこともあるだろう。そのときもまた遊んでくれたまえ。期待しているぞ。」

 そう言うとnullと名乗った先輩は、ケタケタと笑いながら階下に消えて行った。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ