挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
時間転移したら巨乳になった貧乳の女の子 作者:ろーれらい

プロローグ

1/13

プロローグ

 針葉樹に囲まれた静かな湖畔に私と彼がいる。頭の上に広がる夜空には無数の星が瞬いていて、厳粛な雰囲気を醸し出しています。その湖の畔に私は彼を呼び出していました。

「私の想い、聞いてください」

 私はそう切り出し、私の身の上話や、自分自身の悩みについて打ち明けました。彼は時々頷きながら、最後まで私の話を聞いてくださいました。そして、私は最後にこう締めくくりました。彼への思いを伝えるため。

「私は、あなたをお慕いしてます。あなたの優しさ、器の広さ......その全てに私は救われました。でも......」


 俺は、彼女が一瞬言葉を詰まらせていたのがわかった。色々こみ上げてくる感情があるのだろうか。その目には涙が浮かび始めていた。

「でも......私にはもう一人、好きな人がいたのです。あなたといるうちに、その人も私を勇気づけていたこと、私を、一番近くで支えていたことに気づいたのです......」

 彼女はこう言うと俺に抱きつく。突然の暖かい感触に驚くが、彼女は続けた。

「私、この気持ちをどうしたらいいのか、分からないんです......!あなたのことを思い浮かべたら彼のことも頭をよぎってしまうし、彼を想おうとしても貴方のことが頭から離れない......!私は......どうすれば......」

 私は、思いの丈を全て伝えました。彼に嫌われてもいい。彼の思いが、聞きたかった。

 俺はその言葉で彼女の全てを知った。彼女と過ごした時間、それは俺にとってもこの上なく楽しい時間だった。
 だから、俺は彼女を抱きしめ、俺の思いを伝えた。これまで彼女を見てきたから言える、彼女が今一番欲しいと思うであろう言葉に乗せて。

 その言葉は、私にとってこの上なく嬉しいものだった。こんな私でも、生きてていいんだ。そう思える言葉だった。

 そして、相手への愛を伝える、優しいキスを交わした。
 この時、相手と過ごした日々を思い出していた。

 この物語は、

 落ちこぼれの私が、自分の生きる意味を探す物語。

 本当の彼女を探し求め、彼女に贈る言葉を紡いだ物語。



 そして、自分が今、一番好きな人への想いに気付かされた物語だ。
【解説】

今作はこのように、話を書く上で思っていたことをあとがきに書きたいと思います。余計だったら遠慮なく言ってください。

さて、今回の話を読んで大半の方が「あれの真似じゃないかな」と思ってらっしゃると思います。はい、全くその通りです。プロローグはあれをリスペクトさせていたただきました。

男女両方の視点で語るって、すごくいいなと思ったわけです。はい。
そんなの分からなかったぞという方はもう一度読み返してみてください。

このシーンはあと2回ぐらい繰り返します。その度にどこまで語るかとかを変えていきます。また、ストーリーの進行具合によってこのシーンの意味するものが変わっていくと思うので、そこの点をお楽しみに。

次回からマリー(アリア)視点となります。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ