挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
時間転移したら巨乳になった貧乳の女の子 作者:ろーれらい

section4 私達の出会い

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/23

part3

 それから私達はセントウェスティアに向かって歩いていき、無事に到着しました。
 そして、予定通り私達は冒険者ギルドで登録を済まし、晴れて冒険者の仲間入りをしました。

 ここから、私のあるべき姿を求める物語や、リョーヘイさんの、世界を救う旅が始まるのでした……

















 なんて、そんなすんなりテンプレ通りに行くほどこの世の中は甘くないんですよ。まあ、型通りの人生なんてつまらないですし、聞きたくもないですよね?
 つまり何が起きたのか、ですか……まあ、セントウェスティアまでの道程で一悶着あったわけですよ。

 あのゴブリンと戦闘を行った森からセントウェスティアまでは歩いて2日か3日かかるかぐらいの距離がありました。よって、当然の如く途中で、ウェスティア中央山脈のそばに位置する村に立ち寄り、休息をとったんですよ。
 その村で、ちょっと奇妙なことが二つほど起きたのですよ。
 まず一つ目。

 村の宿屋に荷物を置き、夕食の準備が整うまでの暇つぶしがてら二人で近くの森の散策に出かけました。雑談をしながら歩いていると、リョーヘイさんが突如話を止め、謎の人影を指差して、

「……何やってるんだろうあの人」

 と私に聞いてきました。その人影の様子から察するに、その人はうずくまって何かをしていました。しかし、その何かが何かは私には当然わかるはずも無く、

「さあ……」

 としか私は返すことが出来ませんでした。が、その瞬間、

「うおっひょーーーーーーーーーー!!」

 その人影の方向から訳の分からない奇声が聞こえ 、

「何が起きたあああああああああああ!?」

 リョーヘイさんもほぼ脊椎反射の勢いでツッコミを入れていました。
 そのリョーヘイさんのツッコミを聞いて、奇声を発したのと同じタイミングで飛び上がったのでしょうか、その人は立ったまま固まり、恐る恐る後ろを振り向きました。そして私達の姿を見て、

「み……見ていたんですか……?」

 と、その人は聞いてきたので、

「「はい」」

 と、私達は正直に答えました。そして、その人とリョーヘイさんの話はさらに続きました。

「それはそれは……失礼しました、お見苦しい所が出てしまいました……」
「あ、はい。ところで、どうしてそんな奇声を上げていたのですか?」
「やはり気になりますか……それでは、こちらの身分を明かしましょう」

 そうして、彼は自己紹介を始めました。

「私の名前はジョーと申します。近年、私は数百年前の魔法具を集め、今の時代の機械と融合させることで新しい発明品を作る研究をしております。まあ、まだ主だった成果は出ていないのですがね……」

 そう言われてみると、確かに研究者ですね、とわかるような格好をしていました。動きやすいように改良された白衣を身にまとい、眼鏡もかけていました。腰や背中には護身用だと思われる銃も身につけていました。

「そして、最近このあたりに、昔存在していた『転移の石』と呼ばれるものが埋まっているという情報を聞きつけ、発掘調査をしていたのですよ。そしたら、なんと見つかったのですよ!!」

 そう言うと、彼は石を取り出しました。その石は、そう、過去の時代で、ライラスさんが使っていた物と同じ、あの転移の石でした。まあ、本人が使っていたかどうかは知りませんが。
 彼は続けました。

「これをこうしてああしてああやれば……うっひょっひょっひょ……」

 その時のジョーさんは汚い笑顔を振りまいていました。全然癒されることもなく、ただただ嫌悪を覚える、そんな笑顔でした。

「はっ!ご、ごほん」

 そしてジョーさんは我にかえり、

「そして、あなた達は一体何者ですか?」

 そして、私達は自身の身の上についてジョーさんに話しました。すると、ジョーさんは、

「ふむ……と、すると、リョーヘイ、でいいんですか?」
「はい」
「君には勇者の力が宿っている、ということでいいんですね?」
「ええ」
「ふむ……と、すると、勇者の遺跡とかそこら辺に行くわけだ……うーむ……」

 何やらジョーさんは考え込んでいました。

「いや、まてよ……リョーヘイ、そもそも君は本当に勇者の力を持っているんですか?」
「どういうことですか?」
「もし、勇者として旅立っているなら、セントウェスティアのような都市の王とかからもらった、もしくは先祖代々から村に伝わっているような、何かしらの神器を持っているはずだけど、見せてくれますか?」

 そう言うと、リョーヘイさんは難しい顔をしました。確かにこの時、リョーヘイさんは、例のライラスさんのように神器を持っていませんでした。

「神器……そう言われてみると確かに持っていませんでしたね……」
「じゃあ君は勇者の力じゃない何かを勇者の力と勘ちが」
「でも、見ててくださいよ?」

 ジョーさんの言葉を遮り、リョーヘイさんは剣を抜くと、空に向かって勇者の一撃を放ち、

「これで、どうですか?」

 と、自身の力を示しました 。その聖なる力をみて、ジョーさんは、

「なるほど……確かにその力、サンダー系の魔法を剣に纏わせただけとは到底言えないですね……うーむ興味深い……」

 と、また考え込みました。いくらか時間がたち、ジョーさんは言いました。

「よし、私もその旅に同行しましょう」
「え!?それまたどうして!?」

 リョーヘイさんは突然の提案に驚きました。もちろん私も驚きましたよ。

「君は神器を介せずに勇者の力を放てる……これはかなり面白いと思ってね。君のそばで、君をずっと見ていたいと思ってね」
「ジョーさん……そういう趣味だったんですね……」
「マリーちゃんそんな意味で言ったわけじゃないよ」
「ですよね」
「さらに、私がいれば、勇者の遺跡とかの特定に役に立つと思いま?悪くはない話ですよね?」
「まあ……はい……」

 どうやらリョーヘイさんも悪くは無いと思っているようです。

「と、言うわけで、これからお願いしても、いいですかね?」
「「はい!!」」

 そんなこんなで、なんと旅の仲間として、ジョーさんが加わることになりました。


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

リアルにファンタジーのほうがやってきた! ~謎の異世界からやってきたのは健気で可愛いモフモフでした~

これは日本に住む一人の人間と謎の異世界から来た一匹のモフモフが紡ぐ物語。 現代日本に生きる一人のしがない人間と、そこに突然現れた一匹? のモフモフが出会うとき//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全189部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 22:00
グラニスラ〜アブノーマルな「人工島」〜

日本には、金戸島という人工島がある。何もかもが揃い充実した理想の島として、人々が「グラニスラ」という愛称で呼び交わすほど人気のある島だ。 だが実は、ワケありな人//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全76部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2018/02/10 00:06
デスゲームに巻き込まれたようだけどこのゲーム作ったの俺でした

目覚めるとそこは真っ暗な空間。 記憶喪失で何も覚えていない。 扉を開けると教室。 部屋には巨乳の女騎士。 狩人。機械。ホスト。ギャル。 そして黒板に表示されるミ//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全105部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2018/02/16 22:04
TWINS~太陽の姫と月の騎士~

舞台はかつての「地球」と呼ばれた青い星が消滅した後の、神が意図的につくりだした第2の地球。 双子のミスラとセレネを中心に、蔓延るバケモノと戦い、神をも巻き込//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全100部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/03 22:00
放浪の魔女

 神聖暦第七期、終わりの見えぬ戦乱の世を旅する魔女の物語。    血のように暗く赤黒い瞳、闇のように長く黒い髪。  そして死を匂わせる黒い外套を身に纏った姿の彼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全129部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 21:29
ゲートの向こうにある世界

いつからだっただろう 私が、こんなに人間を憎むようになったのは  この世界、いや、世界は7つある。  6つの世界同士は、それぞれの世界にある、光る魔法陣//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全32部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/08/23 22:25
VARS -宇宙からの飛来物-

2057年。宇宙からある飛来物が世界各国の主要地域に落とされた。 その飛来物は直径150kmに及ぶ黒銀色の柱。高さ500kmのそれは天高くそびえ立っていた。その//

  • 宇宙〔SF〕
  • 連載(全28部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2018/02/11 08:37
猛火のスペクトラム

新番組予告! 指名手配中の凶悪犯を追いかける宇宙警察特捜刑事―― その大追跡は地球にまで及び、なんの変哲もないどこにでも転がっていそうな女子高生であるヒロイン//

  • アクション〔文芸〕
  • 完結済(全88部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/12/31 22:58
オーバードライブ女装男子!

勇者が死んだ国、アルカディア王国で目を覚ました記憶喪失の少年ハルトは、なぜか死亡した勇者ハルカとまったく同じ顔をしていた。 国民に動揺が走ることを恐れた王国の忠//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全44部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/06/05 17:00
魔王が勇者と組んで異世界に侵攻するようです

自らの世界を守る為に異世界を奔走する異世界ファンタジー。 世界が崩壊すると自分達の世界にまで影響が出てしまう。 魔王シルヴィアとその仲間はそれを防ぐ為に間接的//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全82部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2018/02/07 15:12
怪異妙奇譚伝

古の時代からこの世には、幽霊でも妖怪でもない「何か」が存在している。 名前のない「何か」の中には人間に危害を加え、最悪の場合死に至らしめることもあるのも。だが、//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全29部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2018/01/17 02:22
フローティア

駅前のビルから落下して死亡した女子高生、森津衣菜(もり ついな)は、その150秒後に起き上がった。 身体のあちこちが壊れ心臓は停止した死体のままで。 生きている//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 21:03
0から始める小説の書き方徹底講座!

「小説を書きたい」あなたへ捧げる執筆技術向上講座です。  想像を膨らませて物語を考えるのはとても楽しいことですが、それを他者へ伝えるにはちょっとした技術が必要に//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全61部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/03/13 14:43
斜陽世界《アフターグロー》に終止符を

「この世界は閉ざされているんだ」 青年の言葉で物語は幕を開ける。 鞄の少女は命を狙われ、大道芸人の青年は少女を守る。 青年騎士は力を求め、その兄は不穏を纏い//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全321部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 22:26
最弱職のイレギュラー

 なんの前触れもなく異世界へと転送された城木セイジ。しかも転送先は運悪く乱戦の真っ只中、女騎士二人の間に素っ裸で転送されてしまう。戸惑いの最中、裸を見て顔を真っ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全37部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 22:29
今宵も異世界人を召喚します

 世界大戦により、労働人口が激減してしまった異世界。そんな状況を打破すべく、政府が打ち出した政策は"異世界人の召喚"だった。   そのプロジェクトに参加する召喚//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全7部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 23:54
Blue Skyの神様へ

他種族を思いやり敬った古き時代はいつの事だっただろう。互いを殺せと意識させる『殺人欲求』の呪いが種族間でかけられてから幾年。天使と悪魔は数多くの戦を繰り返しなが//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全102部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/01/22 22:47
異世界と青い鳥 ~本物の獣耳娘と仲良くなりにちょっと異世界に行ってきます♪~

「冬也。リオと一緒にあっちの世界に行って、一年くらい旅をしておいでよ」  ――はい? アニメ・ラノベ好き、獣耳娘大好き、彼女無し、そんな普通の大学生トーヤは//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全107部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 10:19
チートキラー ~転生者を刈る者~

何気ない日常を送っていた筈の少女、因幡 幸(イナバ サチ)。 しかし実は彼女は病で寿命が尽きており死神の力で僅かに死期が延びていただけだった。 お前の望む姿望む//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全69部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 08:09
邪神転生バビロニア ─リバース・オブ・ナイアルラ─

「──誇り高き亜人種たちよ! オレと共に立ち上がってくれッ!」 その存在は、あらゆる者よりあらゆる呼び名で、畏敬の想いを向けられる。 曰く彼こそ“光の英雄”。//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2018/02/15 22:14
妄執世界のアリス

 村を焼け出された少女ナユタを救い出したのは、アリスという不思議な少女と、ルイスという斜に構えた男だった。  全ての事象を見通すアリスの未来予測に導かれて、ナユ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全84部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/09/24 17:00
双竜は藤瑠璃の夢を見るか

   天に棲むと謳われる妖、鵺が堕ちた。  しきりに何かを探しているという報告を受け、竜紅人、香彩、療、三人の少年が偵察へと向かう。  道中、竜の一族である竜紅//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全59部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/01/10 06:40
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全444部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 01:00
閉じ込められた歌姫と王子になれない青年

屋敷で働いていたある日。 旦那様は長年探していた、歌声が美しいと評判の娘を連れられて来た。でもその歌姫は、僕のよく知っている孤児院にいた時の、血の繋がらない"家//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全37部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 08:25
全員集えば天下無敵の最強パーティ!!

―――驚くほど頭の悪い主人公と最高にイカれた仲間達!  未だかつてない死に方をした主人公の黒山ハヤト。彼は天使から「任意のステータスを一定時間0にする」効果を//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全43部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/01/03 02:36
自由気ままな退魔士譚

季節は冬。 数年前にある組織を抜けた男は三人の女性たちと再会する。 ――逃げ出した過去と向かい合う時が来たのかもしれない。 まだ踏み出すのは怖い。しかし見捨//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全71部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 01:00
焰夏(エンカ)ノ蝉

 現在とある事情により投稿できない状態となっています。次話は未定です。  20××年の夏、人類は新たな局面を迎えようとしていた。  静岡県西部の浜辺市にある//

  • ホラー〔文芸〕
  • 完結済(全102部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2018/01/06 09:44
魔王軍の勇者様 -Resurrection World-

何の肩書も持たない主人公の「僕」は、これまた何の前触れもなくあらわれた少女に知らない世界へ転移させられてしまう。 ここまでは、ある意味よくある話だが、少女エリー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全141部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/10/01 22:05
薫風の勇者 春雷の勇者 或いは双生の魔王

 ***   ギルドの皆さん。  国や市が指定した立ち入り禁止区域に、勝手に入ってはいけません。  古い教会や遺跡に入り、勝手に封印を解いてはいけません。  //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全30部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/12/18 18:06
彼女と出会ったあの日から

一人暮らしでフリーターの俺こと青山憲法はある日、向かいに引っ越してきた彼女に一目惚れをした。彼女の仕草一つ一つに気持ちが揺さぶられてしまう。彼女と俺の短い恋物語//

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全29部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/11/02 15:52
パラドックス・セリスィ -クロス・W-

突如現れた上半身は女、下半身は蛇の姿をした化け物・エドナ。そして、エドナが産み出すキメラが人々の日常を壊す。 人を喰う化け物たちから逃げる少女。 他人を見捨て//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全24部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/01/28 07:09
コトノハ薬局

言葉に宿る音色と力・「コトノハ」を処方する薬剤師・音ノ瀬ことの物語。 四季折々の暮らし、人との触れ合い。 やがて物語は、音ノ瀬一族の核心・暗部へと迫る――――//

  • 純文学〔文芸〕
  • 完結済(全190部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/12/23 09:00
アイドルの家出先は異世界です

 ヴォルガルラという異世界で暮らしている主人公は、学校で行われた中間テストで学年最下位を叩き出し、罰として理事長から任務を出され日本に来ていた。その途中で不審者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全4部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2018/01/15 12:27
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全265部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2018/02/16 00:00
龍の魔道士

引きこもり高校生の狩屋龍輝は、外へ出た瞬間に異世界に召喚されていた。 金がなければ、知人もいない、自分の居場所さえも分からない絶体絶命少年。 そんな彼が手にした//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全34部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2018/01/29 20:26
玻璃の娘 黒の王~カイン、あるいは殊魂の話~

十二神により創られし世界・ペクシオロス。記憶も名も忘れ、森をさまよう男はひょんなことから<妖種>を狩猟する戦闘商業士の女・ノーラに高額の借金をしてしまう。偽名と//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全40部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/02/12 20:02
↑ページトップへ