挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界の姫さまが空から降ってきたとき 作者:杉乃 葵

第三章 摩耶

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

19/113

第十八話:The beginning of the end

 放課後、バス停で待っていた。
 バスと、そして

 ヤマゲンも一緒に来ると言って聞かなかったので、隣で一緒に待っている。
 帰りはどうするんだ? って言ったら、外泊許可を取ったと。

「外泊って何処に泊まるんだよ?」

「やまねこんっちに決まってるじゃん?」

 え? なんでうちに来るんだ?

「ニーナにも会いたいしね。」

 あー、そうだな。ニーナが居たな。ニーナの部屋に泊まれば問題ないか。親には帰れなくなったから仕方なくって言えばいいか。

「ほんとに、仲良いな。お前とニーナ。」

 優しく微笑みかけた。

「おぅ! あたぼーよ。オレとニーナは親友だからなっ!」

 親指をビシッと立ててこっちに突き出し、ニッカリッと音がしそうな口になった。
 きっとヤマゲンは、今のヤマゲンが親友だと宣言することでニーナのしたことを無かった事にしようとしているんだと、思った。根拠はないし、彼女に確認もしていないが。
 でも、どうなんだろう。ニーナはどう思ったりするんだろうか。かえって気にしたりしないだろうか。
 何が正しい事なのか、自分にはよくわからなかった。

 カッツカッツカッツ

 規則正しいリズムの靴音と共に、摩耶先輩はショートカットの先輩と一緒にやって来た。

「お昼休みは失礼をいたしました。」

 摩耶先輩は、ゆっくりと優雅に頭を垂れた。長いストレートの髪がふさぁっと顔の両脇を隠す。背は高め。160cmぐらいあるだろうか? 細身で色白の美人だった。日本人形のようにほっそりした顔で切れ長の目をしていた。

挿絵(By みてみん)

 バスがやって来たので、挨拶もそこそこに、とりえあずバスに乗ってから、という感じになった。摩耶先輩と一緒に来ていたショートカットの先輩は、「私はここで失礼いたします。」と言って寮の方へ戻っていった。どうやら、彼女は見送りだったようだ。

 三人で一番後ろの席に座った。摩耶先輩曰く、後ろに人が居ると落ち着かないらしい。
 バスがこちらの降りる場所、つまり家の近くのバス停に着くまでの間、霊視してもらえる事になった。およそ30分である。バスはもう出発しているから30分も無いかもしれない。
 ヤマゲンは、自分のルームメイトが昨日のお昼休み以降、行方不明であること、鞄は教室に置きっぱなしであること、そして鞄に彼女の携帯が入ったままだったことなどを話した。摩耶先輩は静かにヤマゲンの話を聞き取り、いくどか目を瞑って(つむって)瞑想しているように見えた。

「あなたのルームメイトの名前を漢字で書いて下さい。そして、その子の写真があれば見せてください。」

 ヤマゲンは、摩耶先輩の指示にしたがって、メモ帳の端を千切って美霧の名前を書き、携帯に映しだされた美霧の写真を見せた。それは、この間4人で出かけた時に取った集合写真だった。

 摩耶先輩は、その写真を見るなり怪訝そうな顔をした。

「美霧さんって子は、この一番左の子よね? この一番右の子は?」

 ヤマゲンの携帯を覗きこむと、一番右の子というのはニーナだった。

「えっと、いま訳あって、うちで面倒をみている子で、ニーナっていいます。」

 ふううん・・・・・・っと、摩耶先輩は息をゆっくりと吐きながらニーナを見つめていたが、頭を左右に振り、「今は、美霧さんのことよね。」と自分自身に言い聞かせるようにつぶやいた。そして、ヤマゲンが書いた「琴之葉 美霧」の文字をしばらく見つめた後、両手のひらでその紙を挟んで、しばらく目を瞑って、上向き加減で瞑想を始めた。

 邪魔をしてはいけないという感じの空気が辺に充満し始めた。ヤマゲンのやつも、じっと固唾を飲んで摩耶先輩を見守っている。まあ、大方、誘拐されたとかなんとかで、まだ生きてるとか言って依頼者を安心させて終了なんじゃないのか? とか実は最初から思っている。ヤマゲンのやつは信じているみたいだけど。こういうのは、言って欲しいことを言って、安心させて、なおかつ大方外れない線でやってるんだろうと思っている。本気でその超能力だか透視だか霊視だかを信じてはいない。今回は、ヤマゲンの気持ちが少しでも落ち着けばと思っているだけである。

 どのぐらい経っただろうか。少々時間が経っていたので、他の事を考えていたようだ。摩耶先輩の額にすごい汗が出ている事に今初めて気がついた。そして摩耶先輩の身体が小刻みに震えていた。

 ひっっという悲鳴を上げると両手で顔を覆った。そしてゆっくりと両手を胸元に降ろして呼吸を整えていた。

「少し時間を下さい。」

 そう言って彼女は目を瞑って呼吸を整えて、気持ちを落ち着かせているようだった。
 ヤマゲンも、流行る心をじっとこらえている様で、目を見開いたまま、唇を噛み締めていた。

 摩耶先輩は、何度もこちらを見ては口を開こうとしては口を紡ぎを繰り返した後

「これだけはお伝えしなければいけませんね・・・・・・。でも、彼女の身に起こったことは、あまりに突拍子の無いことなので、今は告げることは出来ません。」

 と前置きし、最後にはっきりと我々に告げた。

「琴之葉 美霧さんは、お亡くなりになりました。」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ