挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
影ふたつ 作者:塚原 蒔絵
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/26

序章

【序章】

 降りしきる雨の中で見つけられたのは血にまみれた一人の人間だった。
 生きている。それは脆弱(ぜいじゃく)ではあるが呼吸をしていて、微かに上下する肩が命の儚さを示している。
「――さん」
 かすれた声は雨音に消された。
 手を伸ばした先で求めるものは幻影のように揺らめき、やがて消える。
 掴めず、すり抜け、触れられない。
 それでいいのだ。手が届くはずないと知っている。
 望む存在が自身の傍にあることなどありえない。
 その事実を突きつけてほしくて、なおも彼は手を伸ばした。

「お前はいつも――」

 怒っている。

 彼は困った顔をして。

 これは――

「だいすき!」

 彼女はよくそう言った。

 手を伸ばして。

 だから私は――

「さよならを」

 それは、誰に向けての言葉だったのだろう。

 …………。

 ……。

 ……思い出せない。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ