挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
影ふたつ 作者:塚原 蒔絵
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/26

一章ノ三



 見えるものは(なつ)かしさを含んでいた。
 四年前と変わらずにあり続ける玄関の置物。壁に飾られたパズル。リビングに入るとラック棚が見え、その上にはいくつも写真が飾ってある。
 その全てに見覚えがあり、岩下は軽く眩暈(めまい)を覚えた。
「信じられませんね、本当に私を家に上げるとは」
 小さく呟いた声は壁にぶつかって砕ける。
 なぜここまでついてきてしまったのか。手負いとはいえ、途中で逃げおおせることは容易だったはず。しかし自分はここにいて、彼女の傍にいる。
「適当にくつろいでください。って言っても、なにもない家ですけど」
 ひとみからバスタオルを渡され、立ち尽くす。
 パタパタと駆け回る少女。
 所在がない岩下は写真立てに眼をやり、そこに自分の姿を発見した。
 昔、一緒に撮った写真だ。()の中の彼はにこやかに、実に幸せそうに笑っている。
「……ひとみさん」
「なんですか?」
 意図せず唇から零れた言葉に返事があったことに驚いたが、その驚きは表情に出なかった。
 数年の間に面の皮が厚くなったのだろう。首を振って写真立てから眼を逸らす。
「いえ、なにも」
「そうですか。じゃあ、効くかは分かりませんけど鎮痛剤とか薬一式、ここに置いておきますね」
 言ってひとみは救急箱を机の上に置き、またリビングから出て行く。
 振り向けば、どこを見ても蘇る思い出。
 料理を作ったこと、背比べをしたこと、泣かせたことも、テレビを見て笑ったことも、覚えている。
 昔、確かに自分はこの場にいて、彼女の傍で笑っていた。
 鮮明に思い出せるそれらは愛おしさと、虚しさを与えてくれる。
 懐かしさを感じるたびに突き刺さる痛みが、許されない場所で寂寞(せきばく)を抱く岩下を苛んだ。
「これ、服のサイズが合えばいいんですけど」
 リビングに戻ってくると、ひとみはおずおずと服を差し出してきた。まだ封の切られていない服だ。
「亮ちゃんのために買っておいたものです。新品だから」
「ありがとうございます」
 流石に血まみれで歩くわけにもいかないので受け取る。
 ふと、ひとみの視線がこちらを向いているのに気づいた。
「なにか?」
「あ、あの、なにか食べれそうなら用意しますけど」
「料理……作れるんですか?」
「あ、今なに作るつもりだこいつ、とか思ったでしょう! あれからもう四年も経つんですよ。私だって料理の一つや二つできるようになってます!」
「そうですか。それはそれは」
 むくれて睨んでくる少女を見下ろす。その顔が緩んでいるのに気づき岩下は表情を固くした。
 無意識とは厄介(やっかい)なもので、つい昔のように、ひとみの頭を撫でそうになった自分に戸惑う。
 馬鹿なと思いながらも現状を嬉しがる心は正直で、逆にそれが岩下の不愉快さを増加させる。
 高をくくっていたのだ。懐かしさの(にじ)む場所に来ても、ほだされたりなどしないと。その自信が岩下にはあった。
 だが事実は違う。
 あふれ出す愛おしさ。自然に、さも当たり前のように与えられる心配の念や労わりの声。
 それらが傷口に染みて、ジワジワと(えぐ)るように責めてくる。
 来るべきではなかったと、今更ながらに後悔した。
「岩下さん?」
 疑うことをしない眼が見上げてくる。
 世の中は思うほど綺麗ではないと、懐疑(かいぎ)の念を持たなければ騙され裏切られるのだと、眼の前の少女は知らない。
 見ることも、触れることもないのだろう。そんな世界に生きるのは自分のように薄汚れた人種だけで十分だ。
「いいえ、なんでもありませんよ」
 一瞬、少女の口が開いた気がした。
 そんなことはない。ひとみは心配げに岩下を見ているだけだ。
 だが岩下の脳では、ひとみがそう告げた。
 ――嘘つき、と。
「ご飯は……なんでもいいですよ。ひとみさんの作りやすいものを作ってください。あと、使わない薬は処分した方がいいですよ? 間違えて飲むと大変ですから」
「整理整頓しない、ズボラな奴ですみません」
 不安げな表情をしたかと思えば、頬を膨らませて怒るひとみ。感情豊かなところも、昔から変わっていない。
「いいえ……」
 短くそう告げて岩下は眼を伏せた。コロコロと変わる表情を見ていると、非難する脳内のひとみは消える。
 それに安堵(あんど)を覚える自分は、認めたくないが情けない。
「しかし、変わりませんね、あなたは」
「岩下さんだって、変わってませんよ」
「変わりましたよ。私は今、犯罪者ですから」
 皮肉を舌に乗せれば予想どおり、不満そうな顔をする。
「……そういうこと言う岩下さんは嫌いです!」
「おや、私は好かれていたんですか?」
「どうしてそんな言い方――」
 くいかかってこようとしたひとみを制したのは、玄関のベルだった。
 二人して玄関を見るが、そんなことで訪問者が分かったりはしない。
「誰だろう?」
 予定にない訪問者なのか、首を傾げるひとみ。
 再度、高い電子音が訪問者を知らせると、慌てて呼び出しボタンを押しにいく。
「……あ、まずい」
 インターフォンの画面で訪問者を知ると、ひとみは顔を青くした。
 状況が分からない岩下は服を持ったまま立ち尽くすのみ。
「岩下さん、隠れてください! ばれたらまずいです」
「ひとみさん?」
 背中を優しく押される。
「いいですか、いいって言うまで出てきちゃ駄目ですよ」
 人差し指で注意され、有無を言う暇もなく、岩下はひとみの部屋に押し入れられた。



    ◆    ◆    ◆



 水島は玄関の扉が開くのを待っていた。差した傘からは雨水がしとしとと垂れてきている。
 午後の降水確率は四〇%だったと記憶していたが、どうやら天気予報は外れたらしい。
 雨の中、久方振りに仰ぎ見た従兄妹いとこの家は随分と大きい庭つき一軒家。
 家族用に購入されたこの家に、現在住んでいるのは一人の女子高校生。
 暗がりのせいか、家がどことなく寂しげに見える。
 扉が開いた。
「亮ちゃん」
 聞き慣れた声が聞こえると、従兄妹の顔が見える。
「よ」
 急な訪問を()びるために持参した土産を掲げて挨拶(あいさつ)すると、いとこ――村田ひとみは顔を引きつらせた。
「急に、どうしたの?」
 こちらをうかがいい見る様子に違和感を覚える。
 いつもなら手放しで喜んでくれるのだが、なにか後ろめたいことがあるのだろう、声色がおかしい。
「まぁ、たまにはな。ここらへん治安も悪いし、ほら、ひとみの好きな桃マン」
 土産を差し出すが受け取られない。
 さ迷う視線は一所に定着せず、無論、水島にも向けられない。
「へー、そーなんだー、でも大丈夫だよー、私一人でなんでもできるから」
 焦り故か、ひとみの挙動がおかしくなっている。
 注意をそららしているつもりだろうが、その不自然な行動は却って注意を引いている。
 とりあえず黙って様子を見ていることにした。
「亮ちゃんがいなくても大丈夫、大丈夫」
 ガッツボーズ。いや、ファイティングポーズをとるひとみ。
 両腕をバタバタさせて、水島を玄関より奥に入れないようにしている。
 きゅぴん、と水島の眼が光るまで時間はかからなかった。
「だから――」
「ひとみ!」
「う、はい!?」
「なにを隠してる」
 確信を持って問いかけると、ひとみの表情が歪んだ。それだけで明白すぎる答えだったが、水島はさらに詰め寄った。
 詰め寄られたひとみは、じりじりと後退する。
「なにも隠してない! なにもいない! なん、でも、ない!」
 通せんぼするように両腕で進路を塞ぐひとみを軽く退け、水島はリビングへと向かう。
 こういうときは隠しごとの元を見るに限るのだ。
「まーたペット拾ってきたのか。あれほど駄目だって言っただろう」
 心優しい従兄妹は、よく捨て猫を拾ってきては家に(かくま)う。
 たとえそれが善意からの行為であっても、責任を持てない子供である以上、ペットを飼うことは許されないのだ。
 リビングに動物がいる形跡はないので、水島はひとみの自室に眼を向けた。と、慌ててひとみが水島の腕を引っ張った。
「あー駄目! 乙女の秘密を覗くのは、いくら亮ちゃんでも駄目なの!」
「その慌てよう……」
 ばたばたと手を動かして、なにかを隠そうとするひとみに水島の口元が歪んだ。
「分かったぞ、男だな! 彼氏を家に連れ込んでんだろう!」
「え? ……いや、そうじゃなくて」
「別にな、兄ちゃん、ひとみの恋愛について口出すつもりはないぞ。でもな、まだ高校生だ! 分かるか、まだ高校生! 不純異性交際は、この俺が認め――」
 水島の言葉が切れた。いや、切らざるを得なかったのだ。
 彼の眼は今しがた、ひとみの部屋から出てきた相手に釘づけになる。
「煩いですよ。近所迷惑ですから、もう少し声のトーンを落としてください」
 顔を覗かせたのは長年探し続けてきた元バディ。知らず知らずの内に口が開く水島。
「あー、見つかっちゃった」
 しゅんと、肩を落とすひとみ。
 そんな彼女の横に立ち、自身に向けられる不躾(ぶしつけ)な視線に岩下は不機嫌そうな顔をした。
「なんです、人の顔をジロジロと。あぁ、挨拶が遅れましたね、こんばんは、水島くん」
 さも当然のように寄越される軽い挨拶。その懐かしい声色が耳に届くと同時に、
「岩下ぁー!?」
 水島は叫んだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ