挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

「小説家になろう」でアクセス数が伸びず悩んでいる方へ

作者:美兎
貴方は何故『小説を書こう』と思ったのですか?

書いてみようと思っただけ?
アニメを観たり、漫画を読んだりして自分もこんな物語を作り上げたいと思ったから?

そして、自分の作品を沢山の人に読んで欲しいと思ったから?

要求不満で妄想が膨らむうちにこれを作品にしたら面白いと思った?

夢日記をつけていたら物語になっていたと気づいた?

自由に表現する場所が欲しかった?

自分の夢の詰まった作品がアニメ化などしてほしいと思ったから?


皆、動機は様々。私もこの中に理由があります。でも不思議ですよね。どんな動機でも最初の壁は一つ、それは「知名度」がない。

どんな面白い作品でも誰かによって「これ面白い」と他の人達に知らされなきゃ意味がないのです。


なら、「知名度」を上げればいい
それでは、どんな手段があるでしょう?


一つは、ツイッター。しかし、これもフォロワーが少なければ意味がありません。


でも、割とフォロワーが多い人って山ほどいますよね?ならば、フォロワーの多い友達に拡散してもらえばいいのです。「自分の作品を」


でも、知名度うんたらこうたら言っていてもそれ以前に「読んで貰えないことの不満」なんかより「上手く文章が書けない」という自分への不満の方が大きい方もいると思います。


文章が上手くかければ、面白いと思ってくれた方が拡散してくれるかもしれない!

答えは、正解です。


「なら教えろや!!」
と思った方、私も下手なのでどうしようもないし連載作品のアクセス数も全然の私が教えるなんて無理です。

↑じゃあ、何偉そうに語ってんだ。


しかし、文章が上手く書けるようになるには人気の作品をいっぱい読んで真似をする事は確かです。


あと

『この作品のように誰もが興味を示すような作品』

を書くのも一つの手段だと思いませんか?



私が今まで語ってきたのも同じ悩みを持つ皆さんに目を通してもらうためです。


汚いですか?



偉そうな事を言ってきた私も、あまりアクセス数が伸びないユーザーの一人です。
いつも、ドキドキしながら感想を貰っていないかと思いながらログインし感想が書かれていれば奇跡!


そんな私が、少しでも知名度を上げる為にこのような人の目を集める作品を書いてみました。


この方法が正解なのかは、まだ分かりません。
これは、今日これを投稿して二十四時間経った頃くらいに分かるでしょう。


ここまで読んでくれた皆さんも結果を楽しみにしていてください!



でもアクセス数が少なくても何処かの誰かが自分の小説を読んでくれています。

1人でもブックマークをしていてくれる人がいる限りその人が満足するよう連載作品は完結させてください。


これは、私のお願いです。



自分が上手くかけていないと思っていても実は上手くかけているかもしれない。上手くかけてるかどうかなんて多分誰も分からないことだと思います。



だから、1人でも読んでくれる人がいる限り最後まで作品を完成させてください。


何、最後に「綺麗事言ってんだ」と思う方もいるかもしれませんが


「最後ぐらい言わせてくださいよ!!」



「あ、そうだ。最後に一つ!」



よければコメントください!
あ、あと!

私、今現在「killers」というファンタジーの小説を連載しているので読んでみてください!


↑宣伝とかずるいですか?笑
読んでくださりありがとうございました!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ