挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

読んで安心童話シリーズ

病気のシン・レイラ

作者:あゆ森たろ

 軽くも重くも、世界のあらゆる病気にかかったことのある王女。名前はシン・レイラ。
 レイラは、苦しい毎日ばかり。
 今日から、体の左半身がマヒしてしまってリハビリ生活です。
 もうダメね。私は死ぬのかしら?
 死んだら、おばあさまに会えるのかしら? そんなことを思っています。

 そんなレイラを可哀そうにと、母である女王は、ある日王子を連れてきます。
 レイラの花婿候補となっていた何処かの国の、王子です。
 見合いで一度しか会ったことのなかったレイラは、車いすに乗ったまま出迎えて。戸惑いながらあいさつします。「こんにちは……」
 優しい王子はレイラを励まします。応援します……。

「私は(いくさ)で敵と戦い剣を振るう……だから貴女も、病気と戦ってくださいどうか。そして私の元へと帰ってきてください。私を出迎えてください――貴女もどうか」

 レイラは王子の言葉を胸の内に刻み込み、頷きをもって返します。
 レイラは語ります。
 辛いけれど、苦しいけれど。きっと乗り越えてみせる。
 貴方の言葉が私を支えてくれる。頑張れるきっかけを与えてくれた。
 明日からも。
 私はここで貴方をずっと、待っています……。


 数日後。
 順調にリハビリ生活を緩やかに過ごしていたレイラの所に、悲しい知らせが入ってきました。
 王子が戦で大ケガを負ったのだと。
 そしてすぐにレイラの元へと向かっていると。

 どうしてか?

 レイラに、会うためです。
 王子は言ったらしいのです。最後に。
 ひと目でいいから、会いたいと――。

「セバン!」

 城へと運ばれてきたセバン――王子の、寝かされている部屋へとレイラは駆けこみ、急いで傍にすり寄ります。呼びかけます。
 王子は目を開けました。レイラを見ました。
 横で、レイラが悲しそうに泣いています。頭をさすってあげようと、王子は手を上げかけます。
 上げかけて……でも。

 手は、レイラには届かず。諦めて、下にとおろしてしまいました。
「セバン……しっかりして。私がついてる。私が見ている。生きている貴方を……」
 王子は言いました。「ありがとう」そして真実を口にします。
「私の目はあと……もう少しで、見えなくなるだろう……」


 失明です。
 目の上を斬られた王子は、医者に運ばれても。治療を受けても。
 視力を失っていくのです。

 ……だから、『ひと目でいいから、会いたい』と。
 王女……レイラに。


「貴女は生きている……生きている貴女を、しっかりと今この目に焼きつけておこう。次に目の見える時が来るまで」

 そう言って王子は目を閉じました。死んではいません。
 2人は生きていくのです。寄り添って。

 だって、愛しあっているのですから。


 ……

 数年後。
 子どもが生まれた2人のいる国は、文明が栄えました。科学もすごく発達しました。
 目玉も取り外し可能となりました。お手軽に。
 そうです。
 王子は、目が見えるようになっていたのです。技術のおかげで。

 王子から王になったセバンは、手を繋いでいる小さな子どもに向かって言うのです。「パパはね」
 遠く先でセバンたちを待っている、ママとなったレイラを横目で見ながら。
「生きている限り治らない病気はないと思ってるんだ。でもね、たったひとつだけ。治りそうもない病気があったんだよ」……

 子どもにはさっぱりわかりませんでした。

 さあ、何の病気でしょうね。


《END》


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ