挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界の姫さまが空から降ってきたとき 作者:杉乃 葵

第三章 摩耶

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

21/113

第二十話:The Beginning Place

 ニーナは言った。
 美霧がニーナと同じ能力ちからを持っていると言ったと。
 その真偽は確かめる事は出来ないが、確かに今思い返せば、美霧との会話に違和感を感じていた。なんか会話が噛み合ってないというか、タイミングがズレているように感じたんだ。それはこちらが口にするよりも早く、美霧が感じ取っていたということかもしれない。
 それに、美霧は、ヤマゲンの記憶が変えられていることに気付いていた。ルームメイトとして一緒に居たから、心の状態の変化に気付いたのかもしれない。そして、ニーナが元に戻した後、何も言って来なかったことを考えると、ちゃんと元に戻った事が彼女にはわかったという事なのかもしれない。

 ヤマゲンと並んで、朝のバスを待っていた。ニーナから聞いた美霧の能力ちからの事を話すと、ヤマゲンはさもありなんという顔をした。思い当たる事は、ここ2ヶ月の寮生活の中でも感じていたらしい。最初は、単に勘のいい子だと思っていたみたいだけど。
 ブロロロロ。バスが来た。
 ゆっくりとバスに乗り込む。後からヤマゲンが続いた。
 そして、はっとした。
 よく考えれば当然の事なのであるが、その時まで、まったく念頭に無かった。
 一番奥の席で、摩耶先輩がこちらをじっと見つめて、軽く手を振っていたのである。
 そりゃそうか。昨日、摩耶先輩は、仕事で出掛けているので、今日の登校は、このバスを使って戻って来ても不思議ではない。
 ふと気になって、ヤマゲンを見た。ヤマゲンは、ツカツカと摩耶先輩の方へ進み
「なにが、どうなったのか、教えてください。」
と詰め寄った。
「おはようございます。」
 摩耶先輩は悠々と挨拶をした。
 ヤマゲンは一瞬固まった後、「おはようございます。」と声を絞り出していた。摩耶先輩は続いて、どうぞお座り下さいという感じで、隣の席を手のひらでぽんぽんと叩いた。
「失礼します。」
 ヤマゲンは、促されるままに、隣に座った。
 摩耶先輩に一礼して、自分もヤマゲンの隣に座った。
「納得出来ないでしょうね。」
 ぽつりとこぼす。
「あたりまえです!」
 怒気を孕んだ声でヤマゲンが詰め寄るのを、肩を抑えて制する。ヤマゲンの肩は思いの外小さかった。
「意地悪するつもりは無いの。ただ、ちょっと。上手く言えない。」
 摩耶先輩は、いろいろと思いを巡らせているのか、バスの天井を見つめている眼を落ち着きなくあちこちに彷徨わせながら
「美霧さんは、何かを調べていたみたい。そんな姿が視えるの。そして、何かに・・・・・・」
 摩耶先輩は、はっとした顔をして、口を噤んだつぐんだ
「山根さん、っと言ったかしら?」
 こちらをキッと睨んだ。
「はい。そうですけど?」
「あなたにはどうも、余計な事を話してしまいそうになります。きっと美霧さんもそうだったんじゃないですか? 余計な事をあなたに話してたりしませんでしたか?」

 余計な事ってなんだろう? 摩耶先輩は一体何を言いたいんだろうか?

「申し訳ないですが、もっと離れたところに座って下さい。もうこれ以上この件でお話する事は出来ません。」

 少しきつい声で怒っているように摩耶先輩は、吐き捨てた。しかし、自分の眼には、それは懇願の様に映った。
 ヤマゲンを促し、バスの前の席へと移動する。その後ろから、摩耶先輩がぼそっと伝えてきた。

「美霧さんの件。あなた方も関わるべきではないです。学校に任せなさい。さもないと・・・・・・」

 振り向くと、摩耶先輩は顔を両手で抑えて頭を振っていた。

 その後の言を、続けることは無かった。



      ***

 バスが学校に着くと、ヤマゲンはそそくさと校舎内に入っていった。それは、まるで摩耶先輩からすぐにでも離れたいといった風だった。摩耶先輩は、カツカツと足音を鳴らしながら、こちらを追い抜いていき、振り向く事無く校舎の中へと消えて行った。

 はぁ・・・・・・

 なんだか朝から疲れるよ。この微妙な空気。
 ちょっと独りになりたくなったので、中庭へ行き木製ベンチに寝そべって空を仰いだ。
 1時限目の授業はフケよう。
 摩耶先輩もなんか、こう、奥歯に物が挟まった様な物言いだった。言えない事がいっぱいあるんだろうな。美霧の事で言えない事。そういえば、美霧もなんかいっぱい隠してる感じだったよな。
 美霧は、何もかもわかっていた様子だった。ニーナと同じ能力ちからを持っていると言っていた美霧。そうなんだ。思い返せば、こちらの思っている事を読み取っている様に会話していた様な気がする。ニーナの様に手を繋がなくても読み取れていたのかもしれない。

 そっか。だからか。ヤマゲンやニーナや自分の思っている事を、美霧は読み取っていた。だから誰よりも何が起きているのかを理解していたのだろう。ヤマゲンの変化にいち早く気がついたのもわかる。
 問題はその後だ。ヤマゲンの記憶を元に戻した段階で終わっていなかった。美霧は、あの後、何をしようとしていたのだろう。
 何かを調べようとしていた。そう摩耶先輩は言った。昼休みの時間に調べようとしていたのか。
 それなら昼休みの時間内に行ける場所なのかな。学校に来て、教室に鞄を置いているしな。自分やヤマゲンやニーナに関係している事柄なのだろうか。もしそうであるなら。それは。

 思いつく場所は一箇所しかなかった。そこへ向かう。そこはつまり、ニーナが現れた場所。

 屋上だ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ